【メディア掲載】『B-maga』に掲載されました
メディアビジネス専門誌『B-maga』にて、森ノオトの開発したメディアリテラシー教育ツール「ローカルメディアコンパス」、森ノオト設立から市民ライター育成に至るまでの道のり、「地域を再編集する」視点のまちづくり活動など、3回にわたり、メディア研究者の兼古勝史さんにご紹介いただきました。

月刊『B-maga』は、衛星(BS/CS)とケーブルテレビを中心としたメディアビジネス専門誌です。月刊『B-maga』で「地域メディア最前線」を連載する兼古勝史さんより、3度にわたり森ノオトを紹介していただきました。

 

2020年12月号での紹介ページ

 

 

1回目は2020年9月号。ローカルメディアコンパスを体験した兼古さんが、その意義や役割について詳述してくださいました。

 

2回目は2020年10月号で、森ノオトの創刊から、市民ライターの育成、そこから生み出される地域の関係性のストーリーを、主に理事長の北原まどかのインタビューを元にご紹介いただきました。

 

3回目は2020年12月号。森ノオトが「地域を編集する」に至った、青葉区との協働事業「フラワーダイアログあおば」や「Welcomeあおば子育てツアー」について、その価値をお伝えいただきました。

 

“「編集」という言葉には、地域の人たちと対話しながら新たな価値を一緒に作っていくという想いが込められている。”(本文より一部抜粋)

 

森ノオトでは今後も、地域を編集視点で見ながら、持続可能な社会をつくっていきたいと考えます。

Information

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく