住宅街の“セミパブリック”空間にある「みんなの図書館」
青葉区みたけ台の住宅地に、晴れた日の平日9時〜17時にひっそりオープンしている「みんなの図書館」があります。借りたい本の名前をノートに書いて、読み終わったら返せばいい。なんとも“ゆるやか”な図書館に、高齢社会で地域の多世代がつながっていくためのヒントが散りばめられていました。「みんなの図書館」を主宰する澤岡詩野さんを訪ねました。(トップ画像:堀篭宏幸)

ステイホーム期間中のメッセージとしてスタート

2020年春、私は「今日はどう過ごそう」とため息をつく日々を送っていました。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月に突然、全国の小中学校が休校になり、長女は学校に通えず、次女の保育園でも極力登園を自粛してほしいという通達を受けました。家庭で学習する教材も自分で探さなくてはならず、本を読もうにも駅ビルの本屋は休業だし、ただネットやテレビで時間をつぶすことは避けなければと、毎日朝起きてごはんを食べ、午前中のうちに散歩することを家族の日課にしました。青葉区の地図を広げて、複数の公園をめぐることをミッションに、なるべく新しい風景に出会うべく、いろんな道を歩きました。

「みんなの図書館」を見つけたのは、そんなある日の散歩中でした。戸建て住宅が建ち並ぶ青葉区みたけ台の一角で、家の門扉と道路の間にあるちょっとした空間に本棚が置かれていて、その中に30冊ほどの本が並んでいました。マンガ『日本の歴史』シリーズや、ディズニーキャラクターの絵本など、ジャンルも多様で、長女は「これ、妹が好きそう」と言って、何冊かを手に取りました。そして、貸し出しノートに借りる本の名前を書いて、家に持ち帰りました。「みんなの図書館」の家の表札の名前と、ノートの字に、見覚えがありました。「これは、澤岡詩野さんに違いない」と直感し、あえて連絡をせずに、それから何度かみんなの図書館に通いました。

 

2020年5月、長女と散歩中に見つけた「みんなの図書館」。当時は「本棚」を置いていた

私と澤岡詩野さんとの出会いは、2013年にさかのぼります。当時、藤が丘地区センターでは、地域に暮らす人たちが地域の人を講師に招き、まちの魅力を掘り下げる「街のパティシス」というイベントを開催していました。それまでシニア世代が主だった活動に、「縦」の目線を取り入れ、地元の高校生を巻き込んだ「地元の高校生と共に考える 青葉区からの社会貢献」という企画を仕込んでいたのが、詩野さんでした。

公益財団法人ダイヤ高齢社会研究財団主任研究員という肩書きを持ち、老年学を専門に高齢社会におけるまちづくりを研究している詩野さん。研究者といっても堅苦しさはまったくなく、柔軟な発想力と地域の課題を的確にとらえる彼女の視点に、私はすっかりファンになってしまいました。2013年以降、主にSNSと年賀状でゆるやかに交流を続け、「地域をフィールドワークする」目線に子育て視点も加わった詩野さんと、再びじっくり語り合いたいなと思っていました。

 

2021年が明けてすぐ、詩野さんと5歳の娘さんを、わが家にご招待しました。2020年末に、同じ団地内で引っ越しをした私は、長女・次女と読み継いだ絵本を60冊ほど手放すことにしました。リサイクルショップに持ち込むことも考えたのですが、「みんなの図書館」ならばきっと大切に受け継いでくれそうだと思い、まずは詩野さんにお声がけしたのです。「館長」こと5歳の娘さんはとてもハツラツとしていて、一つ年上の私の次女ともすぐに打ち解け、一緒にかくれんぼをしたり、館長が集めている椿の種をおもちゃにして遊び始めました。その間、私は詩野さんと一緒に、段ボール2箱にたっぷり詰めた絵本を手に取り、それぞれのストーリーの読み解き方や、絵本との思い出を語り合いました。そして、最後に詩野さんは「みんなの図書館では、本の入れ替えもしますし、すべていただきますね」と言ってくださったのです。どの本も、すべて思い出が詰まったものだったので、みんなの図書館に託すことができたのは、私には望外の喜びでした。詩野さんと絵本を一緒に読みながら語り合った時間も、大切な思い出になりました。

「みんなのとしょかんニュース」では、おすすめ絵本を紹介。わが家から贈った本のことが記されていて、うれしい気持ちになった

 

後日、私は改めて「みんなの図書館」を訪ねて、開設の理由や、1年経ってどんな効果を感じているのかを伺いました。

 

「昨年3月、最初の緊急事態宣言で、学校も、図書館も、公共施設もみんな閉まってしまいましたよね。居場所がなくなってしまった子どもたちに、あなたのこと、誰かが気にしているよという、メッセージを発信できるといいな、と思って」と、みんなの図書館開設の動機を語った詩野さん。一方で、同時期にあちらこちらの家で「お片付け」が始まり、たくさんの本が資源回収に出されていくのも気になったと言います。「いい本がごみとして出されていくのがしのびなくて。どうぞご自由に持っていってくださいとすればいいのに」と思ったそうです。ある時、娘さんが資源回収に出された本の家のあるじに「この本、もらっていい?」と声をかけ、詩野さんの蔵書に、いくつかの本がみんなの図書館に加わりました。図書館スタイルにすることで、貸し出す、返す、の双方向的なやりとりが始まりました。

「双方向にしたいけど、管理はやりたくない。だからノートに名前を書く必要もないし、返却日も設定せず、感想も求めず、もし本を持っていかれてしまったらそれでもいいや、くらいの気持ちでノートを置きました。結果的に、これまで本が紛失することもなく、ノートに落書きされることもなく1年経ちました。書かれているちょっとしたメッセージに気持ちが温かくなります。このノートがゆるやかなつながりを生んでいるのを感じます」と、詩野さん。

 

図書館と人をつなぐノート。歴史マンガをよく借りていた男性が、ある日「自分も地域で文庫をやっているんです」と、「ザ文庫」と書かれた小さなチラシを持ってきた。「地域にこんな人がいるんだ!」という発見と、その後の交流が生まれた


 

「セミパブリック」な領域としての「門扉と道路の間」

 

青葉区で育った詩野さんですが、社会人になってからは仕事に忙しく、「地域に根っこがない」と感じていたと明かします。さらに人見知りだというご自身の性格を分析し「地域の研究をしている自分が、巻き込まれない範囲」として設定したのが、「セミパブリックな領域」としての、門扉と道路の間の空間でした。

「道路(パブリック)と自宅(プライベート)の間にあるあのスペースならば、自分のテリトリーを守りながら、自分のペースで、何かを始められる、地域にタネをまくことができるかなと思って」

決めたのは「雨の日以外の917時に、毎日本を出すこと」だけ。これが、ステイホーム中に自分の生活リズムを保つことにもつながったし、詩野さん自身が「負担なくやれる範囲」だったのだと言います。

5月、各地を賑わせる「こいのぼり」行事が中止されたと聞いてやったのは、それまで家の中庭に飾っていたこいのぼりを、外から見える窓際に移動したこと。自分の部屋の中に飾っている小さな菊を、玄関先に飾ること。朝9時にみんなの図書館の箱を外に出す時に、目があった通行人に挨拶をすること。こうした小さな積み重ねによって、詩野さん自身が地域での「ゆるやかなつながり」を実感するようになったと言います。

仕事で各地の「まちづくり」「高齢者の居場所・活動づくり」をサポートしている詩野さんは、「地域デビュー」の喜びも難しさも目の当たりにするなかで、「自分の力を地域に還元!などというと重くなってしまうけれど、自分の大切にしていた本をセミパブリックな空間に置くだけで、誰かがその本を読んでみたいと思ったり、もしかしたら自分の本をここに持ってこようという気になる、そんなふうに誰かに勇気を与える拠点になれるとしたら、そこに力の循環を生み出せるんじゃないかなと思います」と言います。

 

2019年にスタートしたみたけ台の「みんなでつながるハロウィンパーティー」は、2020年は「かぼちゃにパーティーをさせる」をコンセプトに、人を集めずに実施。各家庭からかぼちゃを象ったビンを澤岡家の外階段に持ち寄った。翌朝、お菓子を詰めてかぼちゃは各家庭に帰っていったという

 

詩野さん自身が、「自分のできる範囲」を設定して始めた地域活動で、意識しているのは「ゆるやかなつながり」です。地域活動を始めると、さまざまな人とつながり、盛り上がり、次はこうしよう、ああしよう、と話がどんどん大きくなって、気づいたらがんばりすぎてしまう、疲れてしまう、というのは誰もが経験することではないでしょうか。

「ゆるやかに続けるコツは、自分たちが楽しいという原点に常に立ち帰れること。意図してゆるやかにやっていかないと、どんどんがんばる”“義務になってしまい、努力しなければ続けられないほどに負担が増えてしまいます。人間関係でいえば、知り合い以上、友だち未満がゆるやかな関係です。一過性だと顔見知りになりにくいので、地域の範囲は小さければ小さいほど遭遇率が高まります。ゆるやかな関係は、頻度を重ねないと維持できず、頻度を重ねることで顔見知りが仲間になったり、あるいは顔見知りのままということもあります。顔見知りをつくるタネ、つまり手段をどれだけ持っていられるが、かが、日常生活、ケの日を豊かにしていくカギとなります」と、高齢社会の研究者としてゆるやかなつながりの重要性を詩野さんは説きます。

 

娘さんと一緒にやっているフィールドワークは、自治会の掲示板に季節の折り紙を貼ること。シニアサロン中止の貼り紙を見て、ため息をつく高齢者の姿を見てひらめいた。「自治会にお願いして、近隣のシニアクラブの方々がつくった折り紙を掲示板に貼っています。貼り紙を見にきた人が折り紙に気づいて、ちょっと笑顔になる、それも“ゆるやかなつながり”づくりのための小さなタネまきです」

 

地域にはゆるやかなつながりが必要

 

私は、地域で子育てをするなかで、「親以外に、地域で頼れる大人がいっぱいいることが、豊かな子育て環境ではないか」という思いを持っています。その気持ちを詩野さんにぶつけたところ、こんな返事が返ってきました。

「百のつながりがあることが、自分にとってこの地域で暮らし続けるという原動力になりますよね。そも思いは一方通行ではダメで、自分も百人力の一つの力になることができるかどうかが大切です。私自身は地域とつながるのが苦手で、距離を置きたい人の気持ちがよくわかります。だからこそ、ゆるやかに、自分の距離感で地域とつながる、というのが大事。私にとっては、それがみんなの図書館と、こいのぼりと、掲示板だったのかもしれません」

 

「私はどうしても“ゆるやか”にはできないんですよ。いつもガッツリがんばっちゃう」という私に、「それぞれの“ゆるやかさ”は違うので、それが多種多様、ってことですよね。自分にとっての“ゆるやかさ”を決めておくといいですよ」と、詩野さん(写真:堀篭宏幸)

 

ある日、団地に咲く椿の花を見て、次女が言いました。

「あーちゃんの絵本、館長の家に行けば見られるかな」

「みんなの図書館では、本を借りることができるよ。あーちゃんの絵本ももう一度家で読むことができるよ」

そういって私は、これこそが詩野さんの言うゆるやかなつながりなのだな、と感じました。ゆるやかなつながりのタネが、子どもたちの心にもまかれ、芽を出そうとしている春です。

 

いつかこのストリート自体が「総合図書館」のようになればいいな、と夢を語る詩野さん。「あの家は歴史本、あの家は料理本、なんて、家ごとに個性が出たらおもしろいじゃないですか」

Information

澤岡詩野さんブログ

「老年学者 澤岡詩野のつれづれblog

http://blog.livedoor.jp/shinoshino8/

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/ローカルメディアデザイン事業部マネージャー/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく