9/18 シンポジウム「原発」今こそ考えよう 豪華論者があざみ野に!
 3.11東日本大震災・東電福島原発事故より半年が経とうとしています。この半年で時代の大きなうねりを感じている人も多いのではないでしょうか。これまで当たり前に行われながら、結果的に大きな災害を引き起こしてしまったエネルギー政策に対する疑問が高まり、政府の発表やメディアの情報を本当に信じていいのかわからない、だからこそ自らが「知る」「聞く」「考える」を得たいと思う人が、確実に増えているような気がします。
「その日」を境に社会や世界はガラリと変わるのではなく、徐々に動いていく……今まさに時代の変革期に生きている私たち。3.11からちょうど半年経った9月18日に、あざみ野でシンポジウム「原発」今こそ考えよう 〜市民が拓く 日本の未来 地域の未来〜 が開催されます。

 

 

原発分野で名を馳せる、今注目の賢人3名がパネリストとして登壇します。エネルギー政策の論客としてわかりやすく、明瞭に論じ、誰もが話を聞きたいと熱望する衆議院議員で元外務委員長の河野太郎氏(左)。原発の格納容器の設計者として、技術者の観点から福島原発事故の事故分析、技術解説を行ってきた後藤政志氏(中)。西武百貨店の若き社長として知られ、参議院議員を経て浜岡原発停止を求めて静岡県知事選出馬、現在は環境NPOのThink the Earthプロジェクト理事長や森ビルなどの特別顧問を務める水野誠一氏(右)。この3人が「原発」「放射能」「エネルギー」をテーマに熱く語ります。

コーディネーターは前衆議院議員の福田峰之氏、司会・進行は森ノオト編集長のキタハラマドカが務めます。

主催は青葉台を拠点にするリユース食器で知られるNPO法人Waveよこはま、社団法人ウィズダム教育研究所。当日の様子はネットテレビ局「日の出テレビ」がUstreamで中継します。UtreamかTwitter、facebookのアカウントでチェックインすることで、当日、意見や質問をすることができます。

 

「原発」をキーワードに、地域のあり方、未来を見つめるシンポジウム。当日会場で、あるいはネットで、ぜひ一緒に考えませんか?

Information

シンポジウム「原発」今こそ考えよう

市民が拓く 日本の未来 地域の未来

日時:2011年9月18日(日) 13:30~15:30(開場13:00)

場所:メロンディアあざみ野(横浜市青葉区新石川1-1-9)

東急田園都市線・横浜市営地下鉄線あざみ野駅より徒歩5分

参加費:前売券1000円(事前申込制)

当日券1500円

定員:230名

※キッズスペースあり(保育なし)

申し込み・問い合わせ:「原発」今こそ考えよう実行委員会

TEL 080-1337-6532

E-mail forsymposium@gmail.com

URL http://reuse-wave.sblo.jp

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/編集長/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく