【4/ 19-27】「4月のめぐる布市」
森ノオトで毎月7日間開催しているリサイクルファブリックマーケット「めぐる布市」。通常の手芸屋さんには並ばないようなレア生地やアンティークな道具類、様々な手芸用品に出会える、手芸好きにはたまらない場所です。
新学期が始まるこの時期は、大人になった今でも新しいことを始めたくてついワクワクします。そんなワクワクを携えて、新生活を彩る布を探しにきませんか?

めぐる布市では、コロナ禍でもあり、ずっとおうち時間を楽しむ提案をしてきました。
 
中でも、俄然おうちの雰囲気が変わるのがカーテンやクッションなどのインテリアファブリックです。
そこで、今月は、新生活をより楽しくするインテリアファブリックを特集します。
 
引っ越してサイズが合わないまま、とりあえずつけておいたカーテンが何年経ってもそのままかかっている。
暮らしがかわり、趣味も変わって、今ではちょっと好みではないものの、替えるタイミングもなくて。
引っ越すかもしれないからそのタイミングに、といいながら何年もそのまま。これ、全て私のことなんですけどね。
 
布市のお客さんたちの間では、カーテン手作り派が増えています。

 

ハギレをつなぎ合わせて作ったカーテン。つなぎ合わせる布によって全く表情を変える

 

色々な白い素材をつなぎ合わせて作ったカーテン。これはお客さんのオーダーから生まれた。同じようなものを、と布を探す人や、布だけ選んでオーダーという方も

 

テーブルクロスも、イメチェンアイテムにぴったり!
こちらお客さんのオーダー。メイン布を布市で選び、まわりに子どもの小さくなった服や好きな布地などをパッチワークでつなぎあわせて仕上げた

 

今月も、会期中随時布が補充されていきます。最新情報はInstagramで!

 

先月の会期直前に迎え入れた刺繍棚は前からずっとここに収まっていたような佇まいですが、刺繍の先生をされていた方から譲り受けたもの。一気に充実した刺繍糸コーナー。ほぼ全色揃っているのではないだろうか?

 

今月のコラボは、TRE FLIP BAGLE & BREADSさん。

あざみ野にあるベーグルとイングリッシュマフィンのお店

 

今回は何が並ぶかな。お楽しみに!

 

暖かくなってきて外に出るのも楽しくなるこの季節。布市ツアーへぜひどうぞ。

Information

4月のめぐる布市」

【日時・申し込み方法】

419日(火)~27(水)*4/23(土)4/24(日)はお休み

10:00-11:3011:30-13:0013:00-14:30
参加費:500円(前払い、森ノオトサポーターは無料)

新着情報は、Instagram @megurununoichiで紹介しています。

TRE FLIP BAGLE  @treflip_bagel

【申し込み方法】

申し込みフォームから、希望の時間帯をお選びください。

または、applique@morinooto.jp 宛に、下記の内容を記載の上、メールにてお申し込みください。

・お名前

(同伴者のいる方は全員のお名前、お子様連れの方はお子様の年齢も添えて)

・電話番号

・駐車場希望の有無

・ご希望の日にちと時間帯

・入場料500円は事前のお支払いとなります。お支払い方法をお選びください。

(クレジットカード(JCBは対応していません)/銀行振込)

お電話でも申し込みを受け付けています。

布市申し込み専用電話:080-7531-8704

【会場】

森ノハナレ(横浜市青葉区鴨志田町818-3

東急田園都市線・青葉台駅よりバス10分、バス停より徒歩3

アクセスの詳細はこちらをご覧ください。

*駐車場ご利用の方は、必ず申し込みフォームで駐車場希望にチェックを入れてください。

【主催・問い合わせ】

NPO法人森ノオト AppliQué事業部

HPhttps://applique.morinooto.jp/

applique@morinooto.jp

…………..

LINE登録はこちら】

お友達登録してくださいね

https://lin.ee/1ngwCix

この記事を書いた人
齋藤由美子AppliQué事業部マネージャー/ライター
森ノオトの事務局スタッフとして、主にAppliQuéのディレクションを担当。神々が集う島根県出雲市の田舎町で育ったせいか、土がないところは落ち着かない。家では「シンプルな暮らし」関連本が十数年にわたり増殖中。元アナウンサーで、ナレーターやMCとしての顔も持つ。小3女子の母。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森ノオトのつくり方

森ノオトは寄付で運営する
メディアを目指しています。
発信を続けていくために、
応援よろしくお願いします。

もっと詳しく