【ローカルメディア】都筑区民活動センター市民ライター養成講座
9月10日に開講した、都筑区市民活動支援センターの広報誌『縁ジン』の市民ライターの養成講座の講師を、森ノオトが担当しています。

『縁ジン』は、地域で何かを始めたり、だれかとつながったりするきっかけづくりを目指して、都筑区民活動支援センターが2014年10月に創刊しました。年に3回のペースで発行しています。

 

市民ライター養成講座は、 9月10日から全8回の日程です。『縁ジン』の市民活動や生涯学習に関する記事を書くライターを養成します。受講生の記事は、2020年度1月・3月発行号に掲載される予定です。

 

講座は「出会う」「学ぶ」「探す」「書く」「撮る」「磨く」の6つのテーマで開かれ、森ノオト編集長の北原まどかが講師を務めます。

 

*養成講座はすでに定員となっています。

 

また、『縁ジン』のロゴのリニューアルも森ノオトで担当し、2019年6月発行号より新しいロゴとなりました。

 

森ノオトは、市民ライターによるローカルメディアの運営の蓄積を生かし、ライター養成講座を各地で行なっています。

 

実績一覧はこちらをご覧ください。

 

ローカルメディア運営やライター養成に関するお問い合わせ、ご相談はこちらのお問い合わせフォームより受け付けています。

Information

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく