あざみ野ぶんぶんプロジェクト勉強会。鷺沼発電所を見学してきました。
リポーターの中島美穂です。いまだに収束していない東京電力福島第一原発の事故を経験し、多くの人の注目を集めているのが再生可能な自然エネルギー。森ノオトエリアに小さな水力発電所があることをご存知でしょうか。9月27日(月)、私もメンバーの一員として活動しているあざみ野ぶんぶんプロジェクトの勉強会で、鷺沼のマイクロ水力発電所を見学してきました。(text:中島美穂)

「足下からエネルギーシフトを」を合言葉に活動しているあざみ野ぶんぶんプロジェクトの第3回勉強会。この日のテーマは「身近にある自然エネルギーの発電所を見学に行こう!」。最初に山内地区センターでレクチャーを受けました。

講師は、東京発電株式会社水力事業部の富澤晃さんと濱田督子さん。

「水力発電というと、みなさんはどちらをイメージしますか?」

水車の写真と巨大なダムの写真を比較しながら始まった富澤さんのレクチャー。富澤さんは時々ユーモアを交えながら、とてもわかりやすくお話をしてくれました。

出力規模が1,000kW以下の小水力・マイクロ水力発電は、上下水道や農業用水など他の目的で整備されている水の流量や落差を活用して発電します。発電のために大きなダムを造る大規模水力発電施設のように、自然破壊を伴うような開発をすることもなく、小規模の水力発電は既存の設備に後から発電設備を付け足すため、ローコストでつくることができます。水の運用に関しても、上下水道や農業用水の本来の目的である水利用を妨げることがないようにつけられているそうです。

また、風力や太陽光発電に比べて、天候や風向きによって発電量の変動がないため安定した電力の供給ができるうえ、CO2の排出量も少ないため温暖化対策にも有効だということです。

レクチャーを受けて参加者のみなさんの関心が高まったところでいよいよ、発電所に移動です。

 

マイクロ水力発電所は鷺沼駅から徒歩5分ほどのことろにあります。

 

元は鷺沼プールがあった場所です。跡地は鷺沼ふれあい広場、フロンタウン鷺沼(フットサル場)として生まれ変わり、川崎市立土橋小学校となごみ保育園、高齢者施設が併設しています。発電所は土橋小学校の敷地に隣接しています。

鷺沼発電所は川崎市水道局の鷺沼配水池の敷地内にあり、浄水場から流入している水を利用して発電しています。発電所の出力は90kW、年間発生電力量は55万kWh。これは一般家庭およそ160軒分の電力量に相当するそうですが、すべて東京電力に売電されています。

実は私は昨年の夏、この場所にある「カッパーク鷺沼」のレポートを書きましたが(http://morinooto.jp/2010/08/26/kappark/)、発電所があるなんて気がつきませんでした。それほど小さな施設で驚きました。

 

マンホールの蓋を開けて中も見せていただきました。

 

隣は土橋小学校の敷地で、昼休み時間中の子どもたちの笑い声が聞こえてきました。小学校の隣に発電所があることで、子どもたちもエネルギーについて身近に感じることができるのではないでしょうか。

 

写真では光が反射して中が見えづらいのですが、上水道のパイプにバイパスのように横軸プロペラ水車の発電機がつけられています。万が一停電したときは自動で電力系統から切り離すので、水道の運用には影響がありません。

 

「発電のための水車は各水道施設に合わせて設計するので、水車をつくるのに約半年から1年、設置に数ヶ月かかります」と濱田さんが説明してくれました。水車の設計から設置までおよそ2年。電気をつくるには高度な技術が必要なのですね。

 

こちらは売電して電力系統に発電した電気をのせるために電圧を上げる変圧設備。400ボルトの電圧で発電した電気を6600ボルトまで上げるのだそうです。「この2m四方の建物に変圧装置を収めたのはとても画期的なことなんですよ」と濱田さん。何気なく目にしていた設備にも優れた技術力が駆使されていて驚きました。

 

普段はなかなか見ることのできない施設に、参加者のみなさん興味津々。事前にレクチャーを受けていたこともあって、解説をしてくれた濱田さんへ積極的に質問していました。

自然エネルギーが生まれる場所を見学し、環境に負担をかけない電力でつくる未来への希望を感じてワクワクしました。

「コンセントの向こう側」……自分たちが恩恵を受けている電気がどのようにつくられているのか。そもそも私たちの暮らしにこれほどたくさんの電気が必要なのか。子どもたちに残したい未来の姿を描いて、そこに向かうための道筋を考えていきたいと思いました。

Information

東京発電株式会社HP

http://www.tgn.or.jp/teg/

あざみ野ぶんぶんプロジェクトBlog

http://azaminobunbun.blogspot.com

キタハラマドカが以前書いた小水力発電に関する記事。

鷺沼発電所も取材しています。

http://premium.nikkeibp.co.jp/em/report/166/index.shtml

ライター卒業生
この記事を書いた人
ライター卒業生ライター卒業生
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく