センター南でテンペにゾッコン。 発酵カフェ ハタケト
テンペを食べたことはありますか? インドネシア発祥の納豆に似た発酵食品。ハマると何度でも食べたいけど、なかなか手に入らなくてどこにあるの? という方に嬉しいニュース。食べたことないよ! という方もきっとテンペが好きになる!?「発酵カフェ ハタケト」がセンター南にオープンしました。
(Text:高鳥可那)

「発酵食ごはん」が目を引くポスターと元気なオリーブやハーブがオーガニックな雰囲気。自然栽培プランターだそう!

 

駅から徒歩1分。センター南駅のエスカレーターを降りてすぐ左の店舗の間を出て直進、十字路の左手に「発酵カフェ ハタケト」があります。

この日は小さな畑が初夏の風をのせて迎えてくれました。

店内に入ると日中は陽が入り、小さいながらもなんだか心地いい雰囲気。

 

奥には子どもと座れる畳席もあり、絵本や可愛いテーブルも用意されている

 

今年1月にオープンし、テンペを始めとした発酵食品や有機野菜を使用したお料理が特徴のハタケト。メニュー構成から一見女性好みにもみえるのですが、ランチタイムはOLや主婦の方々のほか、サラリーマンの姿も。

看板メニューのテンペバーガーをいただいたところ、納得。まるでお肉のよう! テンペの豆が主張しすぎず、とても食べやすい。麻の粉末、自家製豆乳マヨネーズが絶妙な隠し味で、これはクセになりそうです。

 

テンペバーガーセット(880円)。テイクアウトOK。セットには塩麹ドレッシングのサラダ・自家製豆乳ヨーグルト・お味噌汁も。豆乳ヨーグルトにハマってしまい、この翌週も食べに行ってしまいました

 

テンペを使ったアイスもいただきました。ハタケトならではの発酵食品とテンペのコラボスイーツ。まろやかな和風の味のベースはなんと味噌! 意外な美味しさです。

 

テンペ味噌アイス。ハタケト開催のテンペつくりや発酵料理教室でいただける特別メニュー。テンペがナッツのように香ばしい。国産大豆を皮ごと使用しているからだそう

 

 

とっても個性豊かなメニューの数々。う〜ん、あれも気になる、これも食べてみたい! 好奇心がそそられるものばかり。

「このプリンも人気ですよ。」

とオーナーの入海健さんが出してくれたのは発酵手づくりプリン。お店で一番人気のスイーツ。一見普通のプリンのようですが……? 実はキャラメルの部分に20年熟成古酒みりんが使われているのです。みりんが上品さを引き立てます。

テンペ味噌アイスに続き、和とも洋とも言える不思議だけどやさしい味わい。どちらもお子様にもおススメです。

 

発酵手作りプリン(450円/セット200円)と5年熟成プーアル茶。

 

プーアル茶が苦手な私ですが、既にリピート3回。プリンとよく合います。

 

入海さんは大学時代に産学連携で起業することを目指し、発酵と微生物学を研究していました。発酵に関する質問をすればなんでも気さくに答えてくれます! 発酵博士と言っても過言ではありません。

そんな入海さんがテンペに出会ったのは、勤めていた会社が倒産し、コンビニでアルバイトをしている時のことでした。

「学生のころからいつかは起業したいと思っていたんです。じゃあ何を素材に起業しようかと探し回っていた時、大学で授業を受けていた先生が30年テンペを研究されていて、偶然にもその研究発表を見たことがきっかけでした。」

テンペは生活習慣病予防や中性脂肪の抑制にも効果が期待される発酵食品。世の中にテンペを広げたいという先生の熱意に賛同し、テンペの製造加工会社、テンペストフーズを立ち上げました。

会社設立後、マクロビオティックに携わる方や有機農家さんと知り合う機会が増え、自社製テンペを使った料理が食べられるお店「発酵カフェ ハタケト」をオープンしたのが今年1月のことです。

横浜市出身の入海さん。若い子育て世代と子どもに喜んで食べてもらえる食材を発信出来る場所、とセンター南を選んだそうです。

 

「小さいころから植物や生き物とふれていることが大好き」と農学部の道に進んだ入海さん。「畑と遊ぼう」という意味も込められたお店の名前。提携農家さんとの体験農業の開催もした

今までアジアン料理屋などで色々なテンペを食べてきましたが、ハタケトのテンペは初めての人でも本当に食べやすい。

その秘密は種菌にありました。本家インドネシアの種菌はクセが強かったため、国産の種菌に変えたところ、日本人の味覚に合うテンペが出来たそうです。またその種菌は私の出身地でもある北国秋田県産というのだから驚きです。

もちろん、ハタケトで使っているテンペはお店で買えますよ! ヒヨコ豆テンペは希少なので入荷したらお早めに。

「テンペは変幻自在でとてもユニーク。豆のほか、麦、トウモロコシ、お米などでもつくれるんです。食品のほか、菌としてもテンペ菌発酵茶など色々なものになります」

入海さんのお話を伺っていると、テンペの未知数の可能性にわくわくしてきます。

単に健康食品ショップやレストランとしてではなく、沢山の人に楽しく美味しくテンペを発信できるアンテナショップでありたいと入海さんは言います。

 

テンペパスタうどんと白金L’atelier coccoさんとコラボしたテンペクッキー。パスタは豆乳カルボナーラなどにすると美味しい

 

ベジタリアンの方やそうでない方、お肉大好きな方にも喜んでもらえるメニューや商品も日々開発中。

イキイキとテンペの可能性を引き出す入海さんの姿は輝いて見えます。

正にテンペスト(嵐)のようにテンペが世に広がり、気付けば様々な形で普段の食卓に並ぶ日が来るかもしれません。

「発酵カフェ ハタケト」がテンペと一緒にどう発酵していくかがとても楽しみな気持ちで取材を終えました。

 

その名も「発酵槽」。発酵食を楽しく知ってもらうために入海さんが自作!   左奥のレモンとローズマリーの酵素ジュースから右上の豆乳ヨーグルトまで気になる自家製発酵食品が並ぶ

Information

発酵カフェ ハタケト

住所: 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央43-16ミレナリオビル101

TEL: 045-532-3706

営業時間: 11:30〜21:00、土祝12:00〜21:00(ラストオーダー20:30、日曜はイベント開催日は営業)

http://tsuzukiku.com/hataketo/

ライター卒業生
この記事を書いた人
ライター卒業生ライター卒業生
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく