2014年度「森のなかま会員」を募集します!
森ノオトは1月7日にNPO法人としての2期目をスタートしました。横浜北部に「エコ」という生活文化を根付かせ、生活者自身が主役になって、愛する地域を盛り上げていく。子育ても、多世代交流も、エコをキーワードにみんなで楽しみをシェアして、笑顔で「こんにちは」があふれるまちで暮らす。ぜひ森ノオトのなかまになって、地元暮らしを楽しみませんか?

「森ノオトの仲間になりたいんですが……」

そんなお問い合わせが、最近増えてきました。

 

読者の皆さん! 読んでいただくだけで、紹介したお店やイベントに足を運んでいただくだけで、森ノオトのFacebookページに「いいね!」していただくだけで、森ノオトの仲間ですよー。ありがとうございます。

 

とはいいつつ、やはりファンの方とは顔がつながる関係でありたいもの。そして、活動をするのには何らかのお金がかかり、動いているスタッフに対しても「小さな仕事」としてお金を動かしたい、と思っています。そんな風に森ノオトの活動を支えてくださる方を「森のなかま会員」とし、年会費個人3,000円、団体10,000円をお支払いいただく形で様々な活動に参加していただいています。

 

森ノオトの組織のイメージ

 

森ノオトの活動の幹になるのは「地元のエコ発見メディア 森ノオト」の運営です。メディアがネットワークのハブになり、地域の素敵なヒト・モノ・コトをつなげていきます。これは、NPO以前の3年間の蓄積と今年1年のリアルな出会い、それから今後も変わらないところです。

 

また、NPO初年度はたくさんの自主事業も行いました。詳しくはこちらのリンク「森ノオト自主事業」をご覧ください。特に、こちらの3つには力を入れました。

 

■あおばECOアカデミー 私たちの未来をつくる井戸端会議

■映画『よみがえりのレシピ』上映会

■森ノオト マルシェdeウォーク あおばを食べる収穫祭

 

森ノオトの事業のイメージ

 

2年目の今年は、「あおばを食べる収穫祭」の継続(11/23を予定しています!)、あおばECOアカデミー、森づくりに関する啓発活動を続けていきます。森ノオトのメンバーの得意分野を生かした提案・委託事業等も行っていきます。

 

□森のリポーター

環境・社会問題の解決を主婦の目線で楽しみ、実践する取材・レポート

□森ノオトエネルギー部(あざみ野ぶんぶんプロジェクト)

生活者の視点で新しいエネルギー社会の構築に向けて、明るく楽しくオシャレに提案、実践

□森ノオト料理部

地元の食材を丸ごと無駄なく使い切り、旬の恵みを生かしたレシピの提案や料理教室の開催

□森ノオトクリエイティブチーム

編集者、ライター、WEBプロデューサー、デザイナー、イラストレーターなど、地元に拠点を置くクリエイティブなフリーランス集団として、地域特性を生かした制作物の作成、企画提案等

 

未来世代にも「地元で生きる楽しさ」を伝えていきたい!

 

Ecology(エコロジー)

Organic(オーガニック)

Sustainability(サスティナビリティ)

Localization(ローカライゼーション)

 

この4つのキーワードは、森ノオトの基本理念です。

環境の世紀と呼ばれる21世紀において、すでに使い古された感のある言葉ですが、私たちは森ノオトでの活動を通じて、この言葉の意味を、何度も何度も考え、感じ、吟味してきました。

 

生活者の言葉に置き換えるならば、

Ecologyとは、自然と人間社会が「調和」していること。身近な自然から大きな地球の循環を意識して暮らすこと。

Organicとは、情報を食べるのではなく、顔と顔の見える有機的な人間関係、社会を信頼できる心で、ものを食べ子どもを育むこと。

Surtainabilityとは、今目の前の自分の快楽や便利のためだけではなく、自分の子どもや孫にも豊かな環境を保証する生き方のこと。

Localizationとは、これらの理想を、日々の生活、一つひとつの消費から実践していき、仲間とつながること。

 

4つの基本理念を担保する原動力とは、すなわち「楽しさ」であると私たちは考えます。

仲間と一緒にいるから楽しい。

自分の好きなことを実現できるから楽しい。

自分の得意なことを生かして喜ばれるから楽しい。

誰かの役に立つから楽しい。

新しいことを創造するために語り合うから楽しい。

苦労して大きな山を乗り越えた後は楽しい。

大好きな仲間と同じ釜の飯を食うから楽しい。

 

森ノオトのなかまたちは、コツコツと楽しさを積み上げてきています。いつも意識しているのは4つの理念。エコが楽しい、だから活動自体が社会の役に立つ、行動につながる、仲間が増えていく。

ぜひ「森のなかま会員」として、森ノオトの活動を支えてください。

 

「一緒にご飯を食べる」のも、仲間ならではの醍醐味!

 

【森のなかま会員募集要項】

更新期間:2014年1月〜3月末日

有効期間:2014年1月〜2015年3月

年会費:個人3,000円/団体10,000円(入会金なし)

<会員特典>

森のなかま会員の会員証をお届けします。

NPO法人森ノオトが主催するイベントに割引価格でご優待いたします。

年に1度の会員交流会にご参加いただけます。

 

郵便振替口座 00230-8-101322

(ゆうちょ銀行 〇二九支店 当座 0101322)

口座名称:特定非営利活動法人森ノオト

 

<ご寄付・ご協賛も歓迎です 1口10,000円>

 

※森ノオトの事業の企画・運営をともに担いたい! という方はNPO正会員(年会費個人30,000円、団体50,000円、入会金10,000円)もございますので、ご相談ください。

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/ローカルメディアデザイン事業部マネージャー/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく