【5/18-25】「5月のめぐる布市」
森ノオトで毎月開催しているリサイクルファブリックマーケット「めぐる布市」。自宅で大切にしまい込まれた布や、使いそびれた手芸用品を新たな使い手につなぐ月7日間限定の手芸店です。5月は「カットクロス祭り」!様々な布が集まるめぐる布市のカットクロスは多種多様。見ているだけでも楽しくなります。スタッフが一つひとつ組み合わせを考えながら束ねたカットクロス。きっとお気に入りが見つかりますよ。

めぐる布市は二十四節気にちなんで開催しています。次回518日(火)~25日(火)の開催時期は、二十四節気の「小満」の頃にあたります。

あまり聞き慣れない小満ですが、木々が青々しく万物の成長する頃……なのだとか。たしかに、4月の頃より緑が深まってきたなあと感じるこの頃。昨年の6月からスタートして以来、毎月この二十四節気の暦を確認しながら1年がめぐっています。

 

今月の布市は「カットクロス祭り」です。

たくさん届いている布の山の中から、カットクロスサイズの布を抜き出し、一つひとつアイロンをかけサイズを整えて畳み直し、組み合わせて束ねます。

 

意外と手間がかかっていて準備が大変なのだけど、でも、この作業とても楽しい。これは!と思える組み合わせがピタッとはまると「やった!」と。ちょっとにやっとしてしまう

 

カットクロスを使ってスタッフが製作した作品も紹介

 

みなさんも、布を使って作ってみたらぜひInstagramの「@めぐる布市手芸部」で教えてくださいね。

 

もちろん、カットクロスだけではなく、布棚にはまた布を新たに届いた布たちを順次並べます

 

5月は詰め放題コーナーをバージョンアップしたいと画策中です。

 

毎回のお楽しみとなってきたコラボ企画。

今月のコラボは、知る人ぞ知る「素菓子みむら」さんです。

 

鴨志田のおうち工房で作る三村桂さんのお菓子は、一度食べるとやみつきに。
素朴なのに、なぜだか忘れられない味でまたすぐ食べたくなる。口が覚えてしまうのかなあ

 

本音は、紹介したくない。競争率が高まって自分たちが買えなくなってしまうから。でも、それと同じくらい紹介したい。本当にスタッフみんながお勧めできる自慢のお菓子なので

 

みむらさんからはこんなコメントが。

「まだメニューは確定していませんが、全粒粉レーズンサンド、クッキーセット、ロールケーキ(新茶/レモンなど)、季節のタルトや全粒粉ケーキ、小豆ショコラを予定しています。お子さまへのお土産にもぴったりな、ゆるいいきものクッキーもいろいろお持ちします!」

おたのしみに!

 ……………………….

 

先月のめぐる布市は、増設した布棚が遺憾無く力を発揮!補充しても補充しても布がどんどん旅立っていった

 

 

Konitaさんのお花とまるなのこけしのこけしさん。布市期間中、毎日がわくわく。会期中にリピートしてきてくれた方も何人か。多い方は3回も足を運んでくれて、うれしかったな


 

まるなのこけしさんから、布市にこけしをプレゼントしていただき、さらに「めぐるくん」と命名してもらいました。ちょっとバカ殿っぽくて憎めないかわいさ。これから布市スタッフとして工房で癒し係を担当しますので、どうぞよろしく!


 
では、森ノハナレでお会いできることを楽しみにしています。

Information

5月のめぐる布市」

【日時・申し込み方法】

518日(火)~25(火)*5/22(土)はお休み

10:00-11:3011:30-13:0013:00-14:30

新着情報は、Instagram @megurununoichiで紹介しています。
素菓子みむら @sugasiya

【申し込み方法】

申し込みフォームから、希望の時間帯をお選びください。

または、[email protected] 宛に、下記の内容を記載の上、メールにてお申し込みください。

・お名前

(同伴者のいる方は全員のお名前、お子様連れの方はお子様の年齢も添えて)

・電話番号

・駐車場希望の有無

・ご希望の日にちと時間帯

・入場料500円は事前のお支払いとなります。お支払い方法をお選びください。

(クレジットカード/銀行振込)

お電話でも申し込みを受け付けています。

布市申し込み専用電話:080-7531-8704

【会場】

森ノハナレ(横浜市青葉区鴨志田町818-3

東急田園都市線・青葉台駅よりバス10分、バス停より徒歩3

アクセスの詳細はこちらをご覧ください。

*駐車場ご利用の方は、必ず申し込みフォームで駐車場希望にチェックを入れてください。

【主催・問い合わせ】

NPO法人森ノオト AppliQué事業部

HPhttp://applique.morinooto.jp/

[email protected]


LINEはじめました】

お友達登録してくださいね。

https://lin.ee/1ngwCix

齋藤 由美子
この記事を書いた人
齋藤由美子AppliQué事業部マネージャー/ライター
森ノオトの事務局スタッフとして、主にAppliQuéのディレクションを担当。神々が集う島根県出雲市の田舎町で育ったせいか、土がないところは落ち着かない。家では「シンプルな暮らし」関連本が十数年にわたり増殖中。元アナウンサーで、ナレーターやMCとしての顔も持つ。小3女子の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく