田奈駅徒歩0分!青葉区区民活動支援センターってどんな場所?(後編)
田奈駅すぐそばにある青葉区区民活動支援センター。駅近で、ミーティングや勉強会などで場所を使えて、コピーや大量の印刷ができるリソグラフや裁断機を利用できて、時には機材の貸し出しも……! 市民活動に便利なこの場所、いったい何ができるんでしょう?(2018年8月1日に田奈から青葉区役所内に移転しました)

田奈駅を降りてすぐ、青葉区区民活動支援センターに行くにはこのアーチをくぐる

 

前回ご紹介したこちらの記事。

田奈駅徒歩0分!青葉区区民活動支援センターは「あおばのまち活コンシェルジュ」!(前編)

青葉区区民活動支援センターの機能や仕組みを紹介したリーフレットの編集プロセスをお伝えしました。

では、実際、青葉区区民活動支援センター(以下、センター)ってどんなところなんだろう? そんな疑問をもった方々に、リーフレットに沿ってご紹介したいと思います。

センターがあるのは、東急田園都市線田奈駅を降りて改札を出て左、駅に隣接した建物にあります。年末年始と毎月第4日曜日以外、朝9:00から夜21:00(日・祝は17:30)まで開いていて、様々な市民活動の場として活用できます。

同じ建物の中には、青葉国際交流ラウンジや、東急沿線のまちづくりの歴史がわかる多摩田園都市まちづくり館があり、毎年11月に開催されるセンター祭りは国際色・郷土色豊かに多くの人で賑わいます。

青葉区の地域振興課の事業の一つとして、区民活動が活発に行われることを支援する組織・施設と言えるでしょう。

 

<機能その1 青葉区の市民活動の情報発信・相談窓口>

 

入口を左に曲がると支援センターの窓口が。ちなみに奥は別組織・国際交流ラウンジ

 

例えば、サークル活動をしたい、ママ友をつくりたい、ボランティア活動をしたい、生涯学習の情報がほしい……そんな時は、センターを訪れると、たくさんのチラシが配架されており、自分に合ったものを選ぶことができます。

職員の方に相談をすれば、学習計画や活動方法をアドアイスしてくれ、ほかにも登録しているサークルや講師の紹介、近隣の公共施設の紹介などをしてくれます。

 

<機能その2 自分の活動の広報・PRをサポート!>

 

『青葉あしすと』では市民活動の情報を募集している

 

毎月1日に発行している生涯学習情報誌『青葉あしすと』に、イベント情報などを告知してくれます。締切は前月10日。『青葉あしすと』は公共施設や駅などにも配架されるので、告知力は強いですね!

また、センター内のPRボード(掲示板)や情報コーナーに、イベントの告知や会員募集などのチラシを設置、掲示できます。センターには市民活動に関心の高い方が集まるので、お仲間をゲットしやすいかもしれません。

 

<機能その3 サークル活動の場や、機材を借りられる!>

 

ミーティングや会議、活動にさまざまなタイプの部屋を利用できる

 

わたくしキタハラもよく利用するのですが、12席のミーティングコーナーや、打ち合わせスペース(26席)、会議室1-5(18-36名定員)など、打ち合わせや活動場所として利用できます。ただし、会議室はとても人気が高いのと、定期的な活動団体(音楽やダンス、言語などの教室)で埋まっていることも多いので、早めに予約する方がいいですね。

ほかにも、10円コピーやリソグラフ(版下をつくって大量に印刷する場合に適している)、紙折機や裁断機を利用できる作業室があり、手づくりチラシの印刷には重宝!

活動団体として登録すると、貸しロッカーや連絡ボックスを使えるので、センターを拠点にする団体はとても便利ですね。それから、市立図書館の本の貸し出し・返却もできるんですって!

 

機材の貸し出しサービスは実にありがたい

 

何より、知らなかったのはワイヤレスマイクセット、プロジェクター、CDラジカセ、映写機、スクリーン、ピースマット、パラバルーン、布おもちゃなどの貸し出しができること。一部アイテム以外は館外への貸し出しも可能とのことで、無料なのがありがたい!

森ノオトでもおおぜいでのミーティングや野外イベント、それから上映会など、気軽に開催したいと思っていて、そんな時、センターの機能を知っているだけで、できることの可能性が広がります!

 

アットホームなスタッフの皆さん。笑顔が素敵です!

 

「青葉あしすと10周年記念号」の編集を通して、気さくで誠実な職員の方々と親しくなれたことは、わたしにとって大きな収穫でした。公的セクターの方は、ご自身のお名前やお顔をオープンにすることは決して得意でないことが多いのですが、「まち活コンシェルジュとしてキャラクターを演じてください!」というキタハラの無茶ぶりに、皆さん笑顔で(むしろノリノリで?)応えてくださったのが印象的でした。

青葉区の中でも抜群に温かい、のんびりした田奈の空気。センターの裏には恩田川が流れ、田園地帯のお散歩も楽しいです。何か地域活動をしてみたい。「まち活」デビューしてみたい。活動場所を探している……。そんな方は、ぜひ青葉区区民活動支援センターを訪れてみてはいかがでしょうか。

Information

青葉区区民活動支援センター

〒225-0024  横浜市青葉区市ケ尾町31-4(青葉区役所1階、東急田園都市線「市が尾駅」下車徒歩7分)

電話:045-978-3327
FAX:045-972-6311
Eメール:[email protected]

開所時間:月〜金 8:40-17:00、第2・4土曜日9:00-12:00
休所日:日曜日 祝日、第2・4以外の土曜日、年末年始(12月29日から1月3日)

https://www.city.yokohama.lg.jp/aoba/kurashi/kyodo_manabi/kyodo_shien/kuminkatudosien.html

<こちらは旧情報です>

青葉区区民活動支援センター

〒227-0064 横浜市青葉区田奈町76

(東急多摩田園都市まちづくり館1階

青葉区区民交流センター『田奈ステーション』内)

電話045-989-5265

FAX.045-982-0051

Eメール [email protected]

開館時間

月〜土 9:00-21:00

日・祝 9:00-17:30

休館 第4日曜、12/29-1/3

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/ローカルメディアデザイン事業部マネージャー/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく