2/7(月)第5回&6回オンライン読書会は 昼と夜同日開催します
昨年6月から2カ月おきに開催してきたコミュニティデザイン事業部主催の読書会。第5回と第6回は昼の部と夜の部で同日開催することにしました。取り上げる本は、『あたらしいお金の教科書』(新井和宏著、山川出版社)です。

森ノオトの読書会では、人と人とのふれあいが制限されるコロナ禍にあって、これまでの常識にとらわれず、考え方や生き方をアップデートする、したくなるような本を意識的に選んできました。同じ本を一緒に読むことで理解が深まり、参加した人同士がつながったり、それぞれが暮らしの中で次の一歩、次の一冊へと踏み出すきっかけになっています。 

 

『ケアするまちのデザイン』(山崎亮著、医学書院)で誰もが安心して暮らせるまちづくりの事例に触れて、『場づくりの教科書』長田英史著、芸術新聞社で一人一人が自分らしくいるための基本を学んだ後は、「お金」について改めて考えてみたいと思います。 

 

『あたらしいお金の教科書』は、小学生から学べるようにと書かれた本です。金融の世界で働いてきたお金のプロが、お金とは何か?を問うていく旅のような内容です。難しい経済学の本ではなく、読むこと自体は簡単なので、なるべく読了してから参加することをお勧めします。みなさんがどんなふうに読んだか?意見交換をするのが楽しみです。参加申し込みはinformationのフォームからお願いします。 

 

 

「読書会懇親会FBグループ」も立ち上がったので、話し足りない場合は、終了後、懇親会グループに参加して、交流することもできます。ご興味のある方はぜひそちらにもご参加ください。 

懇親会グループは読書会の最後にご案内をします。 

Information

<第5回&6回オンライン読書会申し込みフォーム>

2022年2月7日(月)
第5回 15:00-16:30

第6回 20:00-21:30

https://forms.gle/ZkYDKzxCgyaMRZMD9

(フォーム内でどちらの回に参加するか選択できます)

申込み各回先着6名まで

担当スタッフ:梅原・宇都宮

 

  • 本は、読んだ方が深い話ができるかとは思いますが、これから読みます!でもOKとします。
  • 基本顔出し、それぞれに発言をする時間を設けて双方向性を持ってすすめます。
  • 森ノオトのサポーターは参加無料。サポーター以外の方は参加費500円です。お支払い確認後、申込み完了とし、参加者用ZOOMのリンクをお知らせいたします。(当日キャンセルの返金対応はありませんのでご了承ください)

 

この機会に、森ノオトのサポーターになりたいという方も大歓迎です!

<森ノオトサポーターのご案内>

月々500円からの寄付で森ノオトのメディア運営を支えるマンスリーサポーターを募集中です。

https://syncable.biz/associate/morinooto/donate/

この記事を書いた人
梅原昭子コミュニティデザイン事業部マネージャー/ライター
引き算の編集が好きです。できないこと、やりたくないことが多過ぎて消去法で生きています。徒歩半径2キロ圏内くらいでほぼ満ち足りる暮らしへの憧れと、地球上の面白い所どこでもぶらりと行ける軽さとに憧れます。人間よりも植物や動物など異種から好かれる方が格上と思っている節があります。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく