参加費無料で保育つき! 青葉区×森ノオト「3R夢(スリム)なクッキング講座」2015冬
今年の夏に、3回目の開催となった「3R夢(スリム)なクッキング講座」。この冬には、“ベジブロス”のさらなる普及を目指し、ご家庭で手軽にできる寒い季節にぴったりのレシピをご紹介します。前回同様に、無料の保育付きです(先着4名様)!

2013年からスタートした青葉区役所地域振興課との「3R夢(スリム)なクッキング講座」。1回目は、食材を余すところなく使い切る! ことをポイントに、旬の大根1本をまるまる使い切るためのレシピを紹介しました。そして、2回目以降は、普段は捨ててしまうような野菜の皮、ヘタや根の部分を利用してつくった「野菜ブイヨン」=「ベジブロス」の魅力をお伝えし、これを基本としたレシピをご紹介してきました。

 

そして、4回目の開催となるこの秋には、「ベジブロス」のコクと旨味を最大限に利用した、身体も心もほっこりと温まる料理をご紹介したいと思います。

 

しつこいようではありますが……、

 

普段は捨ててしまうような野菜の皮、ヘタや根の部分から生まれる「ベジブロス」には、実はさまざまな種類の野菜から溶け出した旨味が含まれており、とてもバランスのとれた美味しい出汁になります。野菜の皮と実の間には豊富な栄養が含まれており、また大根や人参などの葉の付け根の部分は「生長点」ともいわれ、特に栄養価が高いといわれています。栄養面においても特筆すべき点が多いのが特徴です。

 

美味しく、栄養豊富、そして、野菜も使いきることができる……と、良いことづくしの「ベジブロス」。森ノオト料理部としても、このことを少しでも多くの方に広めたいという思いがあります。

 

そして先日、恒例となった試作会をおこないました。

まずは基本となる「ベジブロス」。玉ねぎの皮やねぎの青い部分、にんじんのヘタなど基本的には何を入れてもOK。ただし、余り入れない方がよい食材もあるため、講座ではこうした点についても紹介予定

今回のレシピのメインとなる、きのこや里芋を入れた“リゾット”を試作中。お米と一緒にじっくりと炒めていく

◆講座メニュー

・「ベジブロス」の取り方

・里芋の豆乳クリームリゾット

・白菜とみかんのサラダ

 

前回の夏の講座では、ガスパチョをベースにした“冷製トマトパスタ”をご紹介しましたが、今回は、豆乳とベジブロスの出汁をたっぷりと吸ったリゾットで温まっていただけたらと思います。乳製品が入っていないとは思えないほどなめらかでクリーミーなリゾット。豆乳を使用する上での、調理のポイントなどについてもふれる予定です。

 

また、副菜では冷蔵庫の片隅に残りがちな“みかん”と“白菜”を使用したサラダをつくります。レシピを提供するだけでなく、いつもの調理に加えられるちょっとしたコツを紹介していきます。

試作で出た“里芋の皮”で、素揚げ! 自分ではとても思いつかないエコ料理(?)、こんなことを発見できるのも料理部試作の醍醐味

試作はいつものようにメンバー宅で行われる。家庭でつくってもらいたいレシピだからこそ、同じように家庭で試作することが大切なように思う

講座では、まずデモンストレーション形式で各メニューのつくり方をご紹介し、その後、テーブルに分かれて実習していただきます。つくった後は、皆さんでおしゃべりをしながらの試食タイム。ここではご紹介しきれない野菜にまつわるお話やポイント、ごみの話についてもお伝えできればと思っています。

 

“参加費無料”であることに加え、今年からは“保育付き”となり、夏の講座ではとても好評でした。日頃は、小さな子どもを連れて料理講座へ参加することはなかなか難しいかもしれません。ぜひこの機会に参加いただき、身近に「ベジブロス」のある生活を楽しんでもらえたらと思います。

 

美味しい料理を学べてレシピもゲット、毎日の暮らしに持ち帰ってごみが少なくなり、環境負荷も減らすことができる、1回で何倍も「美味しい」特典付きです。ご応募、お待ちしております!

Information

3R夢なクッキング講座」2015冬

日程: 11月26日(木)10:00-12:30 山内地区センター

11月27日(金)10:00-12:30 藤が丘地区センター

講師: 森ノオト 料理部

メニュー: 「ベジブロス」の取り方、里芋の豆乳クリームリゾット、白菜とみかんのサラダ

参加費: 無料

定員: 各回12名

保育: 2歳から未就学児(先着4 名様まで)*保育は別室でのお預かりとなります

持ち物: エプロン、三角巾、手ふきタオル、筆記用具

主催: 青葉区役所地域振興課

お申し込み:往復はがき、FAX、メールのいずれかの方法で、日時、希望会場、住所、氏名、連絡先を記入して、青葉区役所地域振興課資源化推進担当まで。

FAX/ 045-978-2413

MAIL/ ao-shigen@city.yokohama.jp

お問い合せ: TEL/ 045-987-2299

応募締切り: 11月2日(月)必着(応募多数の場合は抽選)

清水 朋子
この記事を書いた人
清水朋子ライター
食べること、つくること、ワインとチーズ、焼酎を愛する食いしん坊。雑木林のような豊かな庭、愛するアンティークに囲まれた自宅の一角で、集会所+ときどき、喫茶として「Glänta(グレンタ)」を主宰している。小さな家の隅々まで愛おしみ使い尽くす、センスのよい暮らしぶりが注目を集める。
カテゴリー