子どもと一緒に遊ぼう、学ぼう!7月の子育て情報
シトシトシト……梅雨らしい天気が続いていますね。7月からは多くの場で活動が再開し、感染症対策に配慮しながら屋内外、オンラインでのイベントの開催も予定していますよ。親子で楽しめる場へ出かけてリフレッシュしませんか?

地域の子育て情報のコーナーは、毎月初旬の掲載予定です。掲載希望の子育て団体は、毎月15日ごろまで情報をお寄せください。

掲載条件は下記の通りです。

・営利・宣伝目的ではないこと

・子どもと一緒に楽しめる内容であること

・医学・薬学的な効果効能をうたう内容ではないこと

・イベント名を記載

・内容は100文字程度

・日時、参加費、申し込み方法、団体名を記載

・写真(横位置)1点を必ず添付

情報の受付先は event@morinooto.jp

件名に「子育て情報掲載希望」と書いて、毎月25日までに送付ください。

(内容によっては掲載できない場合もあります)

 

■子どものワークショップ「あそびの日&寺家のたんぼぼう」

 

 

青葉区寺家町の子どものワークショップでは7月5日(日)に月に一度、ソダチの森で誰でも参加できるあそびの日を開催します。当日すぐに参加できる体験プログラムもあります。また田んぼでの活動「寺家のたんぼぼうの日」を7月19日(日)に開催。親子で水辺の生き物調査をしたり、生き物を貸し出す「生き物図書館」もあります。この日は「あおぞら塾」も予定しています。感染症対策として両日ともに事前申し込みが必要です。寺家ふるさと村の空の下、親子でのびのび自然と触れ合ってみませんか。

 

「ソダチの森のあそびの日」

日時:2020年7月5日(日)10時~15時(雨天中止)

場所:青葉区寺家ふるさと村  ソダチの森

参加費:無料(有料プログラムも有)

持ち物:帽子・飲み物・感染症予防対策

申し込み先:mori@childws.com

http://www.childws.com/sodachino_sensi_jiafurusato_cun/sodachino_sen.html

 

「寺家のたんぼぼう」

日時:2020年7月19日(日)10時~15時(雨天中止)

場所:青葉区寺家ふるさと村 むじな池側

参加費:無料

持ち物:長靴・タオル・網・感染予防対策

申し込み先:toshiya@childws.com  件名に「たんぼぼう」を入力

http://www.childws.com/tanbobou/tanboboutoppu.html

 

「あおぞら塾」

日時:2020年7月19日(日)12時半~14時

内容:なりきりっこ ~カラダを使って生き物や自然になってみよう~

講師:おおたえこ(パフォーマー保育士)他

対象:年長~大人(年中以下は大人同伴)

持ち物:長靴・汚れても平気な服装で

参加費:1人500円

定員:15名ほど

申込み先:toshiya@childws.com  件名に「なりきり」を入力

いずれも参加者が不特定者とならないように注意するため、参加者希望者は、氏名・メール(連絡先)をそれぞれの申し込み先メールアドレスにお送りください。確認後に参加可能となります。

子どものワークショップ

http://www.childws.com/zidomonowakushoppu/zidomonowakushoppu.html

 

■こどもの国「ザリガニ釣り大会」

 

 

青葉区奈良町の「こどもの国」では7月から開園日が通常に戻り(水曜休園)、開園時間は9時半~16時半で営業しています。7月からは感染症対策をしながら限定的にイベントも予定しています。7月11日(土)・12日(日)には「ザリガニ釣り大会」を開催します。園内の白鳥湖やはす池で釣ったザリガニ、テナガエビの1匹の重さを競い、上位になると缶バッチのプレゼントも。お友だち同士や家族で、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

日時:2020年7月11日(土)・12日(日)13時~15時(雨天中止)

13時:大会ルール説明(ボート乗り場前テント)

*15時までに計量(計量場所:ボート乗り場前テント)

15時:表彰式

持ち物:凧糸、さきイカなどのエサ、ザリガニを入れるケースなど

事前申し込み不要

こどもの国HP

http://www.kodomonokuni.org

問合せ:045-961-2111

 

■青空保育ぺんぺんぐさ「あそぼう会&オンラインおしゃべり会」

 

 

NPO法人青空保育ぺんぺんぐさでは、外遊び体験会「あそぼう会」とオンライン「のびのび子育ておしゃべり会」を開催します。久しぶりの方も、遠方の方も、初めての方も、大きなお子さんのいるお母さんも、ぜひ参加してみては?

ーー

外遊び体験会「あそぼう会」

あれはダメ、これはダメ、と言わなくても大丈夫。同じくらいの年の子どもに刺激を受けて、自然に囲まれて、自由にのびのびと、その子のペースを大切に遊ばせてあげれば、心も体もぐんと育ちます。遊べるようになれば、お母さんの悩み事も不思議と解決することも多いのです。ひとりで子育てを抱えないで、おしゃべりも楽しみにいらっしゃいませんか。

*感染リスクを下げるため、5組限定(青葉区在住の方)で開催予定ですが、状況により定員を増やす可能性有り。

*参加者に体調をお聞きし、検温・アルコール消毒など用意して、お昼前に解散します。

 

日 時:2020年7月16日(木)9時45分~11時半

※コロナの状況下のため、雨天時や、体制が整わない場合は、13時よりオンラインに変更、もしくは中止となります。

場 所:青葉区 しらとり台第一公園(青葉台駅から徒歩7分)

対 象:生後8カ月から未就学児と保護者

参加費:500円(親子2人分の保険料含む。お一人追加ごとに+保険料100円)

持ち物:お茶・帽子・着替え・タオル・ウェットティッシュ・ごみ袋(雨カッパ)・大人は基本的にマスクの着用をお願いします

申し込み:前日朝10時までに、①お名前②お住まい③参加動機④お子さんの人数・年齢を添えて、下記メールへお知らせください。

aoba.penpengusa@gmail.com

ーー

 

オンライン「のびのび子育ておしゃべり会」

 

直接友だちと会い、ふれあうことが難しくなっている今、みなさん、子育てはいかがですか?ひとりで抱え込んでいませんか?子育てはひとりでは苦しくなるだけです。人は、本来群れで過ごす必要のあるいきものです。ほんの少しでも風穴をあけられたら、不思議なほど気持ちが軽くなります。今回は「ほんとうに友だちと遊んじゃいけないの?」をテーマに、みんなでお話していきます。テーマのほかに「ZOOMの使い方と楽しむコツ」「スマホをおもちゃにさせたくない人への、オンライン生活のヒント」「夏のおさんぽ、持て余さないコツは?」などもお話しします。ZOOMというオンライン会議システムは、スマホでもPCからでも、簡単におしゃべりが楽しめます。セキュリティへの対策もします。お友だちも誘っておしゃべりしませんか?

 

日 時:2020年7月9日(木)13時~14時

定 員:毎回10名ほど

参加費:無料

申し込み:前日朝10時までにaoba.penpengusa@gmail.comまで

詳しくはHPをご覧の上、お申し込みください。

    

主 催:NPO法人 青空保育ぺんぺんぐさ

HP:http://jisyuhoikupenpengusa.blogspot.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/AozorahoikuPenpengusa

Instagram:https://www.instagram.com/aoba.penpengusa/

 

■あおばおもちゃのひろば「おもちゃの貸出し&ひろば遊び」

 

 

あおばおもちゃのひろばでは、7月第3週からひろばを段階的に再開します。みんなで一緒に遊ぶひろばはまだ開催ができませんが、ひろばのおもちゃをおうちで楽しんでもらおうと、おもちゃの貸出しを始めます。7月17日・18日は2019年度下期の参加カードを持っているご家族が参加可能。参加カードを持っていない方、初めての方は7月31日(金)から参加可能です。ひろばでは手作りおもちゃから木のおもちゃまで、良質なおもちゃを揃えています。貸出し予定のおもちゃはHPから確認することができます。また気分転換にひろばで遊びたいという方には、1時間の予約制のゆったりタイムを開きます。おもちゃのひろばブログでは、おうち遊びの紹介もしているので参考にしてみてくださいね。

 

「おもちゃの貸出し」

日時:2020年7月17日(金)18日(土) 10時半~11時半、13時半~14時半

会場:市ヶ尾ひろば(ふれあい青葉内:青葉区市ヶ尾町1169-22)

対象:2019年度下期参加カードを持っている家族

*予約不要

*2家族までの入室

 

「ひろば遊び(予約制ゆったりタイム)」

日時:2020年7月17日(金)18日(土) 10時半~11時半、13時半~14時半

会場:市ヶ尾ひろば(ふれあい青葉内:青葉区市ヶ尾町1169-22)

対象:2019年度下期参加カードを持っている家族

申込み:参加日と参加回(午前/午後)、参加する家族全員の名前、連絡先を明記して前日までにyokohama.aobatoy@gmail.com へメールで申し込む。

*各回3家族までの予約制

あおばおもちゃのひろばHP 

https://sites.google.com/site/aobatoy/

あおばおもちゃのひろば日記 

https://aobatoy.exblog.jp/i7/

 

■地域子育て支援拠点ラフール&ラフールサテライト

 

 

青葉区の地域子育て支援拠点ラフールとラフールサテライトは、7月からひろばの利用予約方法、受け入れ時間帯が変更になりました。ラフール(青葉台)は引き続き予約制とし、ラフールサテライト(市が尾)は予約不要で利用できます。専門相談員による子どもの発育・発達やママの気持ちの相談ができる日があるほか、オンラインでの企画も多数予定されています。詳細はHPを確認してくださいね。

 

「ラフール(青葉台)のひろば利用」

時間枠:10時~12時半/13時半~16時

予約方法:

①電話・ひろば受付:利用日の前日(休館日の翌日は前の開館日)9時半~15時、電話045-981-3306

②ラフールHPの受付フォーム:利用日の前々日の夕方~前日の15時

申し込み多数の場合は抽選とし、結果は前日17時までにメールまたは電話でお知らせします。

 

「ラフールサテライト(市が尾)のひろば利用」

時間枠:午前の部10時~12時半、午後の部13時半~16時

予約不要。ただし密を避けるため入場を待ってもらう場合があります。

 

「オンライン企画」

・7月3日(金)0~6カ月の赤ちゃんのいる家族のおしゃべり会

・7月11日(土)ふたごみつご交流会

・7月15日(水)青葉区初心者マークの人おしゃべり会

・7月18日(土)プレママ・プレパパのおしゃべり会

時間:いずれも10時半~11時

場所:ZOOMを使用。どこからでも参加OK

申込み:ラフールHP内の申込みフォームより

・ラフールHP:https://lafull.net/index.php

・ラフールブログ:http://lafulog.sblo.jp

・ラフールサテライトブログ:http://lafusate.sblo.jp

・Facebook:https://www.facebook.com/lafull.aoba/

・Instagram:https://www.instagram.com/lafull_aoba/

 

■アートフォーラムあざみ野「親子のひろば」

 

 

アートフォーラムあざみ野の子どもの部屋では、「親子のひろば」が7月1日から再開しています。感染症予防のため、予約制として1日2回の入れ替えと定員を設けています。また毎週月曜(第4月曜を除く)・木曜・金曜・日曜はグループの活動に使うことができます。親子でのんびり過ごしたり、仲間と集まったり、情報交換などに利用してみてはいかがでしょうか。

 

「親子のひろば」

時間枠:火曜・水曜・土曜の10時~12時、13時半~15時半の2部制

定員:いずれも10組、25名まで

申込み:電話か来所で予約(前日が休館日の場合は日曜に受付)、当日受付も可能

利用料:300円(親子1組)

 

「親子のひろばグループの日」

グループの活動内容によって、貸切もしくは公開(参加希望の来場者を受入れる)を選んで利用できます。

利用時間:月曜(第4月曜を除く)・木曜・金曜・日曜の10時~12時半、13時~15時半

定員:いずれも10組、25名まで

利用料:親子1組400円

申込み:電話か来所で予約

 

「パパといっしょのひろば」

毎週土曜はパパといっしょのひろば。毎月第2土曜はパパの工作デイを開催しています。時間は10時半~12時、予約不要。

アートフォーラムあざみ野 子どもの部屋

https://www.women.city.yokohama.jp/a/nursery/

問合せ:子どもの部屋 045-910-5724

 

■こどもの杜「室内プール貸切り利用」

 

 

青葉区みたけ台にある「こどもの杜」では7月から室内温水プールの一般開放を開始しました。感染症対策として1時間1家族貸切りの予約制です。予約状況はHPからも確認できます。気になった方は早めの予約を!

 

利用時間:10時~11時、12時~13時、14時~15時

*予約状況はこどもの杜HP内の「7月のプール予約状況」から確認を

*各回の間に清掃・消毒を行います

利用料金:1人500円(入場料別途)

予約方法:電話にて受付(平日9時~17時)

こどもの杜HP

http://minpokyo.or.jp/kodomonomori/

問合せ:045-972-7700

森ノオト編集部
この記事を書いた人
森ノオト編集部編集部
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく