今年のクリスマスはお菓子のおうちを作ろう!
お菓子の家はクリスマスの風物詩。童話に出てくるようなお菓子いっぱいの家に憧れたことありませんでしたか? 子どもたちの自由な発想で夢いっぱいのオリジナルのお菓子のおうちを作れるイベントが、青葉台にある「Tonttuの工房」で開催されます。(text、photo:大西香織)

 

子どもがひとりでお菓子のおうち作りにチャレンジ

 

青葉区若草台にある小学生を対象にした絵画・美術教室「Tonttuの工房」。Tonttu(トントゥー)はフィンランド語で「地の精」「建物の精」のこと。とんがり帽子をかぶった小人の姿をしていて、サンタクロースと一緒に暮らしています。クリスマスプレゼントのおもちゃを作るなど、サンタのお手伝いをしているようです。

 

そんなクリスマスにご縁がありそうな教室で、スペシャルイベント「Tonttu(トントゥ)のおかしのおうちを作ろう!」が12月22日(月)、23日(火・祝)、24日(水)に開催されます。工房の生徒さんだけでなく一般の方でも参加できるイベントで、今回は2年ぶりの開催ということもあり、「待ってました!」の声もあったようです。今年は小学生に加えて、幼稚園年長からも参加できます。

 

高さのあるお菓子のおうち。牛乳パックを芯にして、崩れない工夫がしてある

 

スペシャルイベントでは、一人ではじめから最後まで丸ごと一軒のおうちを建てます。子どもだけでおうちをイメージして組み立てていく機会はなかなかないのではないでしょうか。困ったら、工房主宰の佐々木暁子さんからアドバイスしていただけます。子どもたちのたくさんの思いをのせて、夢の世界が形になっていく様子は、想像するだけでワクワクしますね。

 

クッキーやウエハース、チョコレートなど用意されたたくさんのお菓子をアイシングでつけていきます。思い思いの甘くておいしい家は持ち帰りでき、飾ったり食べたり、ゆっくりおうちで楽しめます。子どもの帰りを待っている家族も楽しみですね。

 

お子さんのつくった「おかしのおうち」と一緒に、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね♪

Information

「Tonttu(トントゥ)のおかしのおうちを作ろう!」

開催日:12月22日(月)16:00-18:00(※満席)

12月23日(火・祝)10:00-12:00(※残席わずか)、14:00-16:00(※残席わずか)

12月24日(水)15:00-17:00(※満席)

定員:各回10人程度

対象:幼稚園年長から小学校6年生まで

受講料:2,500円

持ち物:牛乳パック(1000ml)1本(よく洗い乾かしたもの)、持ち帰り用の袋、エプロン

申し込み方法:tonttu568@docomo.ne.jp

メールにはご希望の日にちと時間(第一、第二希望日)、お子様のお名前、学年、保護者様のお名前、ご住所(町名まで)、お電話番号をご記入ください

残席はわずかですのでお申し込みはお早めに。残席状況など詳しくは教室ホームページをご覧下さい。

この記事を書いた人
ライター卒業生ライター卒業生
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく