【求人情報】子どもの未来、大人の自由と自律。もあなキッズ自然楽校が目指す「これからの保育」
地域ではたらき、子どもの未来を一緒につくる。無垢の木、自然素材に囲まれたさわやかな園舎での「木育(もくいく)」、安心・安全でやさしい味わいの給食での「食育」、港北ニュータウンの自然を満喫する野外遊び「森のようちえん」のコンセプトで全国的にも有名なNPO法人もあなキッズ自然楽校では、保育士・給食スタッフ、事務スタッフを募集しています!

「子育てしやすいまち」として、子育て世代の流入が全国でもトップクラスに多い横浜市都筑区。緑道とせせらぎと公園でつながり、駅前には便利な商業施設が林立、都心や横浜、空港へのアクセスのしやすさなど、自然と利便性が両立できるまちとして大人気です。

都筑区・センター北の駅前で、世界的視野で新しい保育に取り組む「NPO法人もあなキッズ自然楽校」では、「森のようちえん」の精神を掲げて、まちの公園・緑道を園庭にして子どもたちが自らの持つ野生を存分に生かして遊びます。複数のビルにまたがる園舎は国産の無垢材が心地よい本物空間。テーブルも椅子もロッカーもすべて手づくりの空間で、自然素材のあたたかさ、やわらかさに包まれ、「木育(もくいく)」をコンセプトに、日常的に本物にふれる経験を提供しています。

外に出れば遊びは無限大に広がる。もあなキッズの子どもたちは毎日とてもたくさん歩くので、体力がついてくる

「保育業界でとても重要なのは、はたらく保育者やスタッフの心を大切にすること。本当に子どもが好きで、子どもの育ちを心から喜び合いたい、それが可能な環境をつくっています」。そう語るのは、もあなキッズ自然楽校代表の関山隆一さん。子どもやスタッフからは「せっきー」と呼ばれて、いつも遊びの中心にいます。

女性の活躍が大々的に叫ばれるなか、国を挙げて保育所の増設やはたらく女性の支援を打ち出していますが、保育所の急激な拡大に慢性的な人手不足と、保育の質がともなわずに業務に追われて保育士が疲弊する状況が、多くのメディアで語られています。もあなキッズ自然楽校でも入所希望者が殺到していますが、子ども一人あたりのスペースを十分に確保し、ゆとりを持って過ごせる環境を確保するために、キャンセル待ちが相次いでいる状況です。

園舎はオール国産材、家具もすべて無垢材でつくっている。本物の自然素材に囲まれ、まるで森の中にいるかのような清々しさと安心感に包まれる

理想の保育環境を求めて、全国から保育士が集まるもあなキッズ自然楽校。離職率が高い保育業界で、理念を共有するスタッフが育ち、もあな歴3年、5年、7年と、イキイキはたらく保育士が育っています。彼女たちは日々、自らの頭で考え、語り、創意工夫の精神で子どもと向き合います。イギリスの「子どもが遊べるまち」のスタディツアーや、神奈川県大磯町で海と山と自然に囲まれた小規模保育所の開設、オール神奈川県産材の新園舎の内装工事にクラウドファンディングで資金を集めるなど、新たなチャレンジを続けるもあなキッズ自然楽校では、いま、一緒に理想の保育環境をつくるスタッフを募集しています。

「保育士は、ただ子どもを預かるだけの仕事ではありません。子ども本来が持つ自然体な姿に寄り添い、子どもの目線で一緒に自然にふれ、遊び、命を預かる。保育士としての理想を一緒に追求していける人と出会いたい」(関山さん)

港北ニュータウンはせせらぎ、緑道、大きな公園が点在し、遊ぶ場所には事欠かない。都市の自然とつながり、たくましく育つ子どもたち!

もあなキッズ自然楽校は、給食にも定評があります。生活クラブ生協を始めとし、トレーサビリティ(生産履歴)があり顔の見える食材を使うことを基本に、「豚肉/鶏肉/魚/ベジの日」を日替わりで、食材とだしの味と色を存分に味わえるやさしい味わいです。いまの食育のコンセプトを継承しながらも、自らの個性で新しいもあなの給食スタイルを創れる人を募集しています。

自然食に関心が高く、食や農の現場での経験があり、日々の食に真摯に向き合う人が森ノオト読者には多いのではないかと、あえて小さなメディア・森ノオトで求人を募集する関山さんのこだわりで、この春には実際に素敵な人材確保に結びついたとのこと。「もあなの給食のキーストーリーをもう一度組み立てていく」という責任のあるポジションで、自ら食の物語をつくりたい人には、またとないチャレンジになるでしょう。

ある日の給食。雑穀ごはんに漬物、サバの味噌煮、味噌汁。調味料も自然醸造の本物で、発酵食品を多用し腸内環境を健やかにととのえる

「全国からスタッフが集まるもあな保育園ですが、地域雇用も大切にしたいと思っています。特に子どもを育てながらはたらくなら、もあなキッズ自然楽校はこの上ない環境です」と関山さん。はたらく場所と預ける場所を同時に得られるこの上ない条件、しかも自然食、木育、森のようちえんは、子どもにとっても最高の遊び場です。センター北に系列園が3園あるので、自身がはたらいている時には子どもと直接ふれることはなく、仕事とプライベートを分ける配慮も万全です。

この日のおやつはかぼちゃのパンケーキ。お昼寝後の子どもたちは、やさしい味にきっと癒されるはず

さっそく来年から、または春から、もう一度はたらきたい、地域で職を得たい方。新生活に向けて、一歩踏み出してみませんか。

<募集要項>

★保育スタッフ★

※保育資格者優先(取得中の方やこれから取得予定者もOK)

【パートタイム 時給905円】

勤務時間

(1) 7:30 – 10:00(朝の準備兼務、保育資格なしでもOK)

(2) 9:00 – 14:00(保育資格者)

(3) 15:30 – 20:00(清掃兼保育スタッフ)

【フルタイムパートタイム 時給950円】勤務時間 週5日9:00 – 17:00(左記時間帯かそれ以上、休憩含む)

★給食スタッフ★

※調理経験者優先

勤務時間 8:00 – 17:00

【フルタイムパートタイム 時給950円 週5日8:30 – 17:00(休憩含む)】

【正職員 月給18万円(固定給、社保完備)週休2日】

★事務スタッフ★

総務スタッフ(労務・経理の経験がある方)

【フルタイムパートタイム 時給950円】

【正職員 月給18万円(固定給、社保完備)】

勤務時間 週5日9:00 – 18:00

★共通★

勤務地:いずれも横浜市都筑区中川中央

勤務日 月 – 土曜の中でのシフト制

交通費支給

お申し込み・お問合せは……

NPO法人もあなキッズ自然楽校(担当:関山)

〒224-0003

横浜市都筑区中川中央1-38-11 ヴィラノルド1F

TEL: 045-342-8389

メール: [email protected]

まずはお電話又はE-mailでお問い合わせください。委細面談、履歴書要。

Information

NPO法人もあなキッズ自然楽校

横浜市都筑区中川中央1-38-11 ヴィラノルド1F

TEL: 045-342-8389

URL: http://www.moanakids.org

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/ローカルメディアデザイン事業部マネージャー/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく