森ノオトpresents地産地消恵方巻き2014! 2/3(月)コマデリで限定販売!
節分の日にその年の恵方を向きながら食べると縁起がよいとされる「恵方巻き」。森ノオトの取材で出会った地元産・神奈川産・地域のお店で調達したお米や野菜を使い、地域の愛情たっぷりの恵方巻きをお届けします。ご予約は本日1/20(月)から1/31(金)まで。メール、電話で承ります。お引き渡しは2/3(月)当日、あざみ野のコマデリで行います。

今年から森ノオト料理部がスタートします♪ 地産地消テイクアウトの「コマデリ」が、この春、新生リニューアルします。森ノオトがメニュー開発や広報・発信面でサポートしながら、コマデリが地域密着のやさしいごはんを製造・販売していく形になります。

 

森ノオト×コマデリのコラボ第一弾として、「地産地消恵方巻き2014」プロジェクトを行います。これまで小池一美さんが取材で出会い、森ノオトで情報を、コマデリで実物を発信してきた、地元の農家さんのお米や野菜をふんだんに使って、愛情たっぷりの地産地消恵方巻きをつくります。

 

メニュー開発はこの人、森ノオトの料理番長改め料理部リーダーこと大西香織さんが全面サポート。出産前は料理研究家のアシスタントとして数々のカフェやデリの立ち上げや、レシピ本づくりに関わった生粋の料理好き。昨年秋冬は「3R夢なクッキング」のレシピづくり、試作や、講師として大活躍。そういえば、森ノオトNPO設立パーティーでは出産直後にも関わらず、持ち寄りごはんのセッティングに獅子奮迅の働きでした。

 

気になる素材は、青葉区寺家町産アグロスつちの里大橋さんの有機米・神奈川県推奨米里じまん七分搗き、かながわブランドの海苔とひじき、緑区の前田養鶏場の卵、青葉区・はやし農園さんの人参、麻生区・高松さんの小松菜と梅酢、大和市・AGRU自家製ゆかり、節分の豆まきにちなんで国産有機落花生、大葉、長芋、高野豆腐、お稲荷さん! じっくり醸造のホンモノ調味料でていねいに味付けしています。基本調味料はオーガニックスーパーマーケットの草分け・藤が丘のマザーズでそろえました。今回はお肉、お魚は使っていません。

 

2/3はコマデリを限定オープン。春からの小池さんの新しいスタートにエール。大西香織さんも料理部リーダーとして活躍が期待されます!

 

ちなみにこの企画は、横浜は関内にある地産地消カフェ「みぢかな安心ごはん 80*80(ハチマルハチマル)」(http://www.8080food.com)の地産地消恵方巻きプロジェクトの一環で行うもの。80km圏内の食材を80%以上用いるというコンセプトに共鳴し、今後も様々な形でコラボしていく予定です。

 

さあ、森ノオト恵方巻きは本日1/20(月)より、1/31(金)まで予約受付いたします。ご予約はE-mailまたはお電話で。限定100本となりますので、お早めにご予約ください。

気になる価格ですが……1本780円(税込)となります。

ご予約の際は、お名前、電話番号、予約本数、お引き取り希望時間をお伝えください。

ご予約は…… 本日より1/31(金)まで。E-mail [email protected](森ノオト)TEL 070-6462-4121(コマデリ)

お名前、連絡先、予約本数をお伝えください。

商品のお引き渡しは 2/3(月)11:00〜17:00 コマデリとなります。

製造・販売

コマデリ

横浜市青葉区あざみ野南1-16-8 大谷ビル1F

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/ローカルメディアデザイン事業部マネージャー/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく