【12/14-21】「12月のめぐる布市」
森ノオトで毎月7日間限定で開催しているリサイクルファブリックマーケット「めぐる布市」。11月の開催が終わった途端に12月のお申し込みがスタートするという、なんだかとても師走らしい慌ただしさとなりました。
今月は、編み物にまつわる糸や道具など「毛糸」をメインに、引き続きクリスマスムードたっぷりの布市をお届けします。

ここのところ、初めて布市に予約する方からよく聞かれるのが「特集以外のものもあるんですか?」という質問です。

答えは「もちろん!」

 

布市は、様々な布や手芸用品が所狭しと並ぶ小さな手芸店です。

並んでいるのは、新品ではなく、使いそびれて眠っていた布や、生活スタイルの変化などにより使わなくなってしまった手芸用品など寄付で届いたモノたちです。

全部並べて出したいのですが、場所も広くはないので、なるべくまんべんなく色々な種類を出しつつ、入れ替えをしています。

その会場の中の真ん中のメインテーブル!ここがその月のメイン企画のコーナー。

たくさんあるものの中で、スタッフのおすすめや、シーズンごとにテーマをきめて、メインテーブルを使ってその月の特集という形で光を当てます。

 

12月の布市の主役は、「毛糸」です。

編み物だけではなく、色々な楽しみ方ができる「毛糸」。

 

何かを編もうと同じものをたくさん買ったまま手つかずのセット、作品を作るには少ないけど、お人形の髪の毛や、小さな小物を編んでみたり、ボンボンを作ってクリスマスのオーナメントにしてもかわいい

ちょっとした工夫とアイデアで子どもも大人も楽しめる毛糸を特集します。

 

先月大人気だったウール特集。今月もウールは健在です!

 

これはスタッフが作って「もう、超!超簡単だから!」との言葉に背中を押され作りたくなったウールのバッグ。(作りたくなったのであって、まだ作っていませんが……)50cm幅あればできますよ

 

入園、入学グッズにぴったりの布や素材がたくさん!布だけ選んで製作はおまかせ!なオーダーもおすすめです!

 

この時期限定発売のぬか袋カイロ

 

布市会場では、モノづくりが好きな方が多いからか、完成した商品よりも、自分の好きな布で作れるるぬか袋キットの方がよく売れます。しかし、完成品は、寒い日にすぐに使える!という利点も。どちらもカイロの中身は、はやし農園さんが丹精込めて作ったお米のクズ玄米とヌカを分けていただき、天然素材のみでできています。せっかちな私は、出来上がった製品を毎年購入する派。

 

クリスマスプレゼントに、こんなワクワクするセットはいかが?

完成形は自由自在。何を作ろうかな、と想像する時間も一緒に楽しんで。現在、クリスマス限定キットはサンカクサンタのプレゼントつき!お子さん、お孫さんへのプレゼントにいかがですか?

 

今月のコラボは、ニットお直しの「繕う心」さん。

セーターなどの穴やほつれ、あきらめて捨ててしまったことってありませんか?

 

繕う心のひろさんは、そんな穴やほつれをきれいに修復するという技術を持つニットお直し専門で活動する作家さんです。

 

ひろさんは、服飾の専門学校でニットを学び、ニットメーカーに勤めた後、結婚を機に退職。専門学校時代の恩師が開いたオーダーのお店を手伝いながらお直しの依頼を受けたり、現在はご近所のクリーニング屋さんをはじめ、口コミでお直しをお受けしています。ニットのお直し専門の方は少なく、利用した人の口コミで広がっています。

 

これまで、ダーニングなど、穴を逆に生かしてデザインにしてしまうというお繕いをワークショップで開催したことがありましたが、ひろさんのお直しは、まるで穴がなかったかのように、きれいに修復されてしまうのが特徴です。

 

本人曰く「全く元に戻るわけではないことはご了承を」とのことですが、ほとんどわからない!

 

「お気に入りを繕いながら大切に着続けることで、より愛着が増す。今あるものを大切にしたい布市の考え方とも通じるものがあると思う」というひろさん。

期間中、穴あき、ほつれのニットをお持ちいただければ、その場で、もしくは預かって修復をしていただけるとのこと。在廊日にぜひお持ちくださいね。1穴2000円からお見積もりし、その場でお直ししていただけます。

※時間がかかる場合は後日郵送(送料着払い)もしくは、工房での受け取りも可能です。

 

今月の布市は、布市初参加のお友だちと一緒に参加すると、ご本人とお友だち、どちらも参加費無料!という、お得なキャンペーンを実施します。

ぜひ、まだ布市に参加をしたことがないお友だちを誘って一緒にいらっしゃいませんか?

12月の布市も、盛りだくさん!工房でお待ちしています。

Information

12月のめぐる布市」

【日時・申し込み方法】

1214日(火)~21(火)*12/19(日)はお休み

10:00-11:3011:30-13:0013:00-14:30

「繕う心」在廊日:12/14,15,17,18,21
参加費:500円(前払い、森ノオトサポーターは無料)

新着情報は、Instagram @megurununoichiで紹介しています。

繕う心 @tukurou_cocoro funwari_yururi

【申し込み方法】

申し込みフォームから、希望の時間帯をお選びください。

または、event@morinooto.jp 宛に、下記の内容を記載の上、メールにてお申し込みください。

・お名前

(同伴者のいる方は全員のお名前、お子様連れの方はお子様の年齢も添えて)

・電話番号

・駐車場希望の有無

・ご希望の日にちと時間帯

・入場料500円は事前のお支払いとなります。お支払い方法をお選びください。

(クレジットカード(JCBは対応していません)/銀行振込)

お電話でも申し込みを受け付けています。

布市申し込み専用電話:080-7531-8704

【会場】

森ノハナレ(横浜市青葉区鴨志田町818-3

東急田園都市線・青葉台駅よりバス10分、バス停より徒歩3

アクセスの詳細はこちらをご覧ください。

*駐車場ご利用の方は、必ず申し込みフォームで駐車場希望にチェックを入れてください。

【主催・問い合わせ】

NPO法人森ノオト AppliQué事業部

HPhttp://applique.morinooto.jp/

event@morinooto.jp

…………..

LINE登録はこちら】

お友達登録してくださいね

https://lin.ee/1ngwCix

この記事を書いた人
齋藤由美子AppliQué事業部マネージャー/ライター
森ノオトの事務局スタッフとして、主にAppliQuéのディレクションを担当。神々が集う島根県出雲市の田舎町で育ったせいか、土がないところは落ち着かない。家では「シンプルな暮らし」関連本が十数年にわたり増殖中。元アナウンサーで、ナレーターやMCとしての顔も持つ。小3女子の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく