【3/15-22】「春をことほぐ めぐる布市」
森ノオトのアップサイクル工房「AppliQué(アプリケ)」が開く、リサイクルファブリックマーケット「めぐる布市」。
自宅で大切にしまい込まれた布や、使いそびれた手芸用品を新たな使い手につなぐ月7日間限定の手芸店です。3月の開催は、春が近づく春分の頃。春らしい生地をたくさん揃えてお待ちしています。

めぐる布市は二十四節気にちなんで開催しています。9回目になる次回3月15日(月)〜22日(月)の開催時期は、昼と夜の長さが等しくなる春分の頃にあたります。寒さも和らぎ、日に日に春を感じ過ごしやすくなる季節、ファッションやインテリアも衣替えしたくなりますね。
布市では、コットンやリネン・ガーゼ・レースなどの布、糸や針・リボン、ボタン、雑貨などの道具類など、さまざまな手芸用品をお手頃価格で紹介しています。

今回のテーマは「花柄」と「ニット生地」。会期中は、今回コラボ展示販売をするacuttiさんの選りすぐりの雑貨なども並びます。

AppliQuéに届く布の中でダントツに多いのが「花柄」

 

花柄にも色々ある。超レトロやちょっとレトロ。時代の巡りを感じる。そして、面白い布がたくさん!古くて新しい花柄の魅力をぜひ!

 

そして、花柄についで大量に届く素材に「ニット生地」があります。ニットというと、セーターのような衣類をイメージする方もいるかもしれませんが、編み物のように織った織物のことをいいます。カットソーやジャージなどに使われる柔らかい布地です。

実は、これまでスタッフもこの伸びやすい生地の扱いが苦手で、なかなか使いこなせませんでした。でも、素敵な素材がたくさんあり、肌ざわりもいい。尺がたっぷりあって値段も安い。これを使えないのはもったいない!
そこで、今回は、あえての「ニット生地特集」を企画しました。

 

花柄につぐ勢いで大量に届くのがこのニット生地。尺があるものがたくさん。

 

ただいまニット生地で色々お試し中。一緒にあれやこれやとお試し製作しませんか?お題は「ニット生地攻略!」ニット生地をともに楽しみましょう!

 

そのほか、まだまだこれから陳列待ちのモノたちがたくさん。

 

そして、今回のコラボは、acuttiさん。

acuttiは、「毎日の暮らしを少し楽しくする’衣・食・住’ 」をコンセプトにしたウェブショップです。

acuttiは、店主の圷(あくつ)みほさんが日々自分が使いながら本当に好きなもの、気に入ったものだけをお取り扱いしているお店です。
圷さんが日々の暮らしやものづくり、子どもとの日常を発信するInstagramが人気で、雑誌などでお見かけすることも多々。ご自身の暮らしを紹介する書籍の出版や、IKEAのビジュアルとして使われたことも。

 

布市では、おたまやカップなど木の小物やカゴ、アンティークリネンの小物、書籍や絵本が並びます。
圷みほさんの在廊日は、3/20(土)11:00-14:00です。

 

圷さんの選りすぐりのものたちと、AppliQuéのものがたりのある布が交わり生み出す空間。
きっと素敵に違いない!と、今からワクワクしています。

 

………………………

入園グッズオーダー受付中です

入園グッズは、布や紐など必要なものはすべて持ち込みで、製作だけお願いしたい方、AppliQuéの寄付布で作りたい方、メイン布だけ持ち込みであとはお任せしたい方……毎回違います。
それぞれに担当のスタッフが直接やりとりをして、途中布合わせなど相談しながら進めています。

 

※4月の入園・入学に間に合わせる場合は3月中旬までにオーダーをお願いします。それ以降は間に合わない可能性があります。

入園グッズお見積もりフォーム
https://forms.gle/foAuHvNt9zKHubaXA

………………………

オンラインめぐる布市はじめました!

昨年6月からスタートしためぐる布市。このレトロな布や手芸用品に萌えるのはもしやスタッフのみ?という不安もありましたが、実際はじめてみたら、出会いをわくわくしながら一緒に楽しんでくれる人がたくさんいることを知りうれしくなりました。であれば、距離が遠く会場まで来られない人や、普段時間がなかなか合わない方にも楽しんでいただきたい!と、オンラインでの販売を開始しました。

https://applique.official.ec/categories/3085820

………………………

「#めぐる布市手芸部」作品を掲載中です

めぐる布市で購入した布や手芸用品を使って製作したものに「#めぐる布市手芸部」のタグをつけてSNSにUPしてくださいね!とお声がけしていたところ、徐々に作品が集まってきました。人の作品を見ていると自分も作りたくなってくる!良い刺激になっています。Instagram「#めぐる布市手芸部」

 

春をことほぐ めぐる布市。
‘ことほぐ’は、「寿ぐ」や「言祝ぐ」と書き、祝うとか、喜ぶと言う意味があります。新年を祝う時などに使われますが、2月のお休みを経た今、めぐる布市がまたできるよろこびを感じています。またみなさんと、楽しい時間を過ごせますように。

森ノハナレでお待ちしています。

Information

「春をことほぐ めぐる布市」

【日時・申し込み方法】

315日(月)~22(月)*3/21(日)はお休み

10:00-11:3011:30-13:0013:00-14:30 *各回4名限定

AppliQuéFBページで新着情報を随時UPしていきます。

会期中、毎日の暮らしを少し楽しくする衣・食・住のお店 acuttiさんの商品も紹介します。在廊日は3/20(土)11:00-14:00

Instagram  @acutti_

【申し込み方法】

申し込みフォームから、希望の時間帯をお選びください。

または、[email protected] 宛に、下記の内容を記載の上、メールにてお申し込みください。

・お名前

(同伴者のいる方は全員のお名前、お子様連れの方はお子様の年齢も添えて)

・電話番号

・駐車場希望の有無

・ご希望の日にちと時間帯

・お求めの生地や副資材のご希望

・入場料500円は事前のお支払いとなります。お支払い方法をお選びください。

(クレジットカード/銀行振込)

お電話でも申し込みを受け付けています。

布市申し込み専用電話:080-7531-8704

【会場】

森ノハナレ(横浜市青葉区鴨志田町818-3

東急田園都市線・青葉台駅よりバス10分、バス停より徒歩3

アクセスの詳細はこちらをご覧ください。

*駐車場ご利用の方は、必ず申し込みフォームで駐車場希望にチェックを入れてください。

【主催・問い合わせ】

NPO法人森ノオト AppliQué事業部

HPhttp://applique.morinooto.jp/

[email protected]

齋藤 由美子
この記事を書いた人
齋藤由美子AppliQué事業部マネージャー/ライター
森ノオトの事務局スタッフとして、主にAppliQuéのディレクションを担当。神々が集う島根県出雲市の田舎町で育ったせいか、土がないところは落ち着かない。家では「シンプルな暮らし」関連本が十数年にわたり増殖中。元アナウンサーで、ナレーターやMCとしての顔も持つ。小3女子の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく