寄せ植え好きが集まる噂の「花のマルシェ」!クリスマスやお正月に向けたリースづくりレッスン!
青葉区荏子田の閑静な住宅地でおこなわれている「花のマルシェ」。この12月で8回を数えます。実はこのマルシェ、主催するatlier Delphiの里井美由紀さんのアドバイスを受けながら寄せ植え用のお花やセンス良い植木鉢も購入できてしまうという、知る人ぞ知るとってもステキな催しなんです。

 

里井さんの人柄と作品のセンスの良さに魅せられていたと友人たちの強い勧めで実現した「花のマルシェ」。今やそのお友達もatlier Delphiのメンバーとしてマルシェを支えている。写真左が糟谷伸恵さん、中央が里井美由紀さん、右が安田麗子さん

青葉区荏子田の閑静な住宅地に、他ではあまり目にしないお花や、ナチュラルな雰囲気を醸し出すアレンジメントがほどこされた寄せ植えが並ぶ一角があります。そこは、以前からフラワーアレンジメントや寄せ植えのレッスンを開催していたatlier Delphiの里井美由紀さんの自宅兼アトリエ前。「自宅の周りがもっと“花のあふれるまち”になると素敵だな」と感じていたという里井さん。ご近所のみなさんに少しずつでもお花を植えてもらえればと、今年4月から花の苗や多肉植物、時には野菜の苗などを買うことができるマルシェを友人2人と一緒に始めました。

 

 

白いパラソルが目印の「花のマルシェ」。たくさんの花好きが集まり寄せ植えのイメージを膨らませる

 

生産者や生産工程などは、里井さんの目に適ったもので、一般的にはあまり手に入らない種類や、高品質なものも多く、さすがの品揃えです。それだけに花の保ちもよいといい、寄せ植え好きなお客さんをうならせています。

 

最初は遠巻きに見ていたご近所の方も、今ではお散歩の途中で購入してくれたり、お客さんが花好きのお友達を連れて来てくれるようになり、寄せ植え好きが集まるように。この半年で、知る人ぞ知る「花のマルシェ」へと成長しました。

 

「みんな、こんなにも花を求めているとは思わなかった」と話す里井さん。マルシェを始めてみて、生活に花や植物が根付き、寄せ植えを楽しんでいる人が多いことに改めて気づかされたといいます。

 

 

多肉植物を寄せ植えすれば、日々の暮らしの中で小さな土とふれあえる時間も。センスのいい植木鉢も取り揃えているので、里井さんに相談してみては

 

マルシェでは植木鉢にあわせて里井さんがお花をコーディネートして寄せ植えイメージを提案してくれたり、自宅で寄せ植えする自信のない方にはアトリエでの寄せ植えレッスンを予約制で受けることもできます。センスのいい植木鉢は、その場で購入することもできるので、私のような初心者でも、安心して心惹かれる花を購入し、すぐにでも寄せ植えをスタートすることができます。

 

里井さんの作品を見て楽しむこともマルシェの醍醐味。実際に作りたくなったらレッスンの予約をどうぞ。里井さんの親切で丁寧な人柄にふれながら初心者でも安心してチャレンジできる

 

切り花のフラワーアレンジメントもステキですが、土と対話し、花をコーディネートして好きなデザインの植木鉢に植え、水やりしながら変化を楽しむことができる寄せ植え。子育て世代だからこそチャレンジしてみたい花との関わりだと感じます。

 

今の時期は、クリスマスリースづくりやお正月飾りづくりのレッスンも開催しているatlier Delphi。里井さんのブログではリースのレッスン情報などもありますので、チェックしてみてくださいね!

Information

「花のマルシェ」

次回は1月23日(金) 10時-15時

主催:atlier Delphi(アトリエ デルフィ)

場所:横浜市青葉区荏子田1-1-56

内容:横浜市内で育てている「横浜セレクション」という名のブランドビオラをはじめ、今年の新色や貴重なお花を入荷予定です。

ブログ:http://ameblo.jp/atelier-delphi/

ライター卒業生
この記事を書いた人
ライター卒業生ライター卒業生
カテゴリー