愛を込めてリユースを! 2018秋~10/12(金)森ノオトガレージセール
とことん暑かった夏も終わり、朝晩と肌寒さを感じる日も出てきましたね。クローゼットの中身とにらめっこしている読者の方も多いのではないでしょうか。そんな季節の変わり目に、森ノオトのガレージセールを開きます。出品するのはナチュラル志向の子育て世代。秋冬物の子ども服から大人服、生活雑貨までお気に入りの何かがきっと見つかるはず。10月12日(金)は青葉台駅から少し足を伸ばして森ノハナレにGO!!

フリマは、森ノオトの数あるイベントの中でも特にリピーターの多い人気イベントです。スマートフォンのフリマアプリでリユース品を手軽に購入できる時代の中で、地域で顔の見えるだれかと、思い入れのある品々を通して交流できるのが、森ノオトのフリマの醍醐味です。地域にこうした場があることで、リユースが身近になり、単なる物のやりとりに終わらず、ゆるやかな人間関係も育まれていると感じています。

一昨年のガレージセールは大勢の人でにぎわった。ここで購入したキッチン雑貨、わが家で大活躍中

子育て期は、子どもの成長に応じて衣類のサイズが次々に変わっていくので、0歳と4歳の子どもを育てる私も森ノオトのフリマでどれだけお世話になったことでしょう。譲ってもらった洋服を見るたびに、その時に交わした会話やエピソードを思い返します。また、使わなくなったけれど思い入れのあるような、手放しにくいおもちゃや洋服も、この場なら、と気持ちよく送り出すことができています。

 

 

今回の会場は、森ノオウチに続く新しい森ノオトの拠点、森ノハナレ(横浜市青葉区鴨志田町)です。森のなかま(森ノオトのNPO会員)が出品者となり、子ども服やおもちゃ、絵本などの子ども用品だけでなく、大人の洋服や食器、インテリア雑貨など幅広いアイテムが並びます。ナチュラル志向で多彩な方々のお店で、どんな出会いがあるのでしょうか。私も出品者のひとりですが、今からワクワクしています。

 

 

ガレージセールに向け、出品者たちは自宅の片付けまっただ中です。ほんの少しだけ、どんなアイテムが出るかご紹介します。

 

出品者にはニット作家さんも。小学2年生の息子さんの洋服と大人服を中心に、ハンドメイド品も出品予定

 

 

子どもアイテムは、新生児のベビー服(60~70サイズ)から子ども服(90〜130サイズが中心)まで、さまざまなサイズが並びそう。このほか、子育てアイテムとしてベビーカーや絵本、漫画、靴、プラレールやお人形、子どものスキーウェアにも注目です。

 

大人服もシンプルなテイストのアイテムが並びそう

雑貨類も充実。ガレージセールならではのお宝探しを楽しんで。キッチンアイテムはお皿や電動コーヒーミルなどが出る予定

インテリア好きの森ノオト事務局スタッフが出す予定のパネルや花器にも注目

AppliQuéスタッフが出品するセンスのいい品々もお見逃しなく!

 

リユース品のほか、森ノオトの布のアップサイクルブランド、AppliQuéの展示販売もあります。今回はお手頃価格のアウトレット品やハギレが出る予定なので、ぜひ手に取って見てくださいね。

 

 

当日は、森ノオトエリアで人気急上昇中のパン屋さん「HYGGELIG」(ヒュッグリー、横浜市青葉区市ケ尾町)が、森ノハナレに出張店舗を開きます。丁寧に作られたおいしいパンをほおばりながら、おしゃべりを楽しみに遊びにいらしてください。ちょうどお散歩に気持ちがいい季節。お買い物の後は、森ノオトの情報も参考に鴨志田・寺家エリア「カモジケ」の散策もおすすめです。

 

 

・寺家エリア情報

http://morinooto.jp/tag/jike/

・鴨志田エリア情報

http://morinooto.jp/tag/kamojike/

 

Information

森ノオトガレージセール2018秋

 

日時:2018年10月12日(金)10:30~14:00

会場:森ノハナレ(横浜市青葉区鴨志田町818-3)

東急田園都市線青葉台駅よりバス10分、徒歩3分

アクセスの詳細はこちら(http://morinooto.jp/about/#access)

主催・問い合わせ:NPO法人森ノオト 電話 045-532-6941

 

*住宅街のため、お車での来場はご遠慮ください。公共交通機関か近隣のパーキングをご利用ください。

*小銭とマイバッグをご持参の上、ご来場お待ちしています!

 

梶田 亜由美
この記事を書いた人
梶田亜由美ライター/スタッフ
地元・富山の新聞記者、ウェブやがん啓発関係の仕事を経て、出産後にライティングの仕事を再開。2016年から森ノオトの事務局スタッフとして編集部とファクトリーを担当。布小物とメディアを融合させた新しいものづくりに挑戦中。読書好きで、親子でくつろげるまちの古本屋さんを開くのが夢。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく