田園ecoloco探検隊 ナチュラルであったかいお花屋さん「春てりん」
クリスマスの足音が近づいてきています。青葉台周辺の住宅街では、庭木にクリスマスの飾りを施したり、玄関にリースが飾られたりと、アドベントの日に向け賑わいをみせ始めました。シックでナチュラルな雰囲気のリースならばここ、青葉台の花屋「春てりん」。ニュアンスのある、大人向けの花屋さんです。

 青葉台駅から鴨志田方面に抜ける道は2本あります。1本は、環状4号線沿いをまっすぐ北上する、青葉台のいわゆるメインストリート。もう1本は、成城石井のある交差点を北に抜ける道。自転車専用レーンと歩道が広々ととられていて、散歩するのにもってこいです。

 花屋「春てりん」は、カフェやバーなどお洒落な店が建ち並ぶ一角に、季節の彩りをもたらしています。どちらかというと、派手さや華やかさよりも、シックで落ち着いた雰囲気の色合いの花が多い店内。同じ赤でも、原色や蛍光色に近い色よりも、深みのあるニュアンスカラーの花が多く、木のインテリアにしっくり馴染みそうです。

11月になると、店内は一気にクリスマスムードに。1点1点手づくりのリースが並ぶ。ドライやプリザーブド、木の実などがあしらわれ、ナチュラルな感じ

 「春てりんでは、あえて●●風というテイストは特に意識していなくて、お花を贈る相手への思いを何より優先してアレンジをつくるようにしています。人の心の微妙なニュアンスを感じ取り、それを表現したり、伝えることができるような花束づくりを心がけています」

 こう話すのは、春てりんオーナーの佐藤千春さん。例えば、哀しいことがあった人を元気づけたい時の花束、贈る相手のインテリアに合うようなアレンジ……。あくまでも主役は「花」ではなくて、「人の気持ち」である、と。

秋の切り花は実のあるものが多い。バラの実、枝付きりんご、まゆみ、がまずみなど、シックな色のものが目立つ。シルバーや赤茶系など、寒い冬にほっと温もりを感じる色合いの枝やグリーンも魅力的

春てりんでは、シーズンごとにテーマを決め、毎日教室を開催しています。11月下旬は、20種類以上の木の実を使った四角いリース「スクエアナッツリース」づくり、12月上旬にかけては生の針葉樹をつくったフレッシュグリーンリースをつくります。だからでしょうか、店内はいつも女性たちの明るい笑顔であふれ、サロンのような温かい雰囲気です。

 毎年夏休みとバレンタインデーには、子ども向けの教室も開催しており、今年は9月に職業体験的に「お花屋さん体験」も行ったそうです。今でも女の子のなりたい職業の上位はお花屋さん。こんな近くでお花屋さん体験ができるのならば、ぜひ近所の子どもたちにも教えてあげたいですよね。

クリスマスのリースやアレンジメント用に、今年は木の実をふんだんに仕入れた。スターアニス、松かさ、ユーカリの実、シープホーン、スパイダーガム、ドライキノコ……見たこともないユニークな形の木の実がお出迎え

 

 佐藤さんは、頼まれれば家に出向いてベランダのデザインの相談も受け付けるとのこと。「専門のエクステリア業者ではないので、細かいオーダーは受けられないのですが、例えばお家の掃き出し窓の下を素敵に飾りたいということならば、レンガや溶岩を配置して周りにセダムをあしらって雰囲気をつくったり、集合住宅のベランダをテラコッタやアンティークの花器などを組み合わせて立体的に配置するなど、好きなテイストをお聞きしながら、一緒にお庭をつくっていくこともできます」。

エアープランツにも力を入れているという。天井からつり下げたら楽しいかも

青葉台は花屋の激戦区。確かに駅前を中心に、たくさんの花屋さんが競合し、それぞれに個性を謳っています。佐藤さんは、「青葉台に花屋が多いのも納得です。お客様と接していると、庭をきれいにしたい、家に花を飾りたい、それが生活の一部として当たり前になっている文化がこの街にあるからです」と言います。だからこそ、小さな店のフットワークを生かし、地域密着で一人ひとりの気持ちに添いたい、と考えているそうです。

 これから、クリスマスやお正月に向けて忙しくなる時期です。そんな時こそ、花やグリーンが家にあることで、ほっと一息ついたり、心が明るくなるはず。「心」に寄り添ってくれる花屋さんがこの街にある。それはとても幸せなことかもしれませんね。

春てりんオーナーの佐藤千春さん。「大切な思いを伝えたい、そんな時にうちの店を思い出してもらえたらうれしい」

 

キタハラ’s eye

春てりん、前の道を通るたびに、いつも「かわいいお店だなあ」と思っていました。置いてあるお花のテイストがキタハラ好みで、きっと森ノオト読者の方も大好きなはず。忙しさを理由になかなか手をつけられないでいるベランダの植栽、佐藤さんとの出会いを機にお願いしてみようかなあ、という気に。家のグリーンは、いちばん身近な自然の一つです。春が近づいたら、「我が街のお花屋さん」にご登場願いたいと思っています。

 

Information

花屋 春てりん

 

住所:神奈川県横浜市青葉区青葉台2-18-11

TEL045-983-6498

OPEN10:001800

定休:木曜/日曜

駐車場:なし

アクセス:東急田園都市青葉台駅より徒歩7分 

http://www.haruterin.com/

 

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/ローカルメディアデザイン事業部マネージャー/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく