飾る、しまう、捨てるをきっぱり!  フクダカヨさん宅訪問記
「子どもが小学生になったら、学校のプリントやランドセルが放置されて家が片付かなくなった」と嘆いているお母さん。地元で素敵なライフスタイルを送っているあの人は、どうしているのかしら? 「ランドセルと言えば……」のフクダカヨさんファミリーを訪ねてみました。

 

 

フクダカヨさんのお宅を取材することになったきっかけは、編集会議でのこんな会話からでした。

 

「小学校にいくとプリント類や作品やらどんどんたまって、どう整理してよいかわからない……

 

「子どもの写真も全然整理できずパソコンに入ったまま……

 

森ノオトのライターの中には、幼稚園や小学生の子どもを持つ母も多いのですが、子ども関係のものの整理収納に悩んでいるという声が、毎回編集会議の話題に上ります。

 

「そもそも、みんなランドセルって置き場決まっている?」

 

「ランドセルといえば、フクダカヨさん! フクダカヨさんのお宅を取材させてもらったらどうだろう?」(フクダさん一家は、パートナーの入江英樹さん撮影の写真が、某ランドセルカタログの表紙や特集で使われているので、知る人も多いはずです)

 

以前から、フクダカヨ絵日記の大ファンでもあった私は、「はーい! いきまーす!」と率先して手をあげ、念願のカヨさん宅の取材をさせてもらうことになったのでした。カヨさんと私は、実は共通項がたくさんあって、イラストレーターであること、バースあおばで出産したこと、そして大学の先輩だったりと、ひそかに憧れていたのでした。

 

取材当日は、カヨさんだけでなく、絵日記のメインキャストである小春ちゃんと夏乃ちゃん、そして「入江ちゃん」こと、パートナーの英樹さんが、家族そろって迎えてくれました。

 

カヨさんのお宅に入って、まず目についたのは、壁中に飾られた、写真やお子さんの作品の数々。英樹さんが撮ったノスタルジックな風景写真や、愛らしい小春ちゃん、なっちゃんの写真はもちろんのこと、お子さんの保育園時代からと思われる、たくさんの作品が、リビングの壁を埋め尽くしていました。

 

「飾ってあるもの、自由に見て下さいね〜! 階段も2階も遠慮なくどうぞ!」

 

絵日記ではちょっとおとぼけキャラですが、本人はとってもチャーミングなカヨさん。私の緊張をほぐしてくれる笑顔で、ニコニコと声をかけてくれました。

 

お言葉に甘え、2階にも上がってみると、言葉通り、階段にもたくさんの写真や作品! 家族写真が素敵なのはもちろんですが、カヨさんが選んで飾ってあるお子さんたちの作品がまたとっても素敵で、思わず足をとめて、じっくりと眺めてしまいました。

 

一見、無造作に飾られている作品たちですが、その飾り方には、カヨさんのセンスを感じます。

「おねえちゃんとけんかして、おねえちゃんがつよかったからわたしはまけた。」「わたしにはおねえちゃんがいます。おねえちゃんはときどきしゅくだいをてつだてくれます。」と、なっちゃんが書いた作文(?)の横には、くしゃくしゃの笑顔で笑う小さなこはるちゃんの写真

 

 

子どもたちの愛らしい寝顔の下には「パパがんばれ パパ行けー!」と書いた 激励の手紙(?)

 

階段ギャラリーの中でも、ひときわインパクトのあった「所ジョージ」!  「所」をつかった言葉を書くということで、なっちゃんが選んだのがこれだったそう。さすが、絵日記でも独特のユーモアセンスを発揮しているなっちゃん!

 

「子どもの作品って、なんともいえない味があるものが多いから、私が気に入ったものはインテリアとしていいなあと思って、どんどん飾ってしまうんです。飾らないものも、すぐには捨てず、気に入ったアンティークの鞄の中に閉まっておきます。子どもにも私にもピンとこないものは、いつの間にかなくなっているかな……(笑)」

こちらが飾らないものをしまっておく、かよさんお気に入りのアンティークの鞄。飾られなかった子ども達の作品は、とりあえずこちらにいれて保管(写真:カヨさん提供)

 

普段はこんな風にリビングの片隅に。使い込まれた風合いのがとっても素敵! 確かにこれなら出しっぱなしにしていても全く気にならない(写真:カヨさん提供)

 

「子どもの学校のプリントなどはどうしていますか?」と聞くと、こんな答えが。

 

「基本的に、一読して理解したら、よっぽど大事なもの以外は捨てます! そうでないと、どんどんたまるので。テストなんかも、最初はとっておいたんですけど、見直すこともまずないので(笑)。時々、大事な書類も捨てちゃって、ハッ! となることもあるんですけど、そんな時はお母さん友達に聞いてなんとかなります! 残しておく書類は、ざっくりとお気に入りのカゴに入れています」

 

こちらもリビングの一角に、さりげなく置かれた籐製のカゴ。重要書類や郵便物なども全ていれてあるので、家の中で「あの書類どこだっけ〜!」と探すことがないそう

いつも子どものプリント整理に四苦八苦し、書類探しにかなりの時間をとられている私は、うなずくことばかり。

 

ところで、カヨさん宅では、ランドセル置き場はどうしているのでしょう?
「ランドセルは、平日はリビングのキリムのラグが敷いてある場所に置く、というルールだけ決めています。休日は来客などもあるので、それぞれ子ども部屋に持っていくようにしています」

 

小春ちゃんのランドセルは赤。なっちゃんは深緑。どちらも使い込まれたキリムのラグとよく馴染んでいる

 

「このスペースからはみ出さなければ、どんな風に置いても構わないので、帰ってきてからここにバーンとランドセルが置いてあっても、全然気になりません。最初は子ども部屋に持っていくようにしていたんですが、けっこう重いランドセルを毎日2階まで持って上がるのは大変だな、と。だったらリビングに置きっぱなしでもいいんじゃないか、そのかわり置く場だけは決めておく、この方法にしたら、私にも子どもたちにもストレスがなくなりました」

 

私がカヨさんから話を聞いていると、小春ちゃんと夏乃ちゃんがランドセルを持ってきて、いつもの様子を見せてくれた。2人は、ここで寝転びながら仲良く宿題をしていることもあるそう

 

わが家では、子ども部屋の一角に長女のランドセル置き場を決めているものの、1階のソファーの上にどーんと置かれていたり、玄関に置きっぱなしで、こらー! と私のカミナリが落ちることもあるのですが……。確かにカヨさんのように大らかなルールを決めたら、気持ちが楽になりそうです。
続いて、子どもの写真の整理はどうしているのか聞いてみると、カヨさんの絵日記とはまた違う目線で、家族の写真を「イリエフォト日記」としてブログで紹介している、英樹さんが答えてくれました。

 

「基本的に、僕が撮った写真は、全部プリントしています。今はデジタルカメラになってしまったけれど、アナログカメラのときから、全部現像するつもりで撮影しているので、失敗作とかはないですね」

 

全部プリントとはすごい!と感心していると、「写真見ますか?」と、2階に案内してくれました。

こちらが、入江家の歴史がつまった全写真。ラベルには日付が書かれてあり、いつごろの写真かすぐにわかるようになっている。「前に展示のときにこのアルバムも一緒に飾っていたら、アルバムをずーっと見ている人もいました」とカヨさん。確かに、一日中眺めてしまいそうな密度の濃さだった!

 

続いて、子ども部屋も見せてもらいました。

 

小春ちゃんとなっちゃんの子ども部屋は、二段ベッドで仕切られていました。仲良し姉妹ながらも、お互いプライベートスペースは大切なようです。

 

小春ちゃんのスペースの壁には、大好きな歌手テイラー・スウィフトの切り抜きやお気に入りの写真が。センスの良さはお母さん譲りだろう

 

なっちゃんのスペースにも同じように写真やカードがペタペタ。「これは小春の真似ですね〜」とカヨさん。なっちゃんは小春ちゃんが大好き

 

なっちゃんの使っている机が素敵だなあと見惚れていると、「これは、祖父、父、私と受け継いで、夏乃で4代目です」とのこと。カヨさんのお宅には、代々受け継いで長く使われているものや作家の一点ものなど、こだわりのものが多くあります。

 

キッチンの食器棚はアンティークの水屋箪笥。お雛様が収納されているのは、カヨさんのひいおばあ様から受け継いでいる長持。友人にオーダーした本棚やダイニングセットなど、「大好きなもの」に囲まれています。

 

こちらはピクニック用の籠とおにぎりケース。この他に、絵本、椅子、桐の箪笥、パソコン用のライティングデスク、ソファ、食器など、代々大切に使っているものが、家の中に山ほどあるそう(写真:カヨさん提供)

 

そんな中に、お子さんの作品やお気に入りの雑貨などがさらっと飾ってあり、素敵なインテリアに自然に馴染んでいました。

 

リビングで存在感を放つ本棚は、友人の家具作家である横川雅也さんがつくった。蔵書と一緒に、旅先で手に入れた雑貨などが可愛らしく飾られている

 

ピアノの上にはお気に入りのイカット(インドネシアの古い絣布)のカバー。そしてその上にも子どもたちの作品や雑貨たち

 

「捨てる、しまう、飾る」のルールをきっぱりと決め、こだわりのものに囲まれて暮らす、フクダカヨさんの暮らし。子どものものがあふれ、片付かない部屋にため息ばかりの私には、カヨさんのような、子どもの作品もインテリアの一つとして素敵に飾ってしまうセンスの良さと、片付けのルールを決めすぎない大らかさはとっても魅力でした。

 

そんなフクダカヨさんと入江英樹さんご家族は、415日(土)〜23日(日)まで、浅草橋の「ルーサイトギャラリー」にて、グループ展「おうち、」に参加します。なんと、この展示は2006年から12年も続く展示とのこと。カヨさんはイラスト、英樹さんは写真の展示をします。私が以前に森ノオトで取材したmiyaozno spoonの宮薗なつみさんも参加します。カヨさん曰く、会場の古民家を改装造したギャラリーがとっても素敵で、アンティーク好きにはたまらないとのこと。森ノオトエリアからはちょっと遠いですが、下町のお散歩がてら、出かけてみて下さいね。

 

最後にカヨさんのお宅を出る時に、「これも撮って行きませんか?」と、いたずらっぽく笑ったカヨさん。カヨさん曰く、「実家に帰省した際に通りすがりのテキトーな店の片隅にあったのを一目ぼれで買った」ガイコツと、仲良く肩を組んでいるのは、なっちゃんが小学校で作ったおさるさん。隣には、なっちゃんが書いた「ようこそ なつの」の文字。こんなカヨさんのセンスがとっても好きで、私はますますカヨさんのファンになってしまった

Information

フクダカヨ絵日記

http://fukudakayoenikki.blog.jp/

「おうち、」

日時:2017415日(土)〜23日(日)10:0018:00(最終日17:00)

会場:ルーサイトギャラリー

111-0052

東京都台東区柳橋1-28-8

TEL 03-5833-0936

ながたに 睦子
この記事を書いた人
ながたに睦子ライター/デザイナー
東京都町田市の里山風景が色濃く残る地域で、パンを焼き、絵を描き、デザインをする日々を送る。賑やか三姉妹と珈琲焙煎が趣味の域を超えた夫と楽しく暮らす。おっとり可愛い子リスのような容姿とは裏腹に、3児を育てながら保育士資格を取得するモーレツな一面も。趣味は里山歩きとキャンプ。
カテゴリー