【まちづくり】福祉避難所のポスター・チラシを作成しました
2019年度、栄区高齢・障害支援課、横浜市健康福祉局からの依頼を受け、福祉避難所の啓発チラシ・掲示ポスターを作成しました。

福祉避難所は、大規模災害時に支援を必要とする人が優先的に避難できる避難所です。
2018年に特別避難所から「福祉避難所」と名称変更されたことを受け、栄区高齢・障害支援課から市民向けのチラシ制作の依頼を受け、作成いたしました。
対象者をわかりやすく示したイラストやデザインで、災害時に「誰が」福祉避難所に避難できるのかを市民に伝える啓発ツールになりました。
 
その後、横浜市健康福祉局からの依頼を受け、市内の福祉避難所に掲示するポスター(A4、A3版)のピクトグラム作成とデザインを制作しました。
 
森ノオト理事長の北原まどかは、横浜市の再生可能エネルギー等導入推進基金事業の委員を務め、特別避難所(当時)に太陽光発電を搭載し、災害弱者に優先的に電力エネルギーを提供する事業の審査をしました。この時の経験が本事業に生かされることになりました。
森ノオトでは、非常時に誰もが安心して過ごすことができる環境づくりに、情報発信を通じて寄与することが、SDGsにつながる道の一つだと考えています。本ポスターが、社会的弱者を取り残さない市民啓発につながることを願っています。


<STAFF>
啓発チラシ:
編集・ディレクション:北原まどか(森ノオト)
編集サポート:松園智美(森ノオト)
デザイン:末永えりか
イラスト:たけなみゆうこ(コトモモ社)
クライアント:栄区高齢・障害支援課様

 

掲示ポスター:
ディレクション:北原まどか(森ノオト)
編集:松園智美(森ノオト)
デザイン・ピクトグラム作成:末永えりか
クライアント:横浜市健康福祉局様

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく