電気自動車を運転できる! レンタカーでEV体験。

 

神奈川県では電気自動車(EV)を普及するために、松沢知事自らが音頭をとって「EVイニシアティブかながわ」を推し進めています。

これは、家庭や企業でEVを導入する際に県が補助金を出し、EVの普及を進めていこうというもの。

高速充電器の設置箇所も着々と増やしており、EVが生活に浸透してくる未来もそう遠くはなさそうです。

 

(神奈川県のホームページ「かながわのEVへの挑戦)

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/taikisuisitu/car/04ev.html

 

とはいえ、EVの値段はまだまだ高く、走行距離や充電インフラへの不安から、購入には二の足を踏むという人も多いはず。

でも、一度でいいからEVを運転してみたい……ですよね!

 

そこで、神奈川県では誰でも気軽にEVを体験できるよう、「EVシェアリングモデル事業」を実施しています。

端的に言えば、「EVをレンタカーで借りて運転できる」というもの。

スバルのプラグインステラは3時間3150円(ニッポンレンタカー横浜東口営業所、新横浜駅前営業所、鎌倉営業所で貸し出し)、三菱のi-MiEV(アイミーブ)は3時間5250円(マツダレンタカータイムズステーション横浜関内店)で、それぞれ貸し出ししています。

 

(EVシェアリングモデル事業については)

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/taikisuisitu/car/04ev/0436/0436sharing.html

 

新横浜は森ノオトエリアですし、金額も安いのが魅力ですよね。ぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、以前キタハラが環境メディアで書いた、神奈川県のEV普及策についての記事は、こちらをご覧ください。

http://premium.nikkeibp.co.jp/em/report/107/index.shtml

 

この記事を書いた人
北原まどか理事長/ローカルメディアデザイン事業部マネージャー/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく