第2回オンライン読書会は 8/27 (金)20-21時半に開催します!
森ノオトのコミュニティデザイン事業部では、書物の力を借りて「コミュニティ」って何だろう?を、参加者とともに様々な角度から探る、学びの場づくりをはじめました。取り上げる本は、第1回に引き続き、『ケアするまちのデザイン 対話で探る超長寿時代のまちづくり』(著:山崎亮、医学書院)です。

6月に行った第1回の読書会は、12名の参加があり、それぞれの属する場や、コミュニティと、そこで今感じている課題感などについて言葉を交わすことができました。 

 

昼だと参加できない!という声があったので、同じ本で夜バージョンを開催いたします。夜バージョンは時間を90分に短縮し、定員を7名に絞りたいと思います。 

 

この日、主催者側からは、森ノオトが紡いできた地域活動の担い手育成の一つ、花と緑の風土づくり事業でどんなことをやってきて、どこを目指しているかというお話も少しご紹介できればと思っています。街の緑化、グリーンインフラ、園芸とケアの関係性など、「緑」に興味のある方はぜひご参加ください。よくわからないけど、参加したい!という方ももちろん歓迎です。 

 

「コミュニティ」という言葉もそうですが、「ケア」「デザイン」「地域」という言葉も、人によって捉え方は様々です。そして、まちづくりをしていくにあたり大事なことは、それらの意味や捉え方の正しさを問うことではなく、誰がどんな意味合いでその言葉を使っているのかを、知って尊重することです。しかし、それがなかなか難しい。なので、急がず焦らず、人の意見に耳を傾ける時間、それに応じる時間が必要な気がしています。 

 

この読書会は、生真面目な勉強会ではなく、放課後の図書館に集うサークルという感じで、参加者が立場を超えて、安心して話し、聞き合えるような場にしたいと思っています。
 

オンラインだと気軽な雑談、気楽さが逆になくなってしまう感じもあり、前回は、終了する頃にみなさんエンジンがかかり、ヒートアップしてくる感じはありました。 

 

前回の開催後に、参加者の声から「読書会懇親会FBグループ」も立ち上がったので、話し足りない場合は、終了後、懇親会グループに参加して、交流することもできます。ご興味のある方はぜひそちらもご参加ください!読書会にて、懇談会のご案内をします。参加申し込みはinformationのフォームからお願いします。

Information

<第2回オンライン読書会申し込みフォーム> 

https://forms.gle/vHth6KzTFagjj8FG9 

 

  • 本は、読んだ方が深い話ができるかとは思いますが、読んでいなくてもOKとします。
  • 基本顔出し、それぞれに発言をする時間を設けて双方向性を持ってすすめます。
  • 森ノオトのサポーターは参加無料。サポーター以外の方は参加費500円です。お支払い確認後、申し込み完了のお知らせをいたします。参加者用ZOOMのリンクは、読書会当日の午前中にお送りいたします。

 

<森ノオトサポーターのご案内> 

月々500円からの寄付で森ノオトのメディア運営を支えるマンスリーサポーターを募集中です。 

https://syncable.biz/associate/morinooto/donate/ 

梅原 昭子
この記事を書いた人
梅原昭子コミュニティデザイン事業部マネージャー/ライター
引き算の編集が好きです。できないこと、やりたくないことが多過ぎて消去法で生きています。徒歩半径2キロ圏内くらいでほぼ満ち足りる暮らしへの憧れと、地球上の面白い所どこでもぶらりと行ける軽さとに憧れます。人間よりも植物や動物など異種から好かれる方が格上と思っている節があります。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく