中央アジアの喫茶店のような…たまプラーザのBAR & CAFE KOVU(コヴ)

 

KOVUの定番「鶏つくね焼きと小鉢のお昼ごはん」(1450円)。築地直送松の実の入った鶏つくね焼き甘辛味、野菜かき揚げと酢の物、ミルク煮ポテトサラダ、自家製ドレッシングをかけた葉サラダ、ラタトゥイユ、卵焼き、白だしの汁物、香の物、上伊那アルプス米のごはん、ドリンクがつく。かなりのボリュームだ

 

世界各国を旅してやってきたアンティークの家具、雑貨。「中央アジアの喫茶店をイメージした」という店内は、まるで彼の地のバザールのようにどこかエキゾチックな賑わいがあります。たまプラーザの「BAR & CAFE KOVU(コヴ)」は、有機やオーガニック、低農薬を中心とした野菜、果物、長期醸造の醤油や味噌など“本物の”調味料、薬品をいっさい使わずにつくられたなたね油などを使った、安心して食べられる家庭の味が売りです。

 

 

ナチュラルな素材で、注文を受けてから一つひとつていねいにつくる料理は、ちょっと濃いめの味付けでお酒との相性抜群。一番人気の「鶏つくね焼きと小鉢のお昼ごはん」は、築地直送の鶏肉を店でミンチして、その都度甘辛く焼き付け、コリコリプリプリとした食感がたまりません。周りに添えられた小鉢の多様さ。まるで絵画のように明るく華やかで心が躍ります。

 

ほかにも「野菜とお豆のスパゲティー」「彩り揚げ野菜のポークカレー」とランチを3種類のグランドメニューに固定しているのは、「このお店ではあの料理を食べたい、そういうニーズが多いんじゃないかと思って」という、オーナーの関本安芸子さんの思いやりからです。

 

店の入口にあるアンティークの扉は南米から。とても繊細なので、大切に扱いたいものだ。店頭では関本さんチョイスの雑貨、器なども販売。現代作家もの、世界のアンティークなど、独自のセンスがきらりと光る

 

こだわりの食材は、主に生活クラブ生協から。それぞれに産地での持続可能な生産や、未来につながる製法、農法への願いが込められているものばかりです。関本さんは素材の情報をなるべくメニューやウェブなどでわかりやすく伝えようとしています。「みんながいいものを少しずつ食べるようになっていけば、食環境はもっとよくなるはずだから」と。

 

店内のメニューはデザイナーでもある関本さんの手づくり。食材のこと、産地のこと、味の説明などが簡潔でわかりやすく伝えてある。メニューを読んでいると、どれも食べたくなってしまう

 

お店のお洒落な雰囲気と、食材とお客さんへの心遣い、未来社会のためにちょっとだけできることをしようという志。KOVUの料理を食べれば、それらがすべてつながっていることがわかります。

 

地元の農協や産直などで買ってきた新鮮な野菜は、野菜そのものが持つ彩りや輝きをそのまま引き出す。つくり置きをせずにその都度混ぜ合わせるドレッシングやソース。注文を入れてからドリップするコーヒー。

 

「できたてって、いちばん美味しいと思うんですよ」(関本さん)

 

このお店では「待つ」ことも楽しみに変えることのできる、素敵なやさしい時間が流れています。

 

関本さんおすすめ、インドワイン「CHATEAU INDAGE, Chantilli」。カベルネソーヴィニオンのスパイシーでパンチのある味わいは、通好みか

 

 

たまプラーザのお洒落な町並みの中で異彩を放つ古いビル。混沌としたアジアの街角のような、パリのアパルトマンのような、昭和の雑踏のような、そんな空間にできたKOVUは、これからも街の人たちの胃袋と心を満たしていき、新しい物語を紡いでいくことでしょう。

 

秋のお菓子「オールドファッションチョコケーキ」(300円)。ブランデーに漬け込んだドライフルーツをはさみ、ほどよく甘いバターケーキをガナッシュでデコレーション。プチプチしたざくろの食感が時々楽しい、どっしりと重みがある大人のケーキだ

 

* キタハラ’s eye*

KOVUはともかくお洒落。カッコイイ。世界各国から集められたアンティークや雑貨が混在するなか、オーナーの関本さんの独特の感性でまとめられ、見事に調和した心地いい空間です。「わたし、口べたなんです」とおっしゃる関本さんですが、その語り口に誠実さと頑固さ、美意識の高さが垣間みられ、その人柄が料理や空間、すべてに生かされているんだなあ、と感動しました。食いしん坊の男性にもおすすめ。ランチもいいですが、酒好きこそいい料理でいい時間を過ごしてもらいたいと思います。

Information

BAR & CAFE KOVU(バー&カフェ コヴ)

住所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-10-8 2階

TEL:045-901-6047

OPEN: 11:30〜15:00(LO14:00)、18:00〜22:00(LO21:00 火〜木)または18:00〜22:30(LO21:30 金土)

定休:月曜、第1・第3火曜(祝日の場合は営業、翌日休)

駐車場:なし

アクセス:東京田園都市線「たまプラーザ」駅より徒歩4分 →Google Mapで見る

 

 

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/編集長/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく