久留米絣の洋服&雑貨店…gi(ギィー)青葉台店
奈良県の中川政七商店の麻小物、今治タオルのマフラーなど、国内の良質な布小物も扱う
久留米絣と言えば、200年の歴史をもつ伝統工芸品。和服を着る習慣がなければ縁遠いものと思っていましたが、そんな常識をくつがえす可愛らしい小物やワンピースの形で久留米絣を提案するブランドが、青葉台駅ビルにあります。東急スクエアの中にあるgi(ギィー)におうかがいしました。

駅に直結した青葉台東急スクエア北館(Sohth-2)の3階に、久留米絣をワンピースやバッグ、小物に仕立てたオリジナル商品を扱う「gi(ギィー)」というブランドがあります。

gi青葉台店は、東急スクエアSouth-2の3階にある

gi青葉台店は、東急スクエアSouth-2の3階にある

久留米絣といえば、ざっくり織られた縞地で藍色の着物、今となっては伝統工芸品で、百貨店などで反物が高値で取り引きされ、若者世代にはちょっと遠い存在のような気がしていました。

 

giではそんなイメージを一新し、ボーダーのマリン風ワンピースやレースをあしらったチュニック、ころんと丸いトートバッグ、化粧ポーチなど、新しい切り口で久留米絣を提案しています。

 

キタハラは、実はgiの大ファンです。

野口さんおすすめのもんぺ。動きやすくて肌触りもいい。「夏場は特におすすめです。機能的で、動きやすい。フリーサイズなので男性にも着用していただけます」

野口さんおすすめのもんぺ。動きやすくて肌触りもいい。「夏場は特におすすめです。機能的で、動きやすい。フリーサイズなので男性にも着用していただけます」

これまでも小物をちょこちょこ買うことはあったのですが、今年のお正月に初めてgiのワンピースを着用して、その着心地にとても驚きました。100%コットンで肌にさらりと馴染み、着るほどに自分の体にフィットしていきます。指が生地にふれるたびに心地よく、洋服に対する概念が変わったといっても過言ではありません。

箱布(1260円)は、お弁当箱を包んだり、ランチョンマットにしたり、クッションカバーにしたりと、用途も多彩。プチプライスがうれしい

箱布(1260円)は、お弁当箱を包んだり、ランチョンマットにしたり、クッションカバーにしたりと、用途も多彩。プチプライスがうれしい

その後も何着か買ってみたのですが、生地がしっかりしているので張りがあって形崩れしにくく、木綿なので洗濯機でもじゃぶじゃぶ洗えます。デザインによっては、よそゆきとしても十分に活躍します。それに、「着るごとに育っていく」感覚があり、風合いが増していくのがうれしいところ。

奈良県の中川政七商店の麻小物、今治タオルのマフラーなど、国内の良質な布小物も扱う

奈良県の中川政七商店の麻小物、今治タオルのマフラーなど、国内の良質な布小物も扱う

最近では衣類の価格破壊が進み、洋服ですら「使い捨て」する風潮もふつうになってきました。正直、ワンピース1着で15000円から30000円程度、という価格は、決して安くはありません。しかしながら、久留米絣独特の縞模様を生かした、飽きのこない普遍的なデザインとシンプルなシルエットは、流行に左右されず、長きにわたっての着用に十分たえられます。何よりも、「本物」を着ることの心地よさには代えられません。

 

「久留米絣は、最盛期の1929年には200万反を売るほどだったのですが、現在は10万反程度にすぎません。久留米絣に限らず、国内の伝統工芸は衰退の一途をたどっています。新しい使い方を提案し、新しい価値をつくっていくことで、次の世代にも久留米絣を伝えていきたいと考えています」。

 

このようにgiのブランドコンセプトを話すgi青葉台店店長の野口和彦さんは、久留米絣の販売を生業とする岡本商店の4代目です。

スタッフの八木ひろみさん、大草かおりさん。身につけているのはもちろんgiの服や小物。リラックスラインが何とも心地良さそうで、コーディネートの参考になる

スタッフの八木ひろみさん、大草かおりさん。身につけているのはもちろんgiの服や小物。リラックスラインが何とも心地良さそうで、コーディネートの参考になる

giで扱う服の生地は、少しでも値段を押さえるために機械織りだそうです。そこには「何としても産業としての久留米絣を残したい」という、野口さんたちの強い意志があります。

 

「結果的に鑑賞用になってしまうような伝統工芸品としてではなく、日常的に使い、ふれていただけるような製品として、久留米絣を生活者に提案していきたい」(野口さん)

 

いいものを長く愛着する。そんな人が増えていけば、日本のものづくりは新しいステージを迎え、伝統工芸の産地やデザインは活性化していくはずです。サスティナブルって、本当はこういうことなんじゃないかな、と思いました。

 

 

 

 

今年流行のマリン柄。バスクは10500円、ワンピースは18900円。シンプルながら、ボーダー部分の織りはしっかり久留米絣の質感がある

今年流行のマリン柄。バスクは10500円、ワンピースは18900円。シンプルながら、ボーダー部分の織りはしっかり久留米絣の質感がある

 

 

 

 

キタハラ’s eye

衣食住で、食や住環境にはこだわってきたけれど、そういえば衣類はなおざりになっていたなあ、と思っていたころ、giとの出会いがありました。ポシェットやお財布、バッグなどの小物もかわいいけれど、できれば一度、衣類に袖を通してほしい!! 「木綿って、こんなに気持ちいいんだ」と、びっくりするはずですよ。ゆったりとしたカットの服が多く、デザインもシンプルなので、着る人を選びません。娘はわたしがgiの服を着ている時に限って、服に顔をこすりつけてきます(鼻水がつくので困っちゃうのですが)。たぶん、だっこされる方も気持ちいいんですね。

 

Information

gi(ギィー)青葉台店

住所:神奈川県横浜市青葉区青葉台2-1-1

TEL:045-985-8016

OPEN:10:00〜21:00

定休:青葉台東急スクエアの定休日に準ずる

駐車場:あり

アクセス:東急田園都市線青葉台駅徒歩0分

http://www.gikame.com/

 

 

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/ローカルメディアデザイン事業部マネージャー/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく