【4/20-27】「4月のめぐる布市」
森ノオトで毎月開催しているリサイクルファブリックマーケット「めぐる布市」。
自宅で出番を待っていたまま時が経ってしまった布や、使いそびれた手芸用品を新たな使い手につなぐ月7日間限定の手芸店です。4月の開催は、二十四節気の穀雨のころ。布棚もすっかり春物に入れ替わりました。何か始めたくなるワクワクする時期、新生活を装う布を探しに来ませんか。

めぐる布市は二十四節気にちなんで開催しています。次回4月20日(火)〜27日(火)の開催時期は、穀物を潤す春の雨が降るころ。工房のある森ノハナレの庭も、冬の間はどこに眠っていたのか、急にあちこちからかわいらしいお花が顔を出しています。

昨年の6月に手探りでスタートした“めぐる布市”。始めてみたら、たくさんの布好きさんたちとつながり、その輪は少しずつ広がりを見せています。

この布市をみんなで育て、輪を広げていきたいという思いを込めて、今回ロゴを作りました。

 

このロゴには、布の持つ柔らかさやリボンや糸のようなしなやかな動きのある形を忍ばせ、クラフトがもたらす遊び心を、文字の中にある重なりは「めぐる」ことで交差する人と人との縁の世界が表現されています。ロゴデザインは、サウナが大好きなイラストレーターのほりゆりこさん。

 

めぐる布市は小さなお店ですが、単に寄付布を安く購入できるだけではない、人と人、人とモノとをつなぐ場になるといいなと思っています。

 

さあ、今回の布市は、布棚を増設する予定です。

寄付布のお問い合わせがたくさん来ていたものの、届く布の量に整理が追いつかず、一旦受け入れを中断していましたが、やっと整理ができて、保管されている布の全貌が見えてきました。

その中には、この布あの人好きそうだなあ、見せてあげたいなあ……と常連さんの顔が浮かぶものも。そして、さらに今月から布の受け入れを再開するにあたって、布のめぐりを止めることなく、必要な人に届けていきたいなと思っています。

今回のテーマは「しましま・みずたま」
オーソドックスであまり主役を張ることがないので、今回はあえて主役にしてみました。なんだか音の響きもかわいいでしょ(笑)。
ど定番ですが、合わせやすく使いやすいのが、この「しましま・みずたま」。チェックもあります。

スタッフは、「このドット萌え〜」「この(縞の)幅ヤバイね」……もはや何を言っているのか意味不明なことも(笑)。

 

布好きさんたちの心くすぐる布たちを準備中です。

 

もちろん、しましま・みずたま以外にもたくさんの布たちが。(※こちら前回の布市の様子。今月の準備はこれからです)
寄付布の受け入れを先月末からゆるゆる再開したところ、少なくなってきていたリネンや長尺の布も入ってきた!また最新の布情報はSNSで紹介しますね

 

実は置く場所がなくて出せてない糸がまだまだたくさん。工房DIY担当が糸の置き場を増設計画中。さて、どうなるやら

 

今回のコラボは前半と後半で変わります。

毎回の楽しみになっているめぐる布市コラボ企画。
前半は、森ノオトでもファンが多い、Konitaさん。センスのよさで人気のお花屋さんです。お店はマンションの2Fという目立たない場所にありながら、いつ訪れてもお客さんが途切れず、お花が売り切れて今日は閉店、なんてこともしょっちゅう。今回は、スワッグやリースなどのドライフラワーがやってきます

 

後半は、まるなのこけしさん。毎回、小さなこけしにその季節、その場所らしさを、センスよく取り入れ唯一無二のかわいらしいこけしを生み出しているお二人。今回は、布市から発掘した布を使い、布市らしさを出した「めぐる布市こけし」がやってくる予定!

***

先月のめぐる布市は、「フラワー」をテーマに、花柄布を探したら……出るわ出るわ、ありとあらゆる花柄が。しかし、花柄の不変の人気ぶりたるや!スタッフの想像をはるかに超え、たくさんの花柄が旅立ちました

 

入園入学グッズにぴったりの布がたくさん届きました。
駆け込みで布探しにきた方や、LINEオーダーなどでも大活躍!今年は「工房の布で作りたい!」という方も多く、一緒に布選びをするのは楽しい時間でした。洗い替え用や上履き袋のサイズアップなど、いつでもオーダーを受け付けています。

 

3月のコラボはacuttiさん。素敵な木のシリーズやカゴが、大人気!
会期終了までにほとんどが旅立ちました。
店主圷(あくつ)さんもInstagramで見ていた優しく柔らかい雰囲気そのもの。またお会いしたいな。第2弾、企画しますね。

 

4月からは会期中のおやすみ日は土曜日になり、週末は日曜日に開催します。

これまで予定が合わなかった人も、ぜひお待ちしています。

 

 

Information

4月のめぐる布市」

【日時・申し込み方法】

420日(火)~27(火)*4/24(土)はお休み

10:00-11:3011:30-13:0013:00-14:30

新着情報は、Instagram(@applique.jp)で紹介しています。

前期コラボ(4/2023Konita@konita_flowers
後期コラボ(4/2527)まるなのこけし(@marunanokokeshi

まるなのこけしさん在廊日は4/25(日)、4/27(火)12:00~14:30

【申し込み方法】

申し込みフォームから、希望の時間帯をお選びください。

または、[email protected] 宛に、下記の内容を記載の上、メールにてお申し込みください。

・お名前

(同伴者のいる方は全員のお名前、お子様連れの方はお子様の年齢も添えて)

・電話番号

・駐車場希望の有無 ※駐車場は各枠先着2台です

・ご希望の日にちと時間帯

・お求めの生地や副資材のご希望

・入場料500円は事前のお支払いとなります。お支払い方法をお選びください。

(クレジットカード/銀行振込)

お電話でも申し込みを受け付けています。

布市申し込み専用電話:080-7531-8704

【会場】

森ノハナレ(横浜市青葉区鴨志田町818-3

東急田園都市線・青葉台駅よりバス10分、バス停より徒歩3

アクセスの詳細はこちらをご覧ください。

*駐車場ご利用の方は、必ず申し込みフォームで駐車場希望にチェックを入れてください。

【主催・問い合わせ】

NPO法人森ノオト AppliQué事業部

HPhttp://applique.morinooto.jp/

[email protected]

齋藤 由美子
この記事を書いた人
齋藤由美子AppliQué事業部マネージャー/ライター
森ノオトの事務局スタッフとして、主にAppliQuéのディレクションを担当。神々が集う島根県出雲市の田舎町で育ったせいか、土がないところは落ち着かない。家では「シンプルな暮らし」関連本が十数年にわたり増殖中。元アナウンサーで、ナレーターやMCとしての顔も持つ。小3女子の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく