3/10(日)藤が丘駅前公園でチャリティーフラワーアート「未来へ」
2年前の3月11日、14時46分。あの日のことは、いまでも決して忘れません。そして、いまのわたしたちの生活に息づいている【3.11】。東日本大震災を忘れないために、藤が丘商店会が地元の自治会と協力し、今年も震災復興イベントをおこないます。昨年、キャンドルの絆を灯した藤が丘駅前公園で、今年はチャリティーフラワーアート「未来へ」が開催されます。

東日本大震災から1年経った1年前のあの日、青葉区内各所で復興支援のチャリティーイベントが開催されました。家族と、友人と、それぞれが大切な人と時を過ごし、いまなお求められる復興への気持ちを新たにした人も多いのではないでしょうか。

 

そして、震災を機に、地域のお店や地域に暮らす人たちがともに歩んでいこうと手を取り合う姿を、この2年間、たくさん見てきました。それが青葉区の地域力・魅力を高めることにもつながっている気がします。

藤が丘エリアもその一つ。

藤が丘地区センターをメイン拠点として活動する『街のパティシス』

藤が丘商店会の若手店主たちによるイベントFCC(藤カルチャーカフェ)

 

などなど、この1、2年で、地域を元気にするさまざまなムーブメントが始まっています。

 

昨年は、区内のあちこちで「未来へのキャンドルナイト」が開催されましたが、そのなかでも特にアットホームな雰囲気で訪れた人の心が一つになったと評判の藤が丘駅前公園で、今年もその意思を引き継いだイベント「チャリティーフラワーアート2013 未来へ」が開催されます。

 

今年のフラワーアートでは、地域の皆さんからお花を購入していただき、収益から運営費を差し引いた全額を東日本大震災被災地に寄付します。

 

昨年、同じ会場で開催した「未来へのキャンドルナイト」では、1,223個のキャンドルと、募金が41万3,551円集まり、全額日本赤十字社、福島県伊達市に寄付することができたそうです。

 

3.11、わたしたちの大切な日は、地域のみんなと一緒に過ごしませんか。

 

<チャリティーフラワーアート「未来へ」>

日時:2013年3月10日(日)

12:00〜 フラワーアート作成

13:30〜 フラワーアート展示

14:00〜 ミニコンサート(途中、黙祷)

15:00〜 お花の販売(1鉢300円、無くなり次第終了)

主催:藤が丘商店会

共催:谷本連合自治会、上谷本連合町内会

お問い合わせ:ふじがおか整骨院(TEL 045-719-6511)

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/ローカルメディアデザイン事業部マネージャー/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく