小学生のリアルガール向けオウチキャンプ!「森ノオトマリ2015」
森ノオトで私たちリポーターは自らを「○○ガール」などと呼んでいますが、失笑を買っていることは否定しませんよ……。今年はリアルなガールたち、小学生女子向けのプログラムを初めておこなってみました! 名付けて「森ノオトマリ2015」! 

わたしの長女はこの春、小学校1年生になりました。小学校入学以降の成長が著しく、お友達とのコミュニケーションにも自信をもてるようになった長女を見て、今年はお友達とのキャンプにチャレンジしてみたいな、と思っていました。

ところが我が家はキャンプに不慣れで、どうしよう……と思っている間に、瞬く間に夏休みがやってきました。そんな時にふと思いついたのが、「森ノオウチでデイキャンプをしよう!」ということ。実は、森ノオトのリポーターたちは、それぞれ横のつながりがずいぶんできてきて、お子さん同士がお母さんと一緒に会うケースも増えてきます。ちょうど、小学生の女の子が6人いるので、「リアル女子キャンプ」をやれたらいいな、と思って、声をかけたら、みんなノリノリで来てくれました!

 

エレキ女史の風車ワークショップ。ペットボトルを2つ組み合わせて、防災用の水としても重宝する

 

子ども向けの自然エネルギー工作で百戦錬磨(?)のエレキ女史が、「風車講座をやるよ」と買って出てくれて、急きょ、風車づくりのワークショップからスタートした、2015年8月21日の女子会です。

 

大人用の座卓は、松山ちかこちゃん提供のもの。子ども用には板を床に敷いて席を確保

 

17時になると、ぞろぞろとメンバーがそろい始めました。母7人、小学生女子5人、未就学児の弟妹8人と、合計20名がひしめき合いながら、何とか全員分の席を確保して、カンパーイ!

 

アツアツ、揚げたてが出てくるのは、徒歩0秒ケータリングならでは

 

フードは徒歩0秒ケータリング、「コマデリ」です。この日は、唐揚げ、ポテトフライ、オクラフライにゴーヤのフライが添えてありました。このゴーヤ、エコDIYワークショップのグリーンカーテンの成果物です♪ ほかにもかぼちゃのクリームチーズサラダ、ミートボール、海苔巻きと、パーティーにはぴったりメニュー。

 

お姉ちゃんたちが夢中になる花火を、そっと見守る赤ちゃんたち

 

宴もたけなわになると、夏のお楽しみ! 花火タイムです。どこかで開催されている打ち上げ花火も大きく見られて、「ああ、夏の終わりだね……」と、幸せに浸りました。

 

風車を団扇であおいだら、LEDのライトがブルーに光った!

 

実は今回の企画の裏目的として、「未来世代のコミュニティを育てる」という目論みがありました。子どもにとって、学校や地域の友達、親戚以外にも、お母さんたちの「エコ」つながりで、親しくなれる間柄があればいいなあ、と思っていました。

実は、昨年の11月23日におこなった「あおばを食べる収穫祭2014」で、リユース食器の回収に小学2年生の男の子が大活躍してくれていたのに、おおいに触発されています。子どもがリユース食器について学びながら、大人たちにその意味を伝えて、古布をわたし、食器を回収する。彼の姿を見て、参加した大人たちは笑顔で協力して、とてもよいムードだったと聞きます。

今年は、森ノオトの小学生チームでリユース食器回収のお手伝いをしてほしいな、と思いました。そして、マルシェスタッフにわたしている「地域通貨」を得て、自分たちのはたらきによって、マルシェでオーガニックなごはんを食べてくれたらいいな、と。

 

お泊まりしたのは1年生、2年生2人、3年生1人の計4人。それぞれ寝袋を床に並べる

 

夜20:30には、お母さんと妹弟たちが帰宅し、残った4人の小学生女子たち。順番にシャワーを浴び、寝袋の上でトランプを始めました。消灯後も話は尽きなかったようですが……

「オバケこわい!」

「トイレにひとりじゃいけない!」

……そーんな叫び声が聞こえてきましたよ(笑)。

 

翌朝は近所のパン屋で好きな1品を選び、寝ぼけ眼でほおばる

 

わたしは2階の事務所で次女と一緒に寝て、翌朝7:00に階下におりたら、みんな寝ぼけ眼でまどろんでいました。3年生の女の子に1000円を渡して、「これで好きなパンを1個ずつ、ママとコマデリさんのぶんと合わせて6個買って来てね」とおつかいを頼みました。

子犬のように駆け出していく少女たち。帰ってくるのがずいぶん遅いなと思ったら、「なかなか1000円には足りなくて! 1200円とか、1070円になっちゃって、3回目でようやくおつりをもらえたの!」と息を弾ませて帰ってきました。

 

みんなが帰った後、森ノオウチに提供いただいたハンモックでゆらゆら揺れるキタハラ姉妹。母はその間、掃除機がけ

 

朝8:30にはお父さん、お母さんたちがお迎えに来て、バイバイ。

「次はまた秋に会おうね」と約束して、少女たちの夏休みは終わりました。

森ノオトのキッズたちが活躍する(?)はずの「あおばを食べる収穫祭2015」、今年も11月23日(月・祝)に開催します! お楽しみに!

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/編集長/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく