どんぐり農園ほっとログ 実りを結ぶ。

寺家ふるさと村では、9月下旬から稲刈りが始まっています。村内に数ある木村さんの田んぼでも、コシヒカリはただ今稲刈りまっただ中。どんぐり農園は「栄光」という在来種に近い品種のため、稲刈りは11月末です。早稲晩稲、2カ月も稲刈り時期が違うんですね。

 

 

寺家ふるさと村内の田んぼにて。ジャク、ジャクという鎌の音が響きます。稲の束が畦に、田に、横たわっていきます。

 

 

藁で稲の束を結びます。「結」という文字の意味を、ここで実感。実りへの感謝。それが自分の体に入り、私の一部分になってゆく実感。

 

 

稲の束にまぎれた緑色の稗をとっていたら、一本がヌーッと動き出しました。何事? と思ったら、蟷螂(カマキリ)と目が合いました。自然農の田んぼの生物多様性。

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/ローカルメディアデザイン事業部マネージャー/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく