編集部メンバー

北原まどか理事長/ローカルメディアデザイン事業部マネージャー/ライター

幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。

小池一美ライター

横浜市青葉区出身。森ノオトのリポーター、走る!ロコキッチン「コマデリ」、焼き菓子販売「トミーヤミー」の3本柱で地元と関わりながら暮らしている。AGRUの小川穣さんとのユニット「labo2(ラボラボ)」では、食の素材と地域を楽しむ活動を展開中。

梅原昭子コミュニティデザイン事業部マネージャー/ライター

引き算の編集が好きです。できないこと、やりたくないことが多過ぎて消去法で生きています。徒歩半径2キロ圏内くらいでほぼ満ち足りる暮らしへの憧れと、地球上の面白い所どこでもぶらりと行ける軽さとに憧れます。人間よりも植物や動物など異種から好かれる方が格上と思っている節があります。

齋藤由美子AppliQué事業部マネージャー/ライター

森ノオトの事務局スタッフとして、主にAppliQuéのディレクションを担当。神々が集う島根県出雲市の田舎町で育ったせいか、土がないところは落ち着かない。家では「シンプルな暮らし」関連本が十数年にわたり増殖中。元アナウンサーで、ナレーターやMCとしての顔も持つ。小3女子の母。

明石智代ライター

広島県出身。5年暮らした山形県鶴岡市で農家さん漁師さんの取材を通して、すっかり「食と農」のとりこに。森ノオトでも地産地消、農家インタビューを積極的にこなす。作り手の想いや食材の背景を知ることで、より食材の味わいが増すことに気づく。平日勤務、土日は森ノオトの経理助っ人に。

宇都宮南海子事務局長/ライター

元地域新聞記者。エコツーリズムの先進地域である沖縄本島のやんばるエリア出身で、総勢14人の大家族の中で育つ。田園風景が残る横浜市青葉区寺家町へ都会移住し、森ノオトの事務局スタッフとして主に編集部と子育て事業を担当。ワークショップデザイナー、2児の母。

梶田亜由美編集長/ライター

2016年から森ノオト事務局に加わり、AppliQuéの立ち上げに携わる。産休、育休を経て復帰し、森ノオトやAppliQuéの広報、編集業務を担当。富山出身の元新聞記者。素朴な自然と本のある場所が好き。一男一女の母。

船本由佳ライター

大阪出身の元TVアナウンサー。横浜市中区のコミュニティスペース「ライフデザインラボ」所長。2011年、同い年の夫と「私」をひらくをテーマに公開結婚式「OPEN WEDDING!!」で結婚後、自宅併設の空き地をひらく「みんなの空き地プロジェクト」開始。司会者・ワークショップデザイナー。

南部聡子ライター

富士山麓、朝霧高原で生まれ、横浜市青葉区で育つ。劇場と古典文学に憧れ、役者と高校教師の二足の草鞋を経て、高校生の感性に痺れ教師に。地域に根ざして暮らす楽しさ、四季折々の寺家のふるさと村の風景を子どもと歩く時間に魅了されている。森ノオト屈指の書き手で、精力的に取材を展開。

新楽 津矢子ライター

横浜市青葉区在住。地元鴨志田を中心に、フリーのヨガインストラクターとして活動中。生きる素は、ヨガ。笑顔の素は、おいしものを食べること、自然を感じること、親しい人と笑いあう時間。エコで丁寧な暮らしを田舎でしたいと思いつつ、身の丈にあうことが一番!と一歩ずつの生活を楽しんでいる。

藤本エリライター

外食産業と広告制作会社でマーケティングを担当した後、有機的な食や暮らしに関わりたいと、ドキュメンタリーの世界へ。惚れ込む作品に出会い、自身で配給したくなり「たんぽぽフィルムズ」を設立。2021年に長野県東御市に移住し、映像の世界観を自身でも実践すべく奮闘中。

山田麻子ライター

横浜市青葉区在住。中学生女子、小学生男子の母。料理の仕事歴25年以上。管理栄養士。森ノオトでの初めての取材をきっかけに、絵本、詩、素話に出会い、その世界の虜に。以来、絵本と飲み物やお菓子の相性を考えるのが楽しみに。図書ボランティア活動、おはなし会のお菓子作りなどに心ときめく。現在の夢は「語り手」になること。 ブログ:スマイル*ごはんを始めよう

森ノオト編集部編集部

本田真弓ライター

横浜市南区で生まれ育つ。とにかく好奇心旺盛で、外へ出ては、新しい発見を探している。海や山で遊んだり、土いじりをしたり、動植物と触れあうのが好き。第一子が誕生したばかりの新米母。

隂山綾ライター

大阪出身で横浜市青葉区在住。広がり続ける好奇心をエネルギー源に生きる2児の母。登山、キャンプ、美術館めぐりが趣味。里山保全活動での畑仕事やランニングで地域のよさを発見しつつ、お酒・美味しいもの、素敵な場所を求めて旅することが好き。

松園智美ライター

まちづくりの専門誌、自然派住宅雑誌編集部を経てフリーの編集・ライターに。その後結婚、出産し、3児の母。港北ニュータウンの団地に住む。レイアウトデザインも手がける。新潟県長岡市出身、1年の楽しみは親子で行くスキー。

イヌカイアキコライター

三重県育ち横浜暮らしのジュエリーデザイナー。自然と街と暮らしが身近にある横浜市青葉区に魅せられ移り住み10余年。ジュエリーを「身につけられる小さな建築物、彫刻」ととらえていて誰かの大切なモノコトをデザインしている。森ノオトでもものづくり、美術、建築など心に響くモノコトヒトとの出会いを求めている。

中島裕子ライター

川崎市中原区在住。高3男子の母。現在は、地元のタウン誌やfacebookで記事を書く。美味しいものや手作りが好き。今の関心テーマは、食と教育。趣味は書道。今年の目標もダイエットの成功と断捨離。森ノオトでは、ライターとして経験を積み、イベントに参加して世界を広げたいと思っている。

畑道代ライター

広島市出身。本や雑誌を得意とするグラフィックデザイナー。フリーランスとなって12年の節目に、新たな刺激を求めて森ノオトに参加。築34年の古家のセルフリノベがライフワーク。夫・息子と3人暮らし。

松田朋子ライター

神奈川県逗子市在住。約12年間、猛烈サラリーマンを経験。出産を機に仕事以外への視野が広がり縁あって森ノオトライターに。ワークライフバランス、子どもの教育、食や健康に興味あり。趣味はヨガと海。

小池邦武ライター

生まれも育ちも神奈川区鶴屋町。いつも工事中の横浜駅がそばにある。急激に再開発の進む臨海部と、まだまだ緑の残る内陸部と、その違いに興味を持っている。数年前から忍術修業を始め、いつの間にか森ノオト編集部に忍び込んでいる次第。忍者名は「望月 酔鯨」。猫好き。

渡辺 絵梨ライター

旅とおいしいものが大好きな一級建築士。木工製作担当の夫とともに「mujina設計室+木工房」を主宰してスプーンから家具、建築まで、生活にまつわるあれこれを設計・製作しています。日々過ぎてゆく日常を、少しだけ豊かにするきっかけとなれるよう活動中。実はハンモックのエキスパート。

松井ともこライター

神奈川県出身 ワークショップデザイナー。劇団の養成所を経て俳優のマネージメント、文化施設で事業企画運営などを行う。青葉区の子育て仲間と地域でアート活動(トトリネコ)を始めたところ、子育てとアートの関係に興味がわき、立教大学大学院にて研究中。二児の母。

塚原敬子ライター

2000年に青葉区に引っ越してから早20年、長男は藤が丘で産まれました。 その頃、これからは介護だ!と介護福祉士やアロマ、ヨガの資格を取りました。「健康は自分で作るもの」がモットー。月や星、石や植物が大好きで山や海での拾い物多し。

齊藤真菜ライター

アートやデザイン、まちづくり等に関する記事をフリーライターとして執筆する傍ら、西区・藤棚商店街で間借り本屋「Arcade Books」を営業。食や地域、デザイン、映画、植物等に関する本をセレクト・販売する。将来の目標は泊まれる本屋を開きながら自分のウェブメディアを運営すること。

清水菜々子ライター

神奈川県出身。造り付け家具のプランナー。出産後、仕事を再開したタイミングで森ノオトと出会う。普段はのんびりだが思いたった時の行動力は驚異的。アウトドアが大好きで、晴れた休日はよく公園や山にいます。

濱田明日美ライター

子育てを通じ地域との関わりが増え、地域のヒト、モノ、コトとつながり豊かに暮らす心地よさを実感。ライターとして「食べることは生きること」をモットーに、それを構成する地域の環境、文化、人について中心に書き記しながら、よりよく豊かに生きることについて探究したいと考えている。

醤野宏美ライター

三重県出身。長く社会人生活を過ごした神戸のまちと神戸で出会った仲間を愛してやまない。2019年に横浜市都筑区に移り住み、自分が暮らすまちをもっと知りたい、もっと好きになりたいと森ノオトに参加。育休中の現在、子どもと過ごす日々を大切にしながら生活したいと思っている。 

富岡仁美ライター

横浜市青葉区在住、長野県飯綱町出身。マンション住まいながら、故郷を思い、土の匂いを感じながらの生活をしたく、ベランダは実生で育てる植物のプランターで埋め尽くされている。好きな書くことで、長年暮らす地域でいろいろな発見があるといいなと思い、森ノオトのライターに。 

大門瞳ライター

大阪生まれの横浜育ち。学生時代まで南区で過ごし、東京暮らしを経て、結婚・出産後は港北区へ。仕事も育児も趣味も楽しみたい3児の母。コーヒーを飲みながら本を読む時間が至福のとき。大学時に留学先のイタリアで、「特別なことをしない暮らし」の楽しさを実感。今の価値観を形作っている。

木津明子ライター

長野県出身のイラストレーター。雑誌や書籍、ウェブなどで仕事をしている。かつては都会に憧れていたが、今は自然の中にどっぷり浸かっていたい。山登り、ハイキング、骨董、美味しいもの探し、キャンプが好き。食べられる草花を勉強中。のんびり、楽しく暮らせたらと思案中。2児、3ニャンコの母。

田中ゆうきライター

横浜に越してきて、たくさんの緑に囲まれて過ごし、季節の移り変わりをいっそう感じるようになりました。わが子たちも、自然とともに育ちあっていてます。最近の興味は、キャンプ、食育、バトミントン、畑での野菜作りなど。家庭菜園も始めてみたいと思っています。

出口ひとみライター

青葉区で社会教育に5年間携わり「人が生き生きとしている町」は自分たちで作れることを実感。現在は故郷富山県のアンテナショップで広報・イベントなどの企画を担当。富山と横浜2つの「ジモト」がゆるやかに繋がることが夢。海の未来、星読み、教育、アートが最近の関心事。一男一女の母。

藤村佐和子ライター

鹿児島生まれ、東京在住。公的機関に勤務しつつ、セラピスト、産業カウンセラーのマインドで生きる。ときめくことに率直に行動し、素手素足で木に登ったり、語り部を学んだり、将棋に夢中になったり、ライターとして記事を書いたり、予測不能な生き方を満喫している。

河原木裕美ライター

生まれも育ちも横浜市青葉区。息子の幼稚園逆留学のため、バリ島より一時帰国中。まだ見ぬ世界が見たくて、北はノルウェイから南はウガンダ共和国まで旅を続けてきたが、改めて地元の魅力を再発見。日々の暮らしの中での小さな発見と大きな喜びを形に残したいとライターを志望する。

古谷玲子ライター

移住者向け雑誌『TURNS』のほか、海外旅行ガイドブック『地球の歩き方』で台湾編、東アフリカ編、モンゴル編の編集・ライティングを手掛ける。6年前にモンゴルの遊牧民の男の子に恋して以来、毎年モンゴルを訪れていたがここ3年間はコロナで叶わず。「人の営み・暮らし」をライフワークのひとつとして、文化と伝統の継承の一旦を担いたいと思っている。

岩嵜久美子ライター

横浜市緑区在住。自然豊かな海の京都・丹後で生まれ育ち、就職のため上京。出産を機に自分らしい働き方、暮らし方を考える。森ノオトでは、その時々の関心事をマイペースに記事にしていけたら。スポーツ観戦、京都旅行、ワイン&日本酒好き。

上原美和ライター

福島出身、藤沢市在住。出産を機に福祉業界へ。社会福祉士として、高齢者や障がい者と共に、その人らしく、地域で安心して暮らせる社会を創りたいと活動中。湘南の穏やかな時間の中で、2児と文鳥、小型犬と暮らす。

設楽ちひろライター

長崎生まれの東京・横浜育ち。13歳差の男児2人を育てるワーキングマザー。結婚は2回目。次男は先天性重度難聴。人事経験が長いこともあり、キャリア全般(特に子育てと仕事の両立や障害児育児、障害者のキャリアなど)への興味関心が強い。

山田真弓ライター

静岡県森町在住。農業高校在職中に青年海外協力隊参加。南米で踊って暮らす。帰国後学校の忙しさについていけず、転職。森林組合、林業会社のプランナーを経てフリーのフォレスターとして独立。街と森をつなぐ活動の中で森ノオトと出会う。古民家で木こりの夫と猫とのんびり暮らしている。

柴山有花理ライター

元ブライダルコーディネーター。身体と食の関係を学ぶべく再び大学生に。海外で結婚生活をはじめ、帰国後、出産を経験。娘との自然あふれる暮らしを楽しむ。夢は、伝える・つながるをテーマに、生まれる前の食の記憶にアクセスすること。静岡出身。

スミナツコライター

川崎生まれ川崎育ち。エンターテイメント業界の商業グラフィックデザイナーを経て独立。地域と子どもとの身近な暮らしを選び、絵本と森と街をライフワークに多摩区でイベント活動中。コミュニティやソーシャル等、紙以外のデザインも気になるデザイナー。

松尾圭威子ライター

横浜市港南区で育つ。結婚後は藤沢、マレーシアで暮らし、現在青葉区に在住。 色やカタチを扱うこと、人と何かをつくることが好き。思いもよらないモノ・コトに出会うことに喜びを感じ、足元にあるまだ見ぬ景色を見たくてライターへ。家族は夫、息子二人、トイプードル。

日影愛ライター

湘南生まれ、南町田在住。企画上手な教師の両親と3人の兄弟のもとに育ち、中学・高校は鹿児島で寮生活。にぎやかな生い立ちからか、好奇心旺盛なイベント好き人間に。人との距離間はつい近めを好みがち。町や人の魅力を発見し、伝えたいです。

成瀬優子ライター

3歳で包丁を持ち、今は食育フードコーディネーター。「キッズフードアドベンチャー」代表。海と山と温泉に恵まれた地で育ち、大学では海洋生物のおもしろさにはまる。子どもたちに「生の多様性」や「命のすごさ」を伝えたい。子どもと一緒に楽しむ!がモットー。

横尾佳子ライター

横浜市都筑区在住。行政書士事務所を営みつつ2人の息子を育て、両親義両親を見送りました。人が好き、でもしんどい、やっぱり好き!を繰り返す日々。現在は「誰もが認知症の可能性がある時代、普通に話せて普通に暮らせる社会」を夢見て活動中。no露天風呂no Life

卒業生

東海林更央莉ライター卒業生

山形出身で、元日本語教師、3児の母。森ノオトでは2011年より兄弟の成長と重ねた絵本の連載を続け、妹が増えた今は女子らしい視点が加わり多くの母親の心をつかんでいる。家族の趣味は旅行、食べ歩き、自然のなかで過ごすこと。編集長の中学校時代の同級生でもある。

高山えりかライター卒業生/デザイナー

森ノオトの花形デザイナーでおしゃれ番長。キャッチーなデザイン、キュートなイラストは見る人の心を鷲掴みに。写真の腕前も相当なもので、Instagramで発信する愛犬とのユーモラスな生活にファンも多い。料理、お酒、キャンプ、インテリア、ハワイが大好き。北海道出身で愛称は「ピリカ」。

持田三貴子ライター卒業生

樹木医で造園業3代目の夫とともに、都市生活に森のような循環を生み出すべく、Earth Worksという夫婦ユニットとして活動中。結婚を機にナチュラルなライフスタイルにどっぷり浸かり、いつの間にか3児の母に。横浜市都筑区で夢の民家暮らしをスタート、「竹隣庵」と名付け住み開きを目指している。

青木真紀ライター卒業生

横浜市青葉区育ち。フリーランスのグラフィックデザイナーとして活躍していたが、森ノオトの北原、梅原とともに市民電力会社「たまプラーザぶんぶん電力」を立ち上げ、うっかり取締役デザイン室長に。2015年より横浜市会議員を経て、母親、生活者目線の政治を等身大で展開中。

清水朋子ライター卒業生

食べること、つくること、ワインとチーズ、焼酎を愛する食いしん坊。雑木林のような豊かな庭、愛するアンティークに囲まれた自宅の一角で、集会所+ときどき、喫茶として「Glänta(グレンタ)」を主宰している。小さな家の隅々まで愛おしみ使い尽くす、センスのよい暮らしぶりが注目を集める。

山川紋ライター卒業生

教育やWEB関連の仕事を経て、現在は夫と住宅の設計やリノベーションを手がける「ショセット建築設計室」を主宰。横浜市青葉区のビンテージマンション「桜台ビレジ」に住まい、事務所を構える。森ノオトでは教育と建築の専門家として、子ども向けの建築ワークショップなどを展開。愛猫4匹が看板。

升本理央ライター卒業生

福岡県出身のバイオリン奏者。森ノオトの音楽レポートは、音が弾み流れるように、すーっとカラダに入ってくる。健康オタクだった祖父と、手芸好きな祖母の影響を受け、好きなことは 編み物、 手芸、冷えとりと多岐にわたる。母になって手がけた「森の音楽会」は、多くの親子の心をとらえた。

板垣恭子ライター卒業生

静岡県出身で四姉妹の長女。大学卒業後、デザイナーとして働きつつ花屋で修行。現在は子育ての合間に、その経験をいかせるような世界観を目指して制作活動中。森ノオトではジャーナリスト的な一面を見せ、硬派な記事も立派に書き上げる努力家でもある。

島原愛子理事/ライター卒業生

マーケティング大手で営業マネージャーとして活躍後、現在は健康・福祉分野の会社での営業広報と、森ノオト事務局でファンドレイジング担当理事、そして3児の母として「三足の草鞋」中。森ノオトエリアには故郷の六甲山の麓と似た空気を感じている。得意の英語を使って何かしたいと一案中。

野口幸子ライター卒業生

インテリアの仕事を経て、暮らしの道具へのこだわりから、石けんづくりに興味を持ち、自宅で石けん教室「tonerico-ha」を開催。インテリア、雑貨、ラッピングが得意で、森ノオトではイベント出店時のディスプレイを手がけることも。笑顔がキュートで、親子でモデルを担当することも。

おおかわらあさこライター卒業生

自然のもの、手仕事が放つ光を切り取り、写真におさめるフォトグラファー。ピュアでやわらかな感性から生まれる作品に、とびきり繊細でやさしい言葉をふわりと添えるフォトレポートが多くのファンを生んでいる。植物が好きで、フレッシュな姿もドライな様子も載せた植物図鑑をつくるのが夢。

おくむらさちこライター卒業生

横浜市青葉区で生まれ育ち子育て中。映画が好き過ぎて、アメリカまで勉強に行ってしまったこともある行動派。女性の生き方、働き方に関心を持ち、同時に地域ぐるみで子育て環境をよくしていくために「こどもみらいフェス」の実行委員としても活動中。森ノオトではwebまわりのサポートも担当。

団桃子ライター卒業生

編集の経験を経て、森ノオトライターに。森ノオト編集部内では圧倒的にエコ度が低いことに引け目を感じつつ、“はぐれ森ノオト”目線で書ける記事もある、と開き直って記事をお届け。エネルギー源は、ヨガ、キャンプ、音楽、読書、コーヒー、美術館でのんびりすること。男子と女子、二児の母。

羽田麻美ライター卒業生

福岡県北九州市出身。明るくてみずみずしい感性、元気いっぱいフレッシュな笑顔の持ち主で。お母さんであることを楽しみながら、カラダにやさしくておいしいごはんを食べること、楽しく丁寧に暮らすことを心がけている。時々森ノオウチで「腸セラピー」を開催し、みんなに癒しと安らぎを与える存在。

坂本カオルライター卒業生

森ノオトで数少ない「リケジョ」で、建築・土木系の記事を手がけられる貴重な存在。巨大な建設物から天然自然な住まいづくりに転身し、化学物質を極力使わないライフスタイルを心がけている。生まれ育った家庭も結婚後も転勤族で、各地を転々とする暮らしを送っているため、抜群の順応性をもつ。

比嘉 祐美子ライター卒業生

横浜市青葉区在住。インテリア関係の仕事を経験後、じっくり子育てに関わりたいと、現在は在宅勤務で経営コンサルタントのアシスタントをしている。2006年生まれの女の子と夫の3人家族。好きなことはランニング。家族とはトレッキングやキャンプを楽しんでいる。

ライター卒業生ライター卒業生

中山綾子ライター卒業生

「働き方も育て方も力いっぱい、ほどほどに」をモットーにフリーランスで企画の仕事に奮闘中。今暮らす場所が息子の「ふるさと」になるんだから、もっと愛着を持って暮らしたい!と、森ノオトから地域に関わり始める。静岡県東部出身、南町田在住、わんぱく男児の母。

佐々木茜子ライター卒業生

静岡県南伊豆町の山奥で生まれ育つ。故郷の緑が恋しく、現在は町田市の里山地域(百足たまに発生)に暮らしている。出版社で絵本の編集を担当しながら、ライター活動もちびちびと継続中。2男1女の母。

村上亜希枝ライター卒業生

団地を愛する宅地建物取引士。多摩ニュータウンの不動産会社でお客様に団地を薦めているうちに、自身がすっかり団地好きに。現在は「 団地に住みたい人を、増やしたい!」を軸に、主に昭和期に建てられた団地の活性化に日々取り組む。趣味は団地巡り、山登り、アクセサリー作り。

神前倫代ライター卒業生

結婚をきっかけに青葉区に引っ越してきて1児を育てる母。一念発起して税理士資格を取得、会計事務所勤務。散歩しながら個人のお店を見つけるのが好き。

森ノオトのつくり方

森ノオトは寄付で運営する
メディアを目指しています。
発信を続けていくために、
応援よろしくお願いします。

もっと詳しく