地域密着エコ&リユース&自然エネルギーフェス! 11/23(水・祝)あおばを食べる収穫祭2016
「エコ=未来への想像力」。子どもたちに美しく、豊かで、楽しい地球と地域を伝えていきたい。そんな思いで「エコ」をコンセプトに活動している森ノオト&コマデリ主催のリアルフェス「あおばを食べる収穫祭2016」を11月23日(水・祝)に開催します。会場は藤が丘駅前公園。藤が丘商店会公認ゆるキャラ「汁ウィン」&「汗ウィン」の夢の共演も?!

 

今年もピリカデザインは健在です。黒板をモチーフにしたスタイリッシュなチラシは、区内各所で配布中。

「今年もあのお祭りやるの?」

そんな風に声をかけられるほど、すっかり藤が丘の風物詩になった「あおばを食べる収穫祭」。藤が丘の街路樹・イチョウ並木が黄色に衣替えし、赤や茶色や緑が混じった美しい季節に、青葉区で地域密着のお店や農家、木工に関わる様々なブースが出店し、賑やかで楽しい一日となります。

昨年はあいにくの天気だったが、晴れれば間違いなく大盛況! お買い物は朝10時がおすすめ

あおばを食べる収穫祭は、毎年2000食ものフードが出ますが、リユース食器を使っていることもあり、主催者で回収するごみはわずか1袋だけです。リユース食器とは、イベント等で出る紙コップや紙皿などのごみを出さないように、繰り返し洗って使えるお皿やコップを「預かり金(デポジット)」を払うことで借り、返却時にお皿をきれいに拭ってデポジットの返却を受けるシステムです。青葉区ではNPO法人Waveよこはまが貸し出し、洗浄をおこなっています。

マイ食器の持参の方には、会場で使える地域通貨をお渡しすることで、「エコに参加」=「お得」を感じてもらえるようにしています。

おしゃれなアウトドアグッズもフェスを盛り上げる一つの要素

 

リユース食器のレンタル費用は主催者と出店者で負担しています。事業系のごみ処理にはお金がかかりますが、どうせお金を使うのならば、ごみを運搬したり燃やすことよりも、ごみを減らすことに使いたいもの。リユース食器の使い方については、こちらの記事をぜひご覧ください。

マイ食器の持参者向けのクーポンも主催者からのプレゼントです。これは、「エコに参加したらいいことあるよ」を可視化するためです。ごみ処分や焼却には税金が使われていますが、これらを負担しているのは私たち市民です。エコに参加することで目に見えない未来への負担を減らしていることになります。その効果をわかりやすい指標で実感してもらうための「マイ食器クーポン」をお渡しすることで、「エコに参加するって得なんだ!」と感じてもらいたいのです。

何より、マイ食器でのイベント参加は、どことなくオシャレです。今は空前のアウトドアブームで、カッコいいキャンプ用品やアウトドアグッズを使いこなせることが、新しいスタイルとして定着しつつある様子。ぜひ、みなさんご自慢のマイ食器で、青葉区のローカルグルメを楽しんでください。

地元・藤が丘のヒーロー「汁ウィン」に加え、今年は「汗ウィン」もやってくるとか?

今年のステージは、鴨志田町にある「たちばなレコード」さんが協力してくださって、森ノオト事務局長でたまプラーザぶんぶん電力代表の梅原昭子さんと一緒に、自然エネルギー100%での運営を目指します。オーガニックなサウンド作りに定評があるたちばなレコードさんと、森ノオトの初コラボです。こちらもぜひお楽しみに!

早く食べないと売り切れちゃうよ! 行列必至の人気店が軒を連ねます!

 

<Marche Player(フード&ドリンク)>

天気がよければきっとビールが美味しいはず!

 

今年は「汁ウィン」と汗ウィンの夢の共演!?

藤が丘商店会(かす汁・ドリンク・アルコール)

http://morinooto.jp/news/sirufes/

地産地消の名店「ナチュラーレ・ボーノ」の姉妹店。青葉区のスターです!

Revive Recipe TENZO(惣菜・焼菓子)

http://morinooto.jp/love/restaurant/tenzo/

セレブも注目するヴィーガンヘルシーフードが藤が丘を席巻する!

オーガニックパンケーキ&スムージー poepoe(ドラポエ、パンケーキミックス粉ほか)

http://morinooto.jp/love/restaurant/poepoe/

あざみ野駅近くにオープンした「mom’s dining」も要注目!おかんの活躍に釘付けです。

さくら工房(グルテンフリー米粉シフォンケーキほか)

http://morinooto.jp/news/marche-network/sakurakoubou/

今や青葉区を代表する農家として八面六臂の活躍中。看板娘に会えるかな?

はやし農園(野菜・豚汁)

http://morinooto.jp/love/loco-farmer/x/

安くて美味しい畑の大将の有機野菜。急がないと売り切れちゃう!?

青葉グリーンファーム(野菜、フルーツ)

http://morinooto.jp/love/loco-farmer/vol1_11/

青葉区が産んだヒーロー、旅する八百屋のデビューから6年、風格たっぷりです

青果ミコト屋(パッタイ)

http://morinooto.jp/love/loco-farmer/post_136/

あおばを食べる収穫祭バージョンでお届けするほっこりスープに癒される

まほうのすうぷ屋(スープ)

http://morinooto.jp/love/mahounosoupya/

主催者が出店しちゃいます!地産地消の代名詞的存在になった小池さんとハイタッチ!

走る!ロコキッチン コマデリ(塩ブタBOX、コマロコカレーほか)

http://morinooto.jp/category/love/comadeli/

毎年驚くほど売れるソーセージ。マイスターの味、ご堪能あれ

シュタットシンケン(ソーセージ)

http://morinooto.jp/love/stadtschinken/

まん丸ほっぺの奥山店長、あれ、**おじさんに似ている!?

COPPET(カレーパン、コーヒー、綿菓子)

http://morinooto.jp/love/restaurant/coppet/

うまヘルシーな中華料理店、寒い季節にあったまる担々麺をじっくり味わおう!

中国酒菜さいゆうき(スープ、カステラ、ちまき)

http://morinooto.jp/love/saisaiyuki/

昨年、大人気であっという間に売り切れちゃいました!今年は国産ローストビーフのサンドイッチ!

炭火お肉食堂Fun(国産ローストビーフのサンドイッチ)

link; coming soon

地産地消でオーガニック! ワインも美味しくママにやさしい、maaruってすごい

maaru(ドライカレー、焼き菓子、酵素ジュース)

http://morinooto.jp/love/maaru/

鴨志田メインストリートにアンテナショップ「とうり」オープン。やさしいドライベジタブルやフルーツをどうぞ

社会福祉法人グリーン(ドライフルーツ、ベジタブル)

http://morinooto.jp/love/fukushigreen/

実は初出店!地元のオーガニックスーパーマーケットとカレー屋さんのコラボ

マザーズ藤が丘店&ドツテテ(いなり、コーヒー、カレー他)

http://morinooto.jp/news/marche-network/1128love/

初出店!マダムに愛されるイタリアンの名店が藤が丘に進出!人気店のイベントフードをお楽しみに!

青とんがらし(丼もの、ドリンク、ポテト他)

link; coming soon

インドの本格的スパイスを使ったヘルシーで飽きのこないカレー。注文を受けてから焼き上げる熱々ナンはほんのり甘い秘伝の味!

プラススパイス(インドの家庭的カレー)

http://www.plusspice.net

<Green & Crafts & Workshop Player(グリーン、クラフト、ワークショップ)

クリスマスにぴったりのフラワーアレンジメントや雑貨も見つかる!

 

「あおばを食べる収穫祭」のテントはパルシステムの市民活動支援金で購入できました。環境への思いで接点を持っています。

生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ(お菓子釣り)

http://www.palsystem-kanagawa.coop

地域密着でさまざまなイベントを発信! あざみ野本店がますますパワーアップして目が離せません

LEAD ガーデン&エクステリア(季節の花、雑貨)

http://morinooto.jp/love/lead/

里井さんのセンスのよさは青葉区を彩る一筋の光。マダムに人気のクリスマスアレンジをゲットしよう

Atlier Delphi(花苗、ドライフラワー、リースほか)

http://morinooto.jp/love/hanamarche/

プリザーブドフラワーやクリスマスオーナメントをつくって、選んで、お買い物!

petite fleur 彩(クリスマスオーナメントワークショップ、キット販売)

http://p-f-sai.jimdo.com

今年は森ノオトとコラボ! オシャレな木工アイテムを手作りしよう!

ミナトファニチャー

http://morinooto.jp/news/maihashiws/

森ノオトの新規事業・アップサイクルファクトリーがいよいよデビュー!

森ノオト

http://morinooto.jp/news/mishinws/

※チラシに記載されている「ウィズハウスプランニング」の出店はなくなりました

 

<Marche Events(ステージ&イベント)

毎年大人気のステージ。3年目のマルシェ体操は今年も「ひかり体操」で!

 

3Rって知ってる? リユースクイズ「みんなでエコを体験しよう!」

NPO法人Waveよこはま

http://morinooto.jp/news/npo-project/marchewave/

大迫力の和太鼓ライブ! 太鼓の体験もできます!

Tsubo & Sunday 太鼓

毎年人気のマルシェ体操! 今年も元気に体を動かそう!

FCC Vol.33(藤・カルチャー・カフェ by藤が丘商店会)

http://morinooto.jp/news/messageboard/fnnnihonshu/

タチバナレコードpresents! 森ノオトのコンセプトに合わせてマッチングしてくれました。

「テリーヌとボンボン」スーパーライブ!

Link; coming soon

森ノオトで読んでいる記事がそのままイベントになった! リアル森ノオトフェスを楽しんでください

Information

森ノオト&コマデリ presents あおばを食べる収穫祭2015

日時:20161123日(水・祝)10:00-15:00

小雨決行、荒天中止

場所:藤が丘駅前公園

主催:特定非営利活動法人森ノオト & コマデリ

協賛:藤が丘商店会

後援:青葉区

<みどりあっぷ計画に基づく事業>

YES(ヨコハマ・エコ・スクール)事業

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/編集長/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
カテゴリー