亀の子たわしで洗剤いらず

 

環境に配慮した生活をする人にはすでに常識の、石けん生活。石けん派であれば環境にやさしい……? ちょっと待って。石けんを使う前に、そもそもその汚れ、洗剤が必要か考えてみてください。

 

例えば、紅茶を飲んだだけのカップや、おせんべいを並べただけのお皿。本当に石けんを使って汚れを落とす必要があるのでしょうか。ささっと水で洗い流すだけで、十分に汚れは落ちませんか?

 

例えば、服に醤油やソースをこぼしてしまった時、まずどんな行動をとりますか? すぐに水やお湯で汚れた部分を濡らし、可能な限り汚れを拭きとるはずです。水だけでは元通りにするのは難しいのですが、すぐに対処することで、汚れの付着を最小限に止めることができます。その後、必要に応じて洗剤を使えばきれいになるはずです。

 

食器も同じ。繊維と違うので汚れはしみ込みにくいのですが、それでも、時間が経つほど汚れが落ちにくくなり、きれいにするにはそれだけ大量の水や洗剤を使うことになります。食べ終わったらさっと汚れを古布でぬぐい取り、素早く水orお湯洗い、これが鉄則です。

 

油汚れがひどいものだけ、石けんを使うようにしましょう。

 

ちなみに、食器洗いにおすすめなのが、昔ながらの亀の子タワシです。

 

焼魚を食べた後の汚れも、使った後のまな板も、すき焼き後の鉄鍋も、お湯と亀の子タワシでさっと洗えば、驚くほどきれいになります。

 

亀の子タワシはパーム椰子やシュロの繊維を束ね、針金で巻いただけの、シンプルな構造です。植物の持つ弾力性、柔軟性により、使い込むほどに繊維がしなやかになります。水切れもよいので、使った後のお手入れも簡単。

 

普段のわたしたちの生活を見回してみると、洗う=洗剤を使う、が習慣化しているようです。

 

合成洗剤を使うよりは石けんのほうが、はるかに環境負荷が少ないことは確かですが、石けんでもただの水洗いよりは水を汚すのです。

 

水洗いだけで済むもの、そうでないものを選り分け、「環境中に戻す水」はなるべくきれいな状態にして流すようにしましょう。

 

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/編集長/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく