【プレゼン】フューチャーズ#5 「都市郊外の農的空間」
担当:北原まどか
内容:トークセッションのコーディネーター
クライアント:ブリティッシュカウンシル様

2013年3月21日(木)、「都市郊外の農的空間」をテーマに、青葉区内で大規模なフューチャーセッションが開催された。アートフォーラムあざみ野をメイン会場に行われた「第5回Futures」。これまで企業の枠を超えて新しい知的社会を創造しようと活動してきた、ブリティッシュ・カウンシル、株式会社富士通研究所、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)、株式会社フューチャーセッションズによる新しい試みで、2012年度は「高齢社会」をテーマにプレも含めて5回のセッションが行われてきた。「第5回Futures」は、横浜市と川崎市が共催し、「【Across Borders】地域・世代・セクターの境界を超えて、高齢化社会における都市郊外の新しいライフスタイルを構想する」がテーマ。都市郊外の農的空間をキーワードに、高齢社会の課題解決策と新しいライフスタイルをみんなで考えていこう、というものだ。

 

午前中は横浜市寺家町、川崎市早野でフィールドワーク。北原は訪問先のコーディネートを手伝った。午後から行われたフューチャーセッションでは、寺家ふるさと村で農や工芸で活躍するゲストのマッチング、NPO正会員で木工作家の湊哲一氏・乃村工藝社の志水俊介氏によるトークセッションの司会進行をした。  フューチャーセッション界の大物も多数来場するなかで、森ノオトからは中島、梅原が参加し、最終的にはミニビデオ撮影まで充実した一日だった。

 

★レポート 青葉区でフューチャーセッションが開催されました!

タグ

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく