子育てがもっと楽しくなるコミュニティサロン「ココカラット」
出産、子育てをきっかけに体に意識を向けるようになった腸セラピストの和田美咲さんと、たまプラーザにある地域密着ママカフェ・ウテロで出会った仲間が集まって作ったコミニティサロン「ココカラット」。6月6日に開催されたコラボイベントの様子を取材してきました。(Text:菊地明子)

ココカラットは2013年7月から5人で活動を開始した、高津区・宮前区に拠点を置くコミュニティサロンです。現在は7人のママ達が集まり、「ココロとカラダをハッピーに」をコンセプトに、誕生学や親子ヨガ、料理教室など様々な講座を企画・開催しています。

ココカラット誕生のきっかけは、鷺沼に住む和田美咲さんが初めての出産、子育てを経験する中で、一人で不安を抱えることが多かったことから、自分が感じた子育ての楽しさや悩みなどを共有しあえるママサークルを作りたいという思いからでした。そんな風に考えている時に、偶然子どもの健診時に隣り合わせて話をした梅津和美さんと意気投合し、連絡先を交換しました。その時、梅津さんに「体に優しいナチュラルフード、託児付きのヒーリング、オリジナリティあふれるセミナーを通じて、ママと子ども、地球の未来を応援するママカフェがあるよ」と教えてもらいました。後日、和田さんは梅津さんにそのママカフェ……たまプラーザの「ウテロ」に連れて行ってもらい、その場でまた出会いが広がっていきました。ココカラットのその他のメンバーとは、ウテロで出会い、現在に至ります。

ご縁でつながった方々やメンバーによる作品販売ブース

 

この日、鷺沼の自宅で開催したイベントは、和田美咲さん主催の講座「腸のお話会&醤油麹作り」に加え、その他のメンバーによるプチマッサージ体験や手作りパンやお菓子の販売、更に以前ココカラットで開催した講座に参加してくれた方によるリースやスタイの販売などもあり、盛りだくさんの内容でした。

私は、ココカラットメンバーの持つ、出会いやご縁をつないでいく力は素晴らしいなと感心しました。講座の参加者や来場者の年齢層の幅が広いのも、メンバーの方たちのこういった力が影響しているのでしょうね。

講座やマッサージに参加しなくても来場は自由。ママさんやお子さんたちは、それぞれおしゃべりや買い物を楽しんでいて、会場はあいにくのお天気にも関わらず大賑わいでした。

腸内環境改善に重要なポイントをレクチャー中の和田美咲さん。可愛いイラスト入りだ

 

講座は午前、午後の部の2部制で開催し、両方とも定員いっぱいでした。「麹はアミノ酸やビタミンB、GABAやミネラルを豊富に含む食材。麹で作る甘酒なども積極的に摂取して欲しい食材です」と話す和田さん。「今回作った醤油麹にバルサミコ酢などを足して野菜のディップなどにしても美味しい」と面白いバリエーションも教えてもらいました!

麹をほぐし醤油とお湯を加えて、素手でよくかき混ぜる

 

和田さんのレクチャーの後は、醤油麹作りのワークショップです。麹をバラバラにほぐし、そこに熱湯と醤油を加えて手で混ぜます。自分の手に付着している常在菌を麹に混ぜ込むのが手づくりの醍醐味ということで、素手で混ぜるのが大切なポイント。「家族みんなで混ぜれば、我が家専用の酵素が完成です!」(和田さん)

講座での作業はここまでで、後は自宅に持ち帰り1週間程発酵を促して完成です。自宅に持ち帰ってからの工程については、炊飯器を使う方法と自然発酵を待つ2パターンが紹介されました。自然発酵のパターンの方が3日ほど多く時間を要します。それでも1日1回、醤油麹を素手でよくかき混ぜるだけで、あとはガーゼなどかぶせ、直射日光に当たらない場所に置いておくだけでできるのでとっても簡単です。

自宅に帰ってからの工程を確認する参加者の皆さん

 

希望者には醤油麹を使ったヘルシーランチも付いた講座で、学んで、作って、美味しいものを食べて……の充実した内容で、皆さん大満足の様子でした。子育てを楽しんでいる色々な世代のママさんを見て、これから出産を迎える私もとても楽しみになった素敵なイベントでした。

醤油麹の試食&醤油麹を使った腸にいいヘルシーランチ

Information

ママサークル「cococarat」(ココカラット)

http://ameblo.jp/cococarat2013

この記事を書いた人
ライター卒業生ライター卒業生
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく