【メディア掲載】『暮らし目線のエネルギーシフト』発刊
担当:北原まどか
内容;エネルギー
出版社:コモンズ

震災以降、地域でエネルギーシフトを目指すあざみ野ぶんぶんプロジェクトの活動をまとめた本『暮らし目線のエネルギーシフト』が、環境、社会、国際貢献の分野で定評のある出版社・コモンズより発売。

 

2011年6月の映画『ミツバチの羽音と地球の回転』上映会を機に、エネルギーについての学習会を開催し(1年3カ月で20回という頻度)、『お母さん版エネルギー基本計画』をつくり当時の担当大臣に届けに行き、独立型ソーラーシステムのワークショップを主催するなど、精力的に活動してきた。震災から2年半が経ち、フェーズもニーズも変化し、今後、より具体的かつ現実的に、女性らしくエネルギーを楽しむために、「発信」と「活動(を事業に)」を両輪で回していくべく、あざみ野ぶんぶんプロジェクトが森ノオトのいち部門として合流することになった。

 

★amazonリンク

https://www.amazon.co.jp/dp/4861871085/ref=as_li_ss_til?tag=tecology-22&camp=1027&creative=7407&linkCode=as4&creativeASIN=4861871085&adid=1CYW0R98A60B6VY1GXWE

 

★レポート 11/2発売!『暮らし目線のエネルギーシフト』。あざみ野ぶんぶんプロジェクト&森ノオトでのエネシフ活動が本になりました!

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく