絵の具でペタペタ。全身でアートを楽しむ。
我が家の一日は、4歳の動き盛りの息子と「今日はどこい行こう?」と話すことから始まります。
体を使って遊ぶのもいいし、時には絵を描いたり芸術にふれるのもいい。そんな時、気軽に思いっきり絵の具遊びが楽しめる恰好の場所があります。(Text:末吉真由華)

あざみ野駅から徒歩5分のところにある「アートフォーラムあざみ野」は、駐車場完備、広いトイレや水のみ場、遊びの部屋もあるので、小さな子どもがいても安心して長居できる施設です。

その3階で、月3度ほど開催されている「親子のフリーゾーン」は、「自分でやってみる」を子どもに体験してもらう造形の広場です。

 

 

息子は到着するなり、即座に靴を脱いで絵の具ゾーンへ。ここでは、赤、黄色、白、青の4種類の絵の具を用意してくれていて、スタッフが子どもたちに「どの色がいい?」と希望を聞いてくれます。息子は、早速青と白の絵の具をコップに注いでもらいました。

 

「母ちゃん、水色になったよ! 電車の窓を描こう」と、おおはしゃぎでガラスに向かいます。

 

お友達が先に書いていた別の色と息子の筆がうっかりクロスして、想像もつかなかった新しい色が生まれました。そんなことがきっかけで、親子の話も一層弾みます。

 

 

私も必ず絵の具まみれになります。足の裏に絵の具を塗って足型をペタペタ。

 

「母ちゃんの足大きいね。僕もいつか追い抜くぞ」なんて話をしているうちに、あっという間に時間がきてしまいました。

 

 

主催者の横浜市市民ギャラリーあざみ野は、子どもを中心としたイベントを数多く企画運営しています。

 

フリーゾーンも、なかなか家ではできない「思いっきり絵の具や粘土で遊びたい(遊ばせたい)」という親子の思いを現実にしてくれました。

 

他にも、粘土遊びを楽しむゾーンや、紙とはさみで遊べるゾーンを設けています。いずれも参加無料で予約の必要がないので、気まぐれに遊びにいけるのもいいですね。

 

今年の開催日は、

9月22・26日、10月6・13・20日、11月10・24・28日、12月8・19・22日、いずれも10:00〜11:30開催で、小学生以下の親子が対象です。

 

他にも、申し込みと参加費が必要なイベントが盛りだくさんなので、興味のある方は下記のホームページをチェックください。

10月31日(日)は、10時から「アートフェスティバル2010」が開催されます。その中の「アート縁日」に、私と主人が「木のおもちゃ」で出店する予定です。近づきましたらまた森ノオトでご案内しますね!

この記事を書いた人
ライター卒業生ライター卒業生
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく