6月の「森のマルシェネットワーク」情報
6月はジメジメと蒸し暑い梅雨の季節ですが、みずみずしい夏野菜がわたしたちを潤してくれます。キュウリやピーマン、ソラマメなどのグリーンの野菜が気持ちもリフレッシュさせてくれることでしょう。本格的な夏を前に、地元の野菜で体調管理しませんか。

<こどもみらいフェスティバル>

 

今年で5回目の開催となる「こどもみらいフェスティバル」は、「こどもが主役の子育て」「もっと自由に外遊び」を2大コンセプトに、こどもの未来を考えるフェスティバルです。ちなみに6月16日(土)は恒例の柴田愛子先生の講演会やケロポンズのファミリーコンサートもあります。詳しくはフェイスブックをチェックしてください。

https://www.facebook.com/KodomoMiraiFestival

 

日時:6月9日(土)、10日(日)

場所:センター北駅前芝生広場あいたい

 

 

<都筑野菜朝市>

 

都筑区は市内でも指折りの農業が盛んな区です。横浜市営地下鉄の駅から少し足を伸ばせば気持ちの良い広大な農地がひろがり、その先にはみなとみらいのビルを眺めることができる、都市農業のモデル地域でもあります。そんな都筑区の野菜や卵を定期的にたのしめる朝市です。

http://www.city.yokohama.lg.jp/tsuzuki/kusei/kikaku/itadakimasu/page3.html

 

日時:6月9日(土)、23日(土)9:30-12:00(売切終了)

※天候の影響等により、農作物の品薄や予告なしに中止する場合あり

場所:都筑区総合庁舎前警察署側(雨天時:駐車場横 通路)

 

 

<鴨居駅マルシェ>

 

便利さナンバーワン!の鴨居駅マルシェ。改札を出たら、すぐに買い物できちゃうなんて本当にありがたいですよね。しかも、地元の新鮮野菜や、横浜の加工品が勢ぞろいするなんで、うれしい限り。横浜中央北口マルシェは6月26日(火)です。駅構内での開催のため、ご利用にはJRの入場券または乗車券等が必要です。

https://www.facebook.com/jreyokohamamarche?fref=ts

 

日時:6月12日(火) 15:00-売切終了

場所:JR鴨居駅改札外コンコース

 

 

<Smile Earth ~カフェdeヒーリング~>

 

ライブなどのイベントを積極的に開催している、青葉台駅近のりんごらいふさんではヒーリングイベントを毎月開催中です。青森愛あふれる店内でリンゴスイーツを楽しみながらたのしいひとときを。

出店者も随時募集中です。

https://www.facebook.com/Rin5Life/

 

日時:6月14日(木)13:00-18:00

場所:Rin5Life-りんごらいふ-(横浜市青葉区青葉台2-6-18 太田ビル1F)

 

 

<カフェdeマーケット>

都筑区中川のハウスクエア横浜内にあるシェアリーカフェ。コワーキングスペース併設のコミュニティーカフェです。日々多彩なワークショップやイベントが行われています。新鮮な地元野菜などを販売するマーケットもほぼ毎月開催中。地域のイベント情報をキャッチしに遊びに行ってみては。

 

日時:6月16日(土) 11:00-14:00

場所: 横浜市都筑区中川1-4-1 ハウスクエア横浜107

 

 

<753市>

 

 

古民家カフェや敷地内のレンタルスペースを会場に、「てしごと」をテーマとした飲食・物販・ワークショップ・リラクゼーションの多様な約20店舗が集うマルシェです。喧騒を離れてゆったりとした時間をお楽しみください。

 

日時:6月17日(日)※毎月第3日曜日開催

場所:横浜市緑区中山町21-10-3

 

 

<たまプラーザ「軽トラ」元気市>

 

80回以上の開催を続ける息の長い元気市。地元たまプラーザの商店会の有志の方々の力添えで、地域のイベントとして定着しています。6月はじゃんけん大会です。大人もこどもも参加して、元気市で使える商品券ゲットしちゃおう!

フェイスブック:https://www.facebook.com/keitora.info

ホームページ:http://keitora.info/index.html

 

日時:6月17日(日)9:00-14:00

場所:美しが丘公園(横浜市青葉区美しが丘2-22)

 

 

<あおばマルシェ>

 

青葉区をあげて地産地消に取り組んでいるマルシェにぜひ足を運んでみませんか? 6月は過去最多の出店数です。区役所館内の開催なので、お子様連れにもぴったりです。12:00の開始前から多くのお客さんが、お目当ての商品を物色する様子はもはや恒例の光景です。

 

日時:6月21日(木)12:00-15:00 売切終了

場所:青葉区役所1階 ※区役所の駐車場は有料

 

 

<ギャラリー秀マルシェ>

 

暮らしを豊かにする文化・芸術スペースを提供しているギャラリー秀が、地域の方に楽しんでもらおうと企画しています。野菜はもちろん、珈琲やパンなど、マルシェに欠かせないお店がしっかり出店しています。詳細はブログでご確認ください。

http://ameblo.jp/gs-marche/

 

日時:6月24日(日)10:00-14:00

場所:川崎市宮前区鷺沼3-16-67

 

 

<カモカモマーケット>

 

6月は一般社団法人青葉台工務店さんの木工マーケット! 7月の恒例企画「カブトムシバトル」に向けて、バトル用土俵づくりのワークショップや、サナギ観察キットなどの販売があります。準備を整えて7月に臨みましょう。

https://www.facebook.com/kamokamomarket/

日時:6月24日(日) 10:00-13:00

場所:ウチルカ前(横浜市青葉区鴨志田町561-1)

 

 

<佐藤農園「野彩家」>

 

駅から徒歩2分の、たぐい稀な好立地にある佐藤さんの直売所。

佐藤愛美さんをはじめ親子3代で直売所を切り盛りしています。直売所の横で出荷を待ちわびた、たくさんの野菜が並んでいる様子も楽しいです。夏野菜の収穫も始まっています。手づくりお味噌や梅干などの加工品もおススメです。

 

日時:火・水・金・土 11:00-夕暮れ

場所:緑区十日市場町819-10(JR十日市場駅より徒歩2分)

TEL:045-981-5239

 

 

<はやし農園>

 

カモジケエリアでもっとも有名な農家である林さん。店頭に並ぶ、はやしさんの奥さま手づくりのPOPやイラストは、いつも野菜に彩りを添えています。出店スケジュールなどはFacebook「はやし農園」をチェックしてください。

 

 

<コマデリ コマロコマルシェ>

 

毎週月曜日のコマデリ「走る!ロコキッチン」出店中の青葉台駅前郵便局さんではアグロスつちの里・大橋さんが有機栽培の野菜を販売しています。

おしゃべり好きな大橋さんに会い来ませんか。6月9日には大橋さんの田んぼで田植えイベントもあります。

 

日時:毎週月曜日 12:00頃-14:00

場所:青葉台駅前郵便局 横浜市青葉区青葉台2-3-4

 

 

<青葉グリーンファーム>

 

青葉区周辺で地元産を中心とした野菜を販売しています。名物大将の内藤泉さんがいたらラッキーです。ぜひ話しかけてください。野菜について、あれこれ教えてくれますよ。軽トラ元気市や、ベッカライ徳多朗、ハックドラック美しが丘店などで軒先販売中です。

 

場所(事務所の住所):川崎市宮前区菅生3丁目30-3

問合:090-8434-9656

 

<アートフォーラムあざみ野「まんなかのパンやさん」「アートプラザのお弁当やさん」>

 

日曜日にコマデリMom’s Dining by さくら工房(隔月)、2 bananeira.(ドイス バナネイラ)の3店舗がランチを販売しています。お立ち寄りの際はぜひご利用ください。水曜日はまんなかのパンやさんの販売もあります。詳しいスケジュールはこちらでご確認ください。

http://artazamino.jp/event/lunch/

 

場所:アートフォーラムあざみ野(横浜市青葉区あざみ野南1-17-3)

 

<とれたてみどり直売所 さら>

 

地産地消と障がい者支援をつなげる、横浜市緑区役所の野菜の直売所です。

ただいま緑区役所では耐震補強工事をおこなっており、販売場所が本庁舎に加え、仮設庁舎の2箇所になっています。

ブログでも情報をゲットしてくださいね。

http://ameblo.jp/sara-ssj/

 

日時:毎週木曜日(祝・祭日は除く)10:00- *売切次第終了

場所:緑区役所本庁者と仮設庁舎

 

 

<徳江有機栽培野菜直売所>

 

有機栽培で野菜やお米を育てているのは、双子のご兄弟、直売所を切盛りするのは元気で明るいお母さんです。役割分担がしっかりできている徳江さんご一家。種は、固定種を取り寄せるか、自分たちで育てた作物から種とりをして苗をつくり、野菜を育てています。実に手間をかけた野菜づくりをしています。

 

日時:毎週月・水・土曜日 11:00-17:00

場所:徳江有機栽培野菜直売所(横浜市青葉区梅が丘7-11)

小池 一美
この記事を書いた人
小池一美ライター
横浜市青葉区出身。森ノオトのリポーター、走る!ロコキッチン「コマデリ」、焼き菓子販売「トミーヤミー」の3本柱で地元と関わりながら暮らしている。AGRUの小川穣さんとのユニット「labo2(ラボラボ)」では、食の素材と地域を楽しむ活動を展開中。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく