参加団体の満足度100%!2018年度もやります「発信力UP講座」
地域活動団体の広報戦略から文章の基礎、チラシデザイン、写真のテクニックまで、トータルで学べる「発信力UP講座」を2018年度も開催します。2017年度受講団体すべてが「満足」「大満足」! 85%が「発信力が向上」と回答! 希望団体への個別相談、受講半年後のフォローアップアンケートのついた、「確実なステップアップ」を目指す講座です。

2017年度よりNPO法人森ノオトが神奈川県の「かながわボランタリー活動推進基金21」の助成を受けて実施している「地域を広報する」研修・ネットワーク事業。昨年は「発信力UP講座」「デザイン力UP講座」「伝わる写真力講座」の3本立てで、団体の広報チームづくりから、ターゲットに合わせた発信方法、広報予算の実例分析、Webの文章術、プレスリリースの書き方、キャッチコピーのつくり方、チラシのレイアウトや配色のノウハウ、デザイン思考で団体の活動を整理し、写真のテクニックや撮影時の心構えを学ぶ、10講座を実施し、のべ203名が受講しました。

 

各団体のチラシを受講生全員でチェックして、それぞれに対して評価をおこなう。「外から自分たちのチラシがどう見られるのかがよくわかった」と、客観的なコメントに納得する人多し

 

「チームで参加したことで、SNSを動かしたり、チラシの精度が上がり、みんなで前向きに発信できるようになった」

「活動を始めたばかりで団体としての方向性が定まらなかったことも、話し合いをするなかで明確になり、活動に自信が持てるようになった!」

「他の団体からのコメントをもらえるので、視点が広がった」

など、発信にとどまらず、団体内で理念を共有したり、キャッチコピーを統一するなどして同じ方向を向かって走り出すことができるようになったと、受講者からの嬉しい声がたくさん届いています。

 

実際に手を動かす時間も多い。文章を書いてみたり、ターゲットの具体像を描いてみたり……「漠然と発信していたことに気付き、これでは誰も読んでもらえないと気づいた」という声も

 

発信力UP講座に参加して、団体の発信力が向上したと答えた団体は83%にのぼり、

「発信したい相手をしぼりこんで、受け手に届けるための表現や工夫をすることができるようになった」

「チームの方向性のすり合わせができて、ホームページをつくったり、Facebookページを動かしてみたり、チラシのクオリティーがあがって、みんなで前向きに発信できるようになった」

と、手応えをつかんだ団体が多くありました。

 

昨年大好評だった「チラシふくわらい」。伝えたいことに合わせて要素を配置し、人の目と心を惹きつけるために工夫を凝らす

 

昨年全10回でお届けした「発信力UP講座」シリーズを今年はギュッと圧縮し、6〜9月の4回で凝縮して学べるコースにしました。

初回は、発信力を高めるためにやるべき「10のリスト」を作成し、その具体的な内容について事例を交えてお話ししながら、具体的な目標を定めます。

第2回目の文章講座では、人に伝えるための文章に何が必要なのか、大切な「ハート」の部分を学びながら、文章の基本構成と本文テンプレートを使って文章が上達する具体的なスキルを学びます。

第3回目のデザイン講座では、タイトルや情報の配置方法、フォントや配色の選び方といった基礎を学び、「チラシふくわらい」で実際にチラシをつくってみてBEFORE/AFTERを実感できる内容です。

第4回目の写真講座では、露出やホワイトバランス、絞りやシャッタースピードといったテクニックについて実際にカメラを使って習得し、撮影シーン別の構図や余白、SNSでの活用方法、撮影時の心構えなど、理論的かつ実践的な内容でお届けします。

 

通しで受講する団体には、1時間程度の個別相談と、半年後のフォローアップアンケートをおこなって、発信力UPの目標達成に向けてサポートします。

 

写真講座では、豊富な作例をみることで、撮影シーンによってどんな準備をすべきかなど、とても実践的な内容になっている

 

今まで、イベントに追われて、気づいたら疲れてしまっていた。

団体のなかでそれぞれがバラバラに発信していて、外から見ると何をやっているのかよくわからない団体になっていた。

活動に若い人が参加せず、世代交代が進まない。

センスのいいチラシをつくれなくて、集客に苦労している。

文章が苦手でブログを放置しがち。毎月のアクセス数も10程度……。

 

そんな悩みを抱える団体のみなさんにとって、何かしらの解決策になればと願って組み立てた講座です。本気で発信力を高め、団体の目的の達成に近づきたいたい人や団体は、「発信力UP講座」をお見逃しなく!

 

今年の発信力UP講座の会場は「mass×mass関内フューチャーセンター」。クリエイティブなコワーキングスペースで、発想力も広がりそう。12時になったら「まちなか社食」でお弁当を食べながら、受講生同士の交流もできる

 

Information

地域活動を始めた団体のための「発信力UP講座」

 

日時と内容:

第1回:2018年6月28日(木)10:00〜12:00

市民活動を広報するために知りたい基礎知識

内容:発信力をあげるためにやりたい10のリスト/ターゲットに合わせた発信力/予算のかけ方etc……

講師:北原まどか(特定非営利活動法人森ノオト)

 

横浜市青葉区で地球環境問題をローカルな暮らし目線で変えていこうと、2009年より市民メディア「森ノオト」を運営。横浜市北部を中心に、現在約40名の子育て世代のライターが活躍する。「ローカル×エコで女性の仕事をつくる」事業と「ローカル×メディアで地域に愛着をもって参加する人を増やす」事業の二本立てで活動中

 

第2回:2018年7月26日(木)10:00〜12:00

活動の”想い”をWebで伝える文章術

記事は「読者への贈り物」/文章の基本構成と本文テンプレート/ペアインタビューetc…

講師:池田美砂子さん(フリーラーター/greenz.jpシニアエディター)

 

「ほしい未来は、つくろう」と、ソーシャルデザインの分野で有名なメディア「greenz.jp」のシニアエディター&シニアライター。想いに寄り添い、話しを“ありのまま”にきくインタビューと、想いの根底にある話の“本質”を伝える執筆・編集をライフワークにしている。「一人ひとりが、ありのまま、そのままの自分を肯定できる社会」づくりがテーマ。茅ヶ崎市在住、一児の母

 

 

第3回:2018年8月30日(木)10:00〜12:00

1枚のチラシづくりからデザインの基礎を学ぼう!

タイトルや情報の配置方法/フォントや配色の選び方/チラシふくわらいでレイアウト実習etc…

講師:柴崎久美子さん(アートディレクター/グラフィックデザイナー)

 

福島大学行政社会学部卒業後、進路変更し、デザイナーとして広告制作歴14年。2015年より自宅にてMARUKUデザイン主宰。ビジュアルコミュニケーションによる社会貢献が使命。ソーシャル活動として「大倉山おへそ」のロゴデザインや『MAMA Style』『大倉山みんながみえる通信』などのビジュアルディレクションに携わる。横浜市在住、2児の母

 

第4回:2018年9月27日(木)10:00〜12:00

写真の魅力が発信力そのものを鍛える!

今日からフルオート禁止!?/「露出狂」になって光を極める/撮影シーン別のテクニックetc…

講師:川名マッキーさん(株式会社ビー・キューブ代表取締役)

 

横浜市在住のグラフィックデザイナー&カメラマン。デザインプロダクションを経て1992年に独立。ポスター、広告、雑誌、CD&DVDジャケットなどの商業出版物の企画、デザイン、製作、撮影を手がける。2009年に家族写真の出張撮影「家族の肖像」プロジェクトスタート、2015年より写真コミュニティ「フォトヴィレッジ」を開始、同村長を務めている

 

Information

地域活動を始めた団体のための発信力UP講座

<エントリー方法>

対象者:地域活動をしている団体または個人(法人格は問いません)

募集人数:10団体

受講料:16,000円(全4回+1回の個別相談+半年後アンケート)

※同一団体から複数名受講の場合2人目以降半額。

※単発受講も可能。その場合は1回あたりの参加費は5,000円、個別相談はございません

 

主催:特定非営利活動法人森ノオト

TEL 045-532-6941
E-mail event@morinooto.jp

※提供された個人情報は、今回の事業実施のみに利用し、その他の目的で個人情報を利用することはありません。

 

共催&会場:mass×mass関内フューチャーセンター

(神奈川県横浜市中区北仲通3-33)

http://massmass.jp/access/

アクセス:JR京浜東北線・根岸線・横浜市営地下鉄線「関内」駅より徒歩10分

みなとみらい線「馬車道」駅より徒歩3分

 

エントリー方法

以下のフォームよりエントリーください。

(リンクで飛んでも同じ内容です)

https://goo.gl/forms/teNoxGD4JMvGYiv33

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/編集長/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく