暮らしに寄り添う服を見つけに たまプラーザ「annabelle」
心地のいい服って、どんなものでしょう。たまプラーザの隠れ家的なセレクトショップ「annabelle」(アナベル)を訪ね、店主の伊佐洋平さんにお店や洋服のこと、センスの磨き方をお聞きしました。日々の洋服との付き合い方や、ものの見方がちょっぴり変わるヒントをいただきました。

若いファミリーでにぎわう、東急田園都市線・たまプラーザ駅から徒歩5分。商店街の小道に、アナベルは静かにたたずんでいます。ずしりとした重みのあるアンティークの扉を開くと、そこは駅前の雑踏からかけ離れた10坪の別空間。ハンガー1本まで選び抜かれた美意識の行き届いたお店に、一瞬のうちに引き込まれます。アンティークの什器や内装のテイストは、フランスなのかイギリスなのか、はたまた日本なのか。伊佐さんの言葉を借りると、「どこにも傾倒していない、混沌とした感じ」。そこには、素材や着心地にこだわった、世界観のある日常着や服飾雑貨が、独特のただずまいで陳列されています。

店内のあちこちに、伊佐さんが骨董市や海外の知人らを通して仕入れた古道具が。ボーンボーンと古時計が時を刻む

都心のおしゃれなまちではなく、なぜたまプラーザに? そんな疑問を伊佐さんに投げかけました。

アナベルがたまプラーザに開店したのは、2012年3月のこと。伊佐さんが勤めていた会社を辞め、ずっと思い描いていた洋服屋を始めようと場所を探していたとき、「縁とタイミング」で出会った今の場所に決めました。このビルの「104号室」という数字には、運命めいたものを感じたそう。仕事場、住まいと三度も縁のあった部屋番号だったのです。

お店の前には、店名の由来となったアナベルの花が。6月の取材時はちょうど咲ききったころ

もともとは、ただのコンクリートの箱の状態だったという物件。店づくりは、建築用語で「ファザード」と呼ばれる、お店の「顔」となる正面の入り口をつくることから始まりました。特注のアンティークのドアに合う鉄の枠組みをつくり、年代ものの什器を一つひとつそろえました。開店時の商品の数は、いまの3分の1くらいで、ガラスケースには、伊佐さんが惚れ込んだ、けれども見る人によっては、ガラクタのような古道具も並べて売っていたそうです。何屋さんだろう。そのころアナベルを訪れた人は、そう思ったかもしれません。

今でも店内には国内外の”美しいガラクタ”たちが並ぶ

お金も思いもつぎこんで開店したお店でしたが、しばらくは厳しい日々が続きました。売り上げのない日が何日も続き、お店に誰も来ない日も。「丸2年、思い出したくないくらいギスギスしていました。やめるなら今かな、そんなことばかり考えていたので、精神的にもきつかったですね」。いまや遠方からもお客さんが訪れ、ファッション誌にも取り上げられる人気店のオーナーである伊佐さんから、そんな言葉が出たのは意外なことでした。

 

転機は3年目。『nid』という雑誌に取り上げられたことをきっかけに、お店を訪れるお客さんが、目に見えて増えました。地元からだけでなく、わざわざ電車に乗って。「やっていけるかな」と思い始めたのが、そのころだったそうです。好みはあれども、洋服好きの人が一度お店を訪れたら、その世界観は簡単には忘れられないはずです。磁力のあるお店ですから、お客さんがつくのは時間の問題だったのかもしれません。

 

アナベルでは今、15ほどのブランドを取り扱っています。お店を開くときに、どうしても置きたかったというブランド「ゴーシュ」の魅力を聞くと、なぜ彼らの洋服が素晴らしいのか、話してくれました。
「1年のうち、365日型紙をひいているようなデザイナーです。Tシャツ一つ送り出すのに、型紙をおこし、議論を重ねる。そこそこのクオリティで妥協することがないから、非の打ち所がないんですよ」。伊佐さんは、お店に置くブランドのデザイナーとは、必ず顔を合わせてから取り引きを始めます。アトリエに行き、仕事を見る。話をする。そうして、見えてくるブランドの個性があると言います。

オーナーの伊佐さん。もののよしあしを見抜く抜群の審美眼の持ち主

「ものには、作り手の人柄が出る。丹精だったり、几帳面だったり、大胆だったり。デザイナーの人柄が、ブランドの良さにつながっているからこそ、会うことを大事にしたい。ファッションは見た目、と思われがちだけど、作り手やバックボーンを含めて、その良さを伝えたいです。それを知っていないと、人には勧められないですし。レディース(の洋服)はあまりそういう売られ方をしていないけれど、お金を出して買うものだから、お客さんももっと知りたいはずなんですよ」

 

ファッション誌にもコーディネートを提案している圧倒的なセンスの伊佐さんに、センスのみなもとを尋ねてみました。

 

「お店でも骨董市でも、写真集でも、とにかくいろんなものを見ること。ただ見るだけじゃなくて、好き/好きじゃない/興味がない/いらない……。それをはっきりと線引きできる感覚を身につけていくと、自分の好みが分かってくるはずです。それが、その人の感性であり、センスをはっきりとさせてくれます」。伊佐さん自身、ものを見たときに、好き/嫌い を1秒もかからずに判断できると言います。それも、なぜか、という理由まではっきりと。

 

世の中では、安くて手軽に買える、使い捨てのファッションが主流になっています。それに比べると、アナベルの洋服は、価格は決して安くはないし、開店時から取り扱いを続けている洋服があるほど、一般的なトレンドとは一線を画しています。洋服の命、ということについてはどんなふうに考えているのでしょうか。

手前のパンツが、5年前に開店して最初に売れた商品。今も取り扱っている

「しわくちゃになるまで着倒したシャツや、着込んでぺらぺらになったニットを着ている人を見ると、かっこいいいなって尊敬します。それが自分のものになっているか、ということが、ものが成就したかどうかだと思います。若いころにそういう経験がないと、なかなか洋服の本質にたどりつけないまま、ポイポイと捨ててしまうことになる」

 

素敵だな、着心地がいいな、というシャツが3万円だったとして、値段が高いからとあきらめるのは残念だと伊佐さんは言います。「毎日着て、心地よくいられるなら高く感じない。10年着られたら高くないし、3千円のシャツを10枚買うよりも、気分もいい。高いからといって変にしまっておかず、とことん着てほしい」

 

そして、こんな問いかけをいただきました。
「自分にとって”楽な服”ってどんな服かな、って考えてみてください」

 

「洋服は着るものですから、着心地がよくて、トレンドに左右されることなく自分らしく着こなせ、気持ちよくいられるもの。そんなふうに、自分の生活に寄り添ってくれるものが、自分にとって必要な服です。ライフスタイルの近くにある感じ、ですかね」

さまざまなジャンルの企画展も開いている。3月には、森ノオトの裁縫講座で講師をお願いしている園田明子さんのブランド「sonor」の展示会があった

開店から5年を経て、たまプラーザの印象を尋ねると「礼儀正しいまち。ファッションで言うと、やっぱりコンサバかな。だからうちは少し浮いているのかもしれませんね」と笑います。

 

こんな哲学のあるオーナーのお店が、まちの魅力を一層高めてくれます。たまプラーザのとっておきのお店。自分にとっての本物の洋服を探しに、何度も扉を開きたい場所です。

Information

「annabelle」(アナベル)

住所:横浜市青葉区美しが丘2-20-1 美しが丘アレービル104

電話:045-482-4026

営業:11:00~20:00、水曜定休

HP:http://www.f6products.com/

オンラインストア:http://www.f6products.com/index.html

梶田 亜由美
この記事を書いた人
梶田亜由美ライター/スタッフ
地元・富山の新聞記者、ウェブやがん啓発関係の仕事を経て、出産後にライティングの仕事を再開。2016年から森ノオトの事務局スタッフとして編集部とファクトリーを担当。布小物とメディアを融合させた新しいものづくりに挑戦中。読書好きで、親子でくつろげるまちの古本屋さんを開くのが夢。
カテゴリー