【特集】横浜の地産地消に出会い、未来につなぐ文化祭!

横浜は神奈川県内でも有数の農業地で、野菜、果樹、お米や小麦などの穀物、花、畜産、養鶏などなど、農業のあらゆるものがそろう「ショーケース」のような都市です。そんな横浜の農業を支える農家さんに出会い、横浜の農業の魅力を発信していこうと、横浜市内に住む女性たちが文化祭を企画しました。文化祭に関わるメンバーの活動や、ゲストとして来てくださる農家さん、はまふぅどコンシェルジュの活動を特集します!

2/23「横浜の地産地消と出会い、未来につなぐ文化祭」いよいよ開催!お申し込みはこちらから!
「横浜には、こんなに豊かな農があるんだ!」横浜の地産地消に出会い、感動し、地産地消を広げる役割を担いたいと願う女性たちによる合同イベント「横浜の地産地消と出会い、未来につなぐ文化祭」を、あざみ野アートフォーラムで開催します。メンバーそれぞれの個性がきわだつプ…
小山晃一さん(港北区)を囲んで聞く 小松菜ストーリーを感動の小松菜丼とともに
私はつい2年ほど前まで、日々の野菜を安い高い、大きい小さいの基準で選んでいました。地産地消という言葉は知っている、そんな程度でした。ところがそんな私が、小山晃一さんの小松菜と出会って、変わりました。近いから美味しい、それだけじゃない、小山さんの小松菜をぜひ多…
出番ですよ。遊休農地|遊休農地を活用する会の活動を追いかけて。
遊休農地に今までにない展開が起こっています。 2018年11月~2019年2月にかけて横浜市青葉区田奈エリアの遊休農地を動画に撮っています。そこはJA横浜田奈支店内の若手農家有志からなる農業プロ集団「遊休農地を活用する会」の活動場所、その活動と、大豆栽培を…

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく