7月の「森のマルシェネットワーク」情報
マルシェネットワークは、7月から再開です!! コロナ禍で自粛していたイベントも少しずつ、再開しています。夏もいよいよ本番。ソーシャルディスタンスを保ちながら、地元イベントを元気に楽しみましょう!

<森ノオトセレクト・ウェブいいかも市>

 

森ノオトならではの、森ノオトセレクトの「共同購入」がスタートしました。オンラインで注文して指定の日にちに引き取りに行くので、過密を避けてご利用いただけます。また、AppliQuéのマスクエコバッグを追加で購入することもできますので、ぜひチェックしてください。

71日(木)予約受付スタート、710日(金)予約受付締切で先着30人です。ご利用お待ちしています!!

 

引き取り日時:717()午後

詳細:http://morinooto.jp/2020/06/30/0717iikamo/
申し込みフォーム:https://forms.gle/2L25ArcfX9QsK3y89

場所:森ノオウチ・森ノハナレ(横浜市青葉区鴨志田町818-3)

 

<カフェdeヒーリング>

 

青葉台駅近のりんごらいふさんでは、一足早く6月から、カフェdeヒーリングをはじめ、イベントを再開しています。カフェのテイクアウトメニューに加え、手づくり布マスクの販売も積極的に行っています。

https://www.facebook.com/Rin5Life/

 

日時:79()1300-1800

場所:Rin5Life-りんごらいふ-(横浜市青葉区青葉台2-6-18 太田ビル1F)

 

<あおばマルシェ>

 

6月から再開した、青葉区役所館内で毎月行われているマルシェです。再開直前に新聞で紹介され、多くにお客さんでにぎわいました。お買い物300円以上でもらえるシールを集めて、特製エコバックをゲットできる「あおばマルシェクラブ」もたのしみのひとつです。区役所の用事は、ぜひあおばマルシェの日にあわせましょう!

 

日時:716()1200-1500 売切終了 

場所:青葉区役所1階 ※区役所の駐車場は有料

 

753市 ~handmade marché~>

 

「手しごと」がテーマで人気の753(ナナゴーサン)市は、いよいよ7月から再開です。三密を避けるために対策を行います。コロナ禍で、丁寧な暮らしの楽しさや大切さを再確認しました。そんなヒントも、この市でも見つけられるでしょう。

 

日時:719() 1100-1600

場所:横浜市緑区中山町21-10

 

 

<はやし農園>

 

カモジケエリアでもっとも有名な農家である林さんは、コロナ禍でますます人気になりました。さらに小麦の収穫と田植えもあって、今年の初夏は例年以上の忙しさだったと思います。本当にお疲れ様でした!

出店スケジュールなどはFacebookはやし農園」や農園ブログをチェックしてください。

 

 

<佐藤農園「野彩家」>

 

JR横浜線十日市場駅から徒歩2分の、たぐい稀な好立地にある佐藤さんの直売所。佐藤愛美さんをはじめ、女性たちで明るく切り盛りしています。夏野菜がずらりと並んでいて、みずみずしい夏の恵みが感じられます。

 

日時:火・水・金・土 11:00-夕暮れ(土曜日は1300~) 

場所:緑区十日市場町819-10JR十日市場駅より徒歩2分)

TEL:045-981-5239

 

 

<青葉グリーンファーム>

 

青葉区周辺で地元産を中心とした野菜を販売しています。名物大将の内藤泉さんがいたらラッキーです。ぜひ話しかけてください。野菜について、あれこれ教えてくれますよ。ベッカライ徳多朗、などで軒先販売中です。

問合せ:内藤泉 090-8434-9656

小池 一美
この記事を書いた人
小池一美ライター
横浜市青葉区出身。森ノオトのリポーター、走る!ロコキッチン「コマデリ」、焼き菓子販売「トミーヤミー」の3本柱で地元と関わりながら暮らしている。AGRUの小川穣さんとのユニット「labo2(ラボラボ)」では、食の素材と地域を楽しむ活動を展開中。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく