「登山の余韻に浸れるように…」 玉川学園の隠れ家カフェ「HUTTE」
ある日、よく行く雑貨屋さんで手に取ったショップカード。そこには素敵な山小屋の絵とともに、「HUTTE CAFE」の文字。「HUTTE=山小屋」という名前に惹かれ、何度か訪れるうちに、すっかり私のお気に入りの場所になりました。小田急線玉川学園前駅にある小さなカフェ「HUTTE」を紹介します。

小田急線の玉川学園前駅の北口を降り、左右の商店街を眺めながらまっすぐ歩いていくと、その一番端っこにひっそりと灯りをともしているのが

HUTTE」です。

 

こんな可愛らしい看板が迎えてくれる。白熱電球のあかりにホッと心がなごむ

 

HUTTEは、藤川悟さん、千恵さん夫妻によって営まれています。この日、厨房で忙しく働く店主の悟さんに代わって、奥さまの千恵さんが取材に応じてくれました。

 

店主の藤川悟さん。物静かな方だが、悟さんの手で作られる料理は何を食べても思わず顔がほころぶ絶品

 

HUTTEがオープンしたのは、2014年夏のこと。その前には千恵さんが、町田市にある薬師池公園の近くで、自宅の一部をカフェとしてオープンしていた期間がありました。その時の名前は「NATURAL CAFE 橙(だいだい)」。千恵さんのお母様が以前に相模原市で営んでいた「Orange」という飲食店をたたむことになり、そのお店を手伝っていた千恵さんは、そのまま名前を引き継ごうと考え、「Orange」を和名にして「橙」はどうかな? と思いつきました。また「橙」には「代々続く」などの縁起の良い意味もあることも気に入り、新しくオープンするカフェの名前に決めたそうです。

 

実は私、この「NATURAL CAFE 橙」を偶然にも訪れたことがありました。こだわりのインテリアが落ち着き、天然酵母のパンや素材にこだわった野菜中心のランチが食べられる、とても素敵なカフェでしたが、3年ほどの営業を経て「橙」は惜しまれつつ一時休業。その後、お休みを経て玉川学園で再開されたのが、「HUTTE」なのでした。

 

HUTTEの店内。お店の家具は、千恵さんがアンティークショップや蚤の市などで見つけてきた、時を経て使い込まれたものが多い

 

もともと、HUTTEの場所には「Yuge」という素敵な雑貨屋さんがありました(現在はHUTTEの隣で営業中)。「Yuge」のオーナーと「橙」時代から親交があった千恵さんは、「橙」の休業中に、「隣の店舗が空いたから引っ越して来ない?」と誘いを受けます。「そろそろカフェを再開したいなあ」と考えていた千恵さんが悟さんにその話をすると、当時は別の飲食店で働いていた悟さんも、「自分も一緒にやりたい」と言い、二人で新しいカフェをオープンすることを決めます。

 

ですが、すんなりオープンとはいきませんでした。空き店舗だった場所にはキッチン設備がなく、厨房設備をつけるには費用もかかり、一度はオープンをあきらめます。そんな時、キッチン設備を備えていた「Yuge」のオーナーから「それならうちと場所を変わってもいいよ」と嬉しい申し出があり、2014年の夏、玉川学園に「HUTTE」がオープンしました。

 

店内はこぢんまりとしながらも、二人がけでおしゃべりを楽しめる席、家族連れでもゆったりと座れるソファー席などがあり、どこに座っても落ち着ける

 

店名を「橙」から「HUTTE」へ変えた理由を、千恵さんに訪ねました。

「もともと私は登山が好きで、『橙』時代には休みの日に、夫も連れてよく山を登っていたんです。登山の後にいつも、山を降りたあとに余韻に浸れるカフェがあったらいいなあと思っていたのですが、なかなかそういうお店がなくて。それなら自分でそんなお店をやろうと、店名をドイツ語で「山小屋」という意味のある、「HUTTE」にしました」(千恵さん)

 

千恵さんは、外見はとてもふんわりとした可愛らしい女性なのですが、意外にも地元の山岳会に入るくらいの本格的な登山やアウトドア好き。現在は、ご近所のお店仲間たちも誘って、近郊の山に出かけているそう。

 

店内にある本棚には、登山関係の本がたくさん。「山に登ったあとに、ここで本を読みながら、登ってきた山のことを思い出して一息ついてくれるといいなあと思っています」と千恵さん。本のラインナップを見ても、千恵さんが本当に山好きなのがわかる

HUTTEの本棚には、登山以外にも、暮らし、食べ物、エッセイなど、コーヒーを飲みながら、じっくり読書をするのにぴったりな本が並んでいます。千恵さんの好みで時々本の入れ替えがあるのですが、私はHUTTEに来るたびに、真っ先に本棚を覗きます

 

HUTTEに置いてある雑貨や本など、インテリアに関するものは、全て千恵さんのセレクトです。イベント出店で出会ったり、陶器市で惚れ込んだ作家さんのものなどを置くことが多いそうです。

 

置いてある雑貨の一部。木の器やカトラリー、かやふきん、アンティークの雑貨など、どれも使いやすくセンスの良いものばかりで、ついついお財布の紐がゆるんでしまう

 

 

この日、厨房で忙しく働いていた店主の悟さんは、HUTTEで提供される料理やデザートなど、全てを担当しています。千恵さんがメニューを提案すると、悟さんがそれを形にしてくれるのです。

 

ある日のランチセット。「豚ロースの味噌カツセット」。メインの豚ロースの味噌カツに、新じゃがの胡麻和え、豆腐の木の芽味噌、カニかまとみつばのだし巻き卵、お吸い物、白玉だんごココナツみるく&あずきがけがついて1100円。これにドリンクがプラス200円でつく

 

以前は、「HUTTE」を悟さんに任せ、千恵さんは別の場所で仕事をしていたこともあったのですが、千恵さんが退いたあとは、なんとなく、お店のバランスが崩れてしまったそうです。周りからの助言もあり、千恵さんは仕事を辞め、HUTTEに戻ってきました。「やはり二人揃って、お互いが支え合ってのHUTTEなんだろうなあと思います」と笑顔で話してくれました。

 

デザートも全て悟さんが担当。定番メニューの「キャラメルバナナケーキ」380円。この他に、スフレチーズケーキ、パンケーキなどがある。甘さ控えめだがしっかりとおなかにたまって幸せ~

 

なんと、HUTTEのデザートは、このオーブンで焼いているとのこと! アンティーク好きの千恵さんがインターネットで見つけたもので「天火(てんぴ)オーブン」と呼ばれる、ガス台の上に直火で置いて、温度を調整して使うもの。使い込まれてとても良い味を出している。扱いが難しそうだが、「最初は失敗もありましたが、最近はコツを覚えたので、ほとんど失敗はないですね」と悟さん

 

「『HUTTE』で使う素材は、オーガニックなどにこだわってはいないですが、できるだけ地元の素材を使うことを心がけています。近くの野菜直売所などに仕入れにいって、ドレッシングなどもできるだけ手作りを心がけています」と千恵さん。

 

テイクアウト用の焼き菓子は、千恵さんが担当。スコーンやクッキーはどれも素朴で我が家の子どもたちもお気に入り

 

「HUTTE」で出されるアイスコーヒーは、水出し珈琲。「Oji」という日本の会社が作る水出し珈琲器具を使い、一秒に一滴の間隔でじっくり落とされる珈琲はきりっとしたコクがある

 

HUTTEでは、毎月第4日曜日に、同じく玉川学園でお店を出す友人たちと始めた「ニチヨウツキイチ」というイベントも行っています。こちらでは、普段お店で出していないお惣菜なども出品しているそうです。

 

「今はHUTTEの店先を使って仲間うちだけでこぢんまりと行っていますが、少しずつ商店街の中にも協力してくれる人たちが出てきました。いずれは玉川学園の商店街全体が賑わうような『ニチヨウツキイチ』ができると良いなあと思っています」(千恵さん)

 

HUTTEには、お店の外にも席がある。ちょっとした個室のようなこの席が私はお気に入り。アウトドア用のランタンがさりげなく置いてあるのが、登山好きの千恵さんらしい

 

最後に、千恵さんにHUTTEのこれからについて伺いました。

 

「今は二人でできることを無理しないでやっていこうと思っていますが、いつか、もう少し緑の多い場所で、一軒家を改装したような本当に山小屋のような『HUTTE』ができるといいなあと思い描いています」(千恵さん)

 

「わあ! それは素敵ですね!」と思わず声をあげた私に、千恵さんは続けました。

 

「そこまではまだ時間がかかりそうですが、まずはこのお店を、もっと山好きの人にも知ってもらえたらなと思っています。小田急線近郊の登山帰りの人が、ふらっと玉川学園に降りて、ここで登山の思い出話をしてくれたら嬉しいなあ」

そう言って穏やかに笑う千恵さんの話を聞いていると、HUTTEのアンティークのランプが山小屋のように暖かく店内を照らす中、登山好きの老若男女が登山話に花をさかせている絵が、私の目に浮かびました。

 

私の大好きなカフェ、HUTTE。これから雨が多くなる季節ですが、HUTTEを訪れて美味しいランチを食べたあとに、本をじっくり選び、ゆったりと読書にふける過ごし方など、いかがでしょうか? 登山に興味があったり、これから登山を始めたい方などにも、HUTTEの本棚が案内係になるかもしれませんね。

 

**とっておきの珈琲のお店とおやつ特集の記事一覧はこちら**

Information

HUTTE

東京都町田市玉川学園1-4-33-103

090-7236-5953

11:3022:00(16:0018:00は準備中)

日曜は11:3016:00まで

定休日 : その他臨時休業あり

変更がある時は、ブログにてお知らせします。

facebook  https://www.facebook.com/machidahutte/

BLOG  huttee.exblog.jp

ニチヨウツキイチ

毎月第四日曜日、HUTTEや協力店の店先で開催中。

ながたに 睦子
この記事を書いた人
ながたに睦子ライター/デザイナー
東京都町田市の里山風景が色濃く残る地域で、パンを焼き、絵を描き、デザインをする日々を送る。賑やか三姉妹と珈琲焙煎が趣味の域を超えた夫と楽しく暮らす。おっとり可愛い子リスのような容姿とは裏腹に、3児を育てながら保育士資格を取得するモーレツな一面も。趣味は里山歩きとキャンプ。
カテゴリー