5/11(金)未来へ奏でるクラシックコンサート♪ 100年後に残したい環境を考える夕べ
自らの手で持続可能なエネルギーをつかみとろうとする人々を描いた鎌仲ひとみ監督のドキュメンタリー映画『ミツバチの羽音と地球の回転』は、3.11以降、日本全国で自主上映され、多くの人々の心を勇気づけてきました。ここ青葉区でも、あざみ野ぶんぶんプロジェクトと、light&informationという地域のグループがそれぞれ自主上映し、ご覧になった方も多いと思います。今年2月7日には、あざみ野ぶんぶんプロジェクトが鎌仲監督の核3部作の『ヒバクシャ 世界の終わりに』『六ヶ所村ラプソディー』を上映し、あらためて原子力と核について問題提起しました。

 

その鎌仲ひとみ監督が、5月11日(金)に再び青葉台を訪れ、トークセッションをおこないます。

ナビゲーターは衆議院議員の山崎誠さん。3.11以前から上関原発の建設予定地や祝島にわたり国会で質疑をおこなうなど、3.11以前から持続可能な未来を訴えてきた環境派の政治家です。

森ノオト編集長のキタハラも、このお二方に混じり、「原発のない未来」について語り合います。

 

鎌仲監督は、ちょうど最新作『内部被ばくを生き抜く』をリリースしたばかり。起こってしまった原発事故と放射能汚染。この時代をどう生き抜くか、そして未来へ希望の橋をどう架けてゆくのか、地域社会をどうデザインしていくのか……お聞きしたいと思います。

 

 

前半は、未来を担う音楽家たちによるクラシックコンサートが開催されます。エトリンゲン国際青少年ピアノコンクール優勝の小林海都さんのピアノ独奏ほか、多彩なプログラム。

 

「100年後に残したい環境を考える」がテーマのこのコンサート。お子様用の控え室もあります(要問い合わせ)。100年後にどんな未来をつくっていくのか、みんなで考えませんか?

 

『内部被ばくを生き抜く』

http://www.naibuhibaku-ikinuku.com/

鎌仲ひとみ監督インタビュー

http://morinooto.jp/ecoloco/parson/vol7-1.html

鎌仲ひとみ監督関連の記事(森ノオト)

http://morinooto.jp/morijoho/dengonban/63071-1.html

http://morinooto.jp/morijoho/dengonban/post-162.html

http://morinooto.jp/morijoho/reuse/650.html

http://morinooto.jp/morijoho/dengonban/in-6.html

http://morinooto.jp/morijoho/dengonban/212-in.html

http://morinooto.jp/morijoho/reuse/post-224.html

 

 

 

Information

未来へ奏でるクラシックコンサート

〜若者たちの演奏と、100年後に残したい環境を考える夕べ〜

 

<第1部>クラシックコンサート

バリトン独奏 吉田忠(国立音楽大学1年)

荒城の月/野の羊/春の信仰/もはや君を慕わず ほか

 

ソプラノ独唱 岩崎かさね(東京音楽大学大学院修了)

あの懐かしいお城(“アンナボレーナ”より) ほか

 

ピアノ独奏 小林海都(上野学園高校演奏家コース2年)

エトリンゲン国際青少年ピアノコンクール優勝

スペイン狂想曲 ほか

 

<第2部>スペシャルトークセッション

「原発のない未来へ」

ゲストスピーカー 鎌仲ひとみ(映像作家)

コメンテーター 北原まどか(森ノオト編集長)

ホスト 山崎誠(衆議院議員)

 

日時:2012年5月11日(金) 18:30〜21:00(18:00開場)

場所:フィリアホール(青葉台東急スクエア内)

入場料:前売1000円、当日1200円(高校生以下無料)

 

問い合わせ:しろうとゼミ!実行委員会(山崎誠講演会内)

TEL 045-477-0500

[email protected]

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/ローカルメディアデザイン事業部マネージャー/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく