紅茶の香りとママの笑顔に癒される……藤が丘・Tea Drop
大手チェーンのカフェにはない、こぢんまりとした感じ、カフェのマスターと交わすさりげない会話……そんな温もりを求めている人はぜひこちらへ。藤が丘駅徒歩6分のところにある紅茶専門店「Tea Drop」は、気さくなママのいるアットホームさが何とも居心地のいいカフェです。【このお店は閉店しました。情報は掲載時のものです】

ナチュラルな雰囲気の店内。壁のあちこちに、お客さんのつくってくれたプリザーブドフラワーの額や、写真などが飾られている。テーブルとカウンター、どちらでもお好きなところへ

 

Tea Dropオーナーの鈴木久恵さんがお店に来て最初に飲むのが、ヌワラエリア。若草のような清々しい香り。ほんの少しの渋みが気分をしゃっきりと高めてくれ、気合いを入れたい朝に最適だといいます。

 

「紅茶は、基本的に同じ茶葉を使うのに、産地の気候や高低差などでこんなにも味が異なる。コーヒーのようなインパクトはないけれど、とても複雑で繊細な香りと味を楽しめる大人の飲み物だと思います」

 

 

紅茶はストレートでアッサム、ウバ、ヌアラエリア、ディンブル、キャンディー、ダージリン、ルフナなど。アレンジはミントティー、ジンジャーティー、いちごティー、チャイ、ロイヤルミルクティー、メイプルシナモンなど。500円〜600円と手頃な価格

 

そんな鈴木さんですが、紅茶との付き合いが始まったのは意外と最近で、3年ほど前にさかのぼります。地元のバドミントン仲間が紅茶の輸入・卸を行っていて、彼女の開催する紅茶教室に通ったことがきっかけでした。

 

「友人の販売する紅茶を飲んで、これだ! と。不思議と彼女も、“鈴木さんの淹れる紅茶は最初から美味しかった”と言ってくれて。それからすぐにお店づくりにとりかかり、オープンしたのが2年前の12月1日。出会いって不思議ですよね……」

 

と当時を振り返る鈴木さん。「いつか自分のお店を開きたい」という夢を持ちながら、それは何の店なのかわからないけれども、その日のためにコツコツとお金を貯め続けていたそうです。紅茶との出会いが、夢の扉を開くきっかけになったのです。

 

 

週替わりのカレーはサラダがセットで800円。チキン、キーマ、シーフード、野菜、ダル(豆)カレーの5種類。この日はチキンカレー。チキンが口のなかでほろりととろけ、スパイスが絶妙にからまり、あまりに美味しくて驚き! 絶対食べる価値あり!

 

友人の紅茶のブランド「Royal Hedgehog(ロイヤル・ヘッジホッグ)」の紅茶を専門に扱うお店としてTea Dropがオープンして2年。地元の主婦層や、60代の男性客が多いとのこと。

 

「“鈴木さんの顔を見に来たよ”と言って来てくれるお客さんがいる。それに、お店の中でお客さん同士の交流ができてくるのがうれしい」と鈴木さん。お店の片付けを手伝ってくれる常連さん、「話を聞いてほしい」と毎回カウンターに座る男性客……。今となっては「たまり場」あるいは「癒しの空間」として、地域に欠かせない存在です。

 

メニューの最初のページには、「感謝! 感謝!! 出会いがあったからこそ今がある」という鈴木さんのメッセージ。店名の「Tea Drop」は、お茶の表面に波紋が広がっていくように、出会いが広がっていったらいい、という願いが込められています。

 

Tea Dropで紅茶を飲んで気に入ったら、お家でも楽しんではいかが。Royal Hedgehog社の紅茶を店頭販売している。この味、この品質で、この価格……ほぼ直営だからこそできること

 

Tea Dropではぜひとも紅茶を飲みたいものですが、鈴木さん手づくりのカレーやサンドイッチ、ケーキも外せません。おふくろの味というよりも、しっかり美味しくて、それ目当てに訪れる人もいるほど。特にカレーはプロ顔負けの味。スパイスをブレンドし、小麦粉を使わず野菜や素材のうまみに、ついつい顔がほころびます。

 

食材も「なるべく個人店で買う」というのが鈴木さんのこだわり。野菜に関してはすぐ近くに「なかむら青果」という八百屋があり、そこでお店の人と相談しながらその日一番美味しい野菜を手に入れているそうです。

 

鈴木さんご自慢のお手製スイーツ。スコーンはプレーンと全粒粉の2パターン。サクサクっとしていて軽く食べやすい。ジャムとクロテッドクリームをつけて召し上がれ(450円)。ほかにも、チーズケーキ、ガトーショコラ、それに気まぐれケーキがおすすめ。

 

12月22日、冬至の日にはキャンドルナイトを開催するそう。春分、夏至、秋分、冬至の年に4回、Tea Dropは夜も営業します。キャンドルの灯りの中でライブ演奏を楽しみながら、お酒と鈴木さんの手料理に舌鼓を打ちつつ、お客さん同士で交流をする……。「人と人の出会い、交流のきっかけをつくれれば」。

 

鈴木さんの思いが一滴、紅茶にぽとんと落ちていった。それが波紋になって広がり、地域の人が元気になる。素敵なお店、Tea Dropです。

 

オーナーの鈴木久恵さん。とびきりの笑顔とあったかい言葉に、話していると元気をもらう。「愚痴を聞くのも大歓迎。ぜひ嘆きに来て(笑)」と、いつでもユーモアたっぷり

 

 

##

* キタハラ’s eye*

Dropには「滴、波紋」のほかに、もう一つ意味があります。それは「寄り道」。特別な目的を持ってそこに足を運ぶのではなく、散歩の途中にふらりと気軽に立ち寄る。ちょっと誰かと話したいという時に、鈴木さんの顔を見に行くだけでもいい。何ともやさしい、まるで「お母さん」のような雰囲気のあるお店です。Tea Dropがこの街にできてよかった!

 

Information

紅茶専門店 Tea Drop(ティー・ドロップ)

 

住所:神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-24-7 

TEL090-7180-0023

OPEN10001700

定休:日曜

駐車場:店舗裏に2

アクセス:東京田園都市線「藤が丘」駅より徒歩6分 

 

 

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/ローカルメディアデザイン事業部マネージャー/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく