11/18 第2回・森ノオトメディアおはなし会|いい記事ってなんだろう?「編集」から生まれる森ノオトらしさ
森ノオトのメディアのつくりかた、ライターや編集者の活動に興味のある方向けに開く「森ノオトメディア相談会」。相談ごとがなくても参加できるよ!ということで、「メディアおはなし会」に名前を変えて開催します。11月18日の第2回は、森ノオトに公開された記事のうち3本をピックアップし、ライターの初稿が編集プロセスを経てどう変わっていったのかを、編集長の梶田亜由美が話します。アーカイブ配信もありますので、ライター、編集者、森ノオトの記事に関心のある方はぜひご参加ください。

森ノオトでは今年度、35人のライターが活動しています。そのうちの多くは、プロではなく、森ノオトで初めてライターとして取材するようになり、年に数本記事を書くうちに、どんどん腕を上げて、編集する私たちが読んでうなるほどに腕を上げた人も。

森ノオトで大切にしているのは、「森ノオトらしさ」と「その人らしさ」を記事できちんと伝えること。「森ノオトらしさ」とは、その記事が森ノオトの目指す社会につながっているか(団体のビジョンでもある「地域や自然と調和した社会と、その担い手を育てる」こと)。そして、読者がその記事を読んで「行ってみたい、会ってみたい、やってみたい」と、「一歩を踏み出すきっかけ」になるかどうかを考えて編集しています。

「その人らしさ」については、ライター自身が書く意味を掘り下げ、その人の主観や体験が記事に織り込まれることで、等身大の言葉になり、手ざわり感をもって読者に伝わっていきます。「(自分が本当に)思ったことを書いている?」を編集者が問いかけ、正直な記事になるように、ライターとの対話を重ねながら記事を編集していきます。

 

もちろん、事実確認や表記統一、事実と意見を分けること、伝えたいメッセージが明瞭な文章構成を問い直すなど、いわゆる「編集作業」もしていますが、森ノオトの編集ではそれ以上に「森ノオトらしさ」「その人らしさ」を考える編集を、手間と時間をかけて行っているのです。

 

昨年、現編集長の梶田亜由美がライターに呼びかけてつくった「森ノオトのレシピ帖」。そこに、森ノオトの「編集」のエッセンスが詰まっています。

2020年度ライターとの特集企画会議の様子。編集会議は2020年度以降オンライン開催が多いが、感染が落ち着いている時にはなるべくリアル開催をして、ライターと直接対面できる機会をつくっている

第2回森ノオトメディアおはなし会では、今年度で特に印象に残っている3本の記事を題材にして、その記事が編集を経てどう変わっていったのかを、編集長の梶田亜由美が解説します。

紹介する記事はこちらの3本です。

https://morinooto.jp/2021/07/06/suginomoribunko/
2021年度新ライターの醤野宏美さんが、地域で見つけた家庭文庫を取材した記事。文章力の高い醤野さん。編集のポイントは、取材相手の思いを乗せた言葉をどう引き出す?

 

https://morinooto.jp/2021/07/08/pocopococoffee/
こちらも2021年新ライターの出口ひとみさんの2本目の記事です。共感力が高く、聞き上手の出口さん。初稿からもう一歩踏み込めたポイントは?

 

https://morinooto.jp/2021/09/02/morindo/
ライターの陰山綾さんが、自身も親子で参加する里山保全活動を取材した記事です。主観と客観がうまく交錯する記事にするには?

ライターが取材して書いた第1稿は、その人の思いや、相手の語った言葉が詰まっていて、エネルギーにあふれているけれども、情報が多すぎて交通整理が必要なこともあります。また、取材者はわかっていても、読み手には伝わりづらい表現がある場合も。編集者の客観的な視点でのアドバイスによって、取材相手の言葉への理解が深まったり、記事で伝えたいことに気づくこともあります。第2回森ノオトメディア相談会」ではそうしたポイント一つひとつを、実際の記事を例に、お伝えしていきます。

当日は編集長の梶田亜由美(左)がお話しします。司会進行は理事長の北原まどかが務めます

 

ライターを仕事にしている方、市民ライター活動をしている方、原稿を編集する立場にある方、森ノオトの読者で森ノオトの記事の舞台裏を知りたい方……どなたでも歓迎です。

2022年度のライター養成講座についてもお伝えする予定ですので、「森ノオトのライターをやってみたい!」という方はこの機会をお見逃しなく!

Information

第2回森ノオトメディアおはなし会(オンライン)

日時:11月18日(木)12:00-13:00(アーカイブ視聴あり)

参加費:1,000円(森ノオトサポーターは無料)

出演:梶田亜由美(森ノオト編集長)

申し込みフォーム(11/18 AM9時〆切)

https://forms.gle/1YTwWZaFMAUH9Gcu7

(お申し込みの方に参加URLをご案内します)

この記事を書いた人
北原まどか理事長/ローカルメディアデザイン事業部マネージャー/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく