ウィズコロナ時代こそ、発信力UPで社会をよくしていこう! 無料の個別支援事業を行います
コロナ禍で事業変更を余儀なくされたり、活動方法が変わるなどして困難な状況に陥っている横浜市内のNPOに対して、発信力を高めるスキルアップ個別支援講座を開催します。情報発信を通して団体が伝えるべき価値を最大化し、当事者に情報を届け、支援者を獲得し、地域社会への認知を広げていくためのノウハウを個別具体的に支援していくことを目的にしています。ふるってご応募ください!(5団体)

森ノオトが2017年より開催してきた「地域活動を広めたい人のための発信力UP講座」。これまでの3年間で、受講した団体はのべ55団体、満足度は95%と、非常に好評を得ています。写真の腕が上達したり、デザインスキルを学べることはもちろんですが、課題の中でプレスリリースを作成して地域メディアの取材を受けて知名度が高まったり、団体のビジョンをスタッフ同士で共有してチームワークが高まったり、組織の5年後・10年後を考えて今後の発信方法を検討するなど、発信力を高めるために戦略を練ること自体が、組織自体を強化するきっかけにもなるという声をいただきました。

 

2020年は、新型コロナウィルスの感染拡大によって、思うように事業ができなかったり、情報発信をしにくいという課題を感じている団体もあるのではないでしょうか。この時代に適応するために事業形態を変更したり、新規事業を立ち上げたり、あるいは事業を縮小するという選択をしている団体もあると思います。
そうした変化の時こそ、「発信」を通して、団体の支援を必要としている人たちや、応援してくれる人たちに情報を届けていく必要があります。

 

Zoomを活用した完全オンライン講座です

 

森ノオトが自信を持ってお届けする「発信力UP講座」を、今年は、横浜市の市民公益活動緊急支援助成金を活用し、5団体限定で、無料で実施いたします。「講座」とは銘打っていますが、団体ごとにカスタマイズした全3回の「個別支援講座」となります。

(1)団体の発信の課題についてのヒアリングと課題設定

(2)団体ごとのニーズを汲んだ個別講座

(3)団体の情報発信の行動指針を考えるワークショップとアフターフォロー

という3回連続の内容です。
個別支援は、対面ではなくZoomで行います。団体としてZoomのセットアップをお願いいたします。

 

第3回目では「ローカルメディア コンパス」を使います

 

<参加要件>

・横浜市内に拠点をおく公益団体であること(法人格は問いませんが、NPOを優先します)
・団体の活動分野が明確であること(NPO法に基づいた公益活動を優先します)
・全回参加が可能なこと
・できるだけ団体内の複数人で参加できること
・森ノオト主催の発信力UP講座の受講が初めてであること
・Zoomが使えること
※受講料は無料ですが、第3回目で使う「ローカルメディアコンパス」をお持ちでない方は、森ノオトのオンラインショップからご購入ください。
※エントリーフォームを拝見し、参加要件に満たないと判断した場合には、受講をお断りする場合がございます

 

ローカルメディア コンパスには、新聞、テレビ、ラジオなどの現場で情報発信経験を積んできたプロの知見が生かされている

 

<プログラム内容>
初回受講日のみエントリーフォームにご記載ください。
2回目以降は、講座講師と調整のうえ、あらためて調整いたします。

 

(1) 事前ヒアリング(9月下旬):
各団体が最も課題を抱えているスキルの把握と、3カ月の伴走支援で実現したいスキルの設定

 

(2) 団体ごとのニーズを汲んだ講座(下記コンテンツより1講座)と宿題の確認
・発信力を高めるための組織内体制づくり(講師:北原まどか)
・団体の価値を可視化するキャッチコピー(講師:高瀬桃子)
・魅力的なチラシのつくり方(講師:柴崎久美子)
・文字よりも伝える力が強い!写真講座(講師:堀篭宏幸)
・地域メディアとの関係づくりとプレスリリース制作(講師:北原まどか)
(講師の経歴、講座の内容は、2019年度発信力UP講座の内容をご確認ください。写真講座は川名マッキーさんから、堀篭宏幸さんに講師が変わります)

 

(3) アフターフォロー(11月):
団体が情報発信する際の行動指針の策定支援のワークショップ(ローカルメディアコンパス)
・ローカルメディアコンパスは、団体で情報発信をする際の指標になるエピソードが49枚入ったワークショップツールです。今後も団体内での情報発信ワークショップとして使えますので、受講団体は1セットご購入ください。(受講者が複数名で別の場所から参加される場合は、複数個数お持ちいただくことをお勧めします)
※ローカルメディアコンパスについて
http://localmedia.morinooto.jp/

 

 

Information

ウィズコロナ時代の発信力UP個別支援事業

<エントリー方法>

対象者:横浜市内で地域活動をしている公益団体(NPOまたは任意団体)
詳しい参加要件は本文中に記載がございます

申し込み締め切り:9月20日(日)※9月21日(月)に参加の可否を連絡します

募集数:5団体

受講料:無料、ただし研修で使うローカルメディアコンパスをお持ちでない場合は、11月までにご購入をお願いします。

 

※同一団体から複数名での受講を推奨します。複数名の参加でも参加費は無料です。

※プログラムは平日の日中に実施します

 

主催:特定非営利活動法人森ノオト

TEL:045-532-6941

E-mail:localmedia@morinooto.jp

※提供された個人情報は、今回の事業実施のみに利用し、その他の目的で個人情報を利用することはありません。

※本事業は、横浜市市民公益活動緊急支援助成金によって実施します。

 

エントリー方法

以下のフォームよりエントリーください。

https://forms.gle/tYf2733hcfrKDbeL9

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/編集長/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく