12/15(日)もあな保育園でチャリティバザー開催!
小さなお子さんがいるご家庭で、普段、自分の子どもが通う保育園や幼稚園以外に行くことって、あまりないかもしれませんね。都筑区にある「もあな保育園」「めーぷるキッズ」「もあな★ちいさな木」は、NPO法人が運営するユニークな保育が特徴です。12/15(日)には園を一般に開放し、チャリティバザーを開催! 園と保護者、地域が一体になって運営するバザーでは、オーガニックやフェアトレード、手づくりの温もりあふれるフードや雑貨が手に入ります!

絵本の読み聞かせの様子。ステージにいるのは……森ノオトの山田恵里佳さん!(写真提供:もあな保育園)

 

センター北駅前の「もあな保育園」「めーぷるキッズ」「小さな木」は、NPO法人が運営する保育園で、パタゴニアやKEENなど名だたるアウトドアメーカーやオーガニックコットンブランドなどが支援する、ユニークな組織運営に定評があります。園庭はないのですが、都筑区の豊かな自然環境、公園が子どもたちのお庭! 毎日結構な距離を散歩し、足元の植物や樹木、せせらぎ、土、太陽と一緒に遊ぶ、「森のようちえん」としても知られています。代表の「せっきー」こと関山隆一さんは、子どもの未来を育むソーシャルビジネスの新世代旗手としても注目の的!

森ノオトでは、植木屋夫妻こと持田智彦・三貴子夫妻の子どもも通い、詳細なリポートも。おなじみの方も多いかもしれませんね。

 

厳選素材でつくられた手づくりお菓子も魅力(写真提供:もあな保育園)

 

そんな「もあな保育園」で、今週末、12/15(日)にチャリティバザーを開催します。売り上げは、国内外すべての子どもたちが適切な職業に就き地域社会の一員として尊厳ある人生を歩めるよう教育や職業訓練を提供する「認定NPO法人国境なき子どもたち」への寄付と、NPOが運営する各保育園に充てるそうです。

 

オーガニックやフェアトレードグッズ、リサイクル品など、掘り出し物もたくさん!(写真提供:もあな保育園)

 

もあな保育園では、フェアトレードやオーガニックのアイテムの販売、カフェコーナーや、羊毛遊びのワークショップ、アロマのお店など。そして、持田夫妻による「こけ玉づくりワークショップ」もありますよ!

すぐ近くの「めーぷるキッズ」では、竹細工やわなげ、ヨーヨーつり、パパやママ、スタッフがつくった手づくり品コーナー、リサイクル品の販売コーナーも。

 

「もあな★ちいさな木」玄関前では、おもちつきとおもちの販売も!(写真提供:もあな保育園)

 

保育士や保護者の力を寄せ合い、地域や協賛企業のバックアップもあり、みんなでつくり上げているもあなのバザー。

アットホームな雰囲気だけど、飛び切りカッコいい、そしてソーシャルな保育園を、ぜひのぞいてみませんか?

 

Information

もあな保育園・めーぷるキッズ・もあな★ちいさな木

チャリティバザー

日時:2013年12月15日(日) 10:00〜16:00

会場:もあな保育園・めーぷるキッズ・もあな★ちいさな木

横浜市都筑区中川中央1-38-10

(横浜市営地下鉄ブルーライン・グリーンライン「センター北」駅徒歩2分)

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/ローカルメディアデザイン事業部マネージャー/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく