【協賛】あおばを食べる収穫祭2016を支えてくださっている皆さんをご紹介します!
「あおばを食べる収穫祭2016」は、地域の素敵なお店の協賛や、藤が丘商店会の協力で開催できます。現在、区内で1万部配布しているチラシでは、どんぐりたちのウワサ話風で盛り上がっていますよ。地元のお店のおもしろ情報を、どんぐりたちに聞いてみてください。

 

チラシ中面は藤が丘商店会の特大MAPつき!

 

もりたろうも大好きなフラメシが、今年5月に「ウチルカ」に店名が変わって、優しいお味噌汁つきのお惣菜中心メニューにリニューアル!ドリンクバーもできて、ゆったりランチタイムにぴったり。パッケージもかわいいウチルカ弁当は10個以上で配達も可能だって!ますますママとキッズに優しいね^^

UCHIRUCA(ウチルカ)
住所:青葉区鴨志田町561-1 パインドエル金子1F
TEL 045-961-6522
営業時間:11:00-16:00(夜は予約のみ)
休日:日曜(第4日曜は営業)

 

最近、藤が丘でスタイルのいいお姉さんをよく見かけるようになったけど、どうして?みんな、駅前に移転した少人数制のヨガスタジオ「Nico Studio」に入っていく!中ではヨガにピラティス、子連れ可能レッスン、プライベートレッスンまで…。出てきた人はますます美しく健康になって帰っていくよ。

Nico Studio(ニコスタジオ)
http://nico-studio.yokohama
住:横浜市青葉区藤が丘2-3-1桂ビル1F
電:045-294-8868
営:平日9:30-21:00/土日9:30-18:00
休:祝

 

青葉台の有名イタリアンが藤が丘に移転して1年半。20名対応の個室もあって、光あふれるおしゃれな雰囲気にママランチ会の賑やかな声が絶えない「青とんがらし」では、今年も大人気イタリアンおせちの予約を受け付け中。本場の人も大絶賛のクリスピーピザ、もりたろうの大好物だよ!

青とんがらし
住:横浜市青葉区藤が丘2-3-1桂ビル1F
電:045-532-6650
営:11:30-15:00/17:30-22:00
休:月

 

やさしいごはんとワインのお店・maaruは、お米も野菜も地元産!はやし農園をメインにネットワークを深く耕し、地域に根を張っています。スタイリッシュな雰囲気なのに子連れにもやさしい、そのギャップにもりたろう、いつも感心。18席の小さなお店はいつも満席なのもうなずけるなあ。

maaru
住:横浜市青葉区荏田北3-3-1 INGRESSO_EDA 1E
電:045-482-9884
営:11:30-14:00/18:00-24:00
休:月

 

忙しいママのつよい味方、さくら工房直売所おかんダイニングは、食卓にプラスワンして栄養補給に役立つ「おぎない食」を持ってきてくれるよ。青葉区の地産地消商品やグルテンフリーの米粉スイーツなどいつも時代を先取り!毎日の食事に困った時はあったかい先輩おかんに頼っちゃおう!

さくら工房直売所 おかんダイニング
http://www.sakura-factory.jp/
住:青葉区市ヶ尾町1161-11 1F
電:045-482-9848
営:10:00-18:00
休:日・祝

 

梅が丘にある小さなプリザーブドフラワーアレンジメント教室・petite fleur彩は、「気軽に、手ごろで、楽しくレッスン!」がモットー。初めてでも気軽に参加して暮らしに彩りを添えちゃおう。収穫祭ではこどもから大人まで楽しめるクリスマスオーナメント作りにチャレンジ。え、どんぐりも飾るの?

petite fleur彩(プティフルーさい)
http://p-f-sai.jimdo.com
住:青葉区梅が丘
電:090‐1730‐0458

 

もりたろうのお気に入り遊園地が桜台にあるよ。北海道の大地を感じるナラやタモ材のテーブル、いろんな形のチェアーに腰かけ、ファブリックを楽しめるソファーでのんびり、チェストでかくれんぼ。おっきな森のくまさんみたいな木村店長に聞けば、自分サイズに家具をアレンジしてくれるって?

ウッディハート
http://www.w-heart.co.jp
住:青葉区桜台30-6
電:045-986-0211
営:10:00-19:00
休:水

 

あざみ野のメイン通り沿いにある黄色い三角屋根のお店「LEAD」は、お庭と暮らしの専門店。タイルやアイアン、テラコッタなどエクステリア用品のほか、ナチュラルな雑貨、グリーンが揃い、時々マルシェや教室も。この11月、青葉台店があざみ野店に集結してますますパワーアップ、目が離せないね!

LEAD(リード)ガーデン&エクステリア
http://www.yokohama-lead.net/
住:あざみ野店:青葉区荏子田3-7-1
電:045-482-6651
営:10:00-18:00

 

みんな大好きコペパンは、子どもが100円握りしめて買いに行けるまちのあったかランドマーク。緑の鳥さんコペニョンと、まんまるほっぺの奥山店長は、青葉台の癒しキャラとしてすっかり定着。収穫祭ではコペカフェが出張。コーヒーやコマデリコラボの地元野菜カレーパンでのんびりしてね

ベーカリーカフェ COPPET(コペ
http://www.coppet.net
住:青葉区青葉台1-29-3
電:045-983-5176
営:7:30-19:30
休:水

 

えっ、何これ?こんな担担麺初めて食べた!来店するお客様の3人に1人は必ず食べると言う「クリーミー担担麺」。ラー油で辛いだけの担担麺とは違って辛さマイルドでしかもとってもクリーミー。油っこくなくてうまヘルシーなやさしい中華は、女性一人でも気軽に入れてみんなリピーターに!

中国酒菜さいゆうき
http://www.sai-saiyuki.com
住:青葉区藤が丘2-5-14
電:045-973-6688
営:11:30-14:30/17:30-22:30
休:月(祝日の場合は翌日)

 

神奈川県で初めてハイブリッドカーを導入し、エコドライブの先駆けでもある青葉自動車学校。クルマや運転がエコになれば地域全体がエコになるってもりたろうは思うんだ。真剣なまなざしの二人組が乗っている教習車を見かけたら、やさしく安全運転をお願いね。みんなで地球と地域にやさしい運転を!

青葉自動車学校
http://www.aoba-ds.jp/
住:青葉区藤が丘1-23-14
電:045-973-3113
営:09:00-20:00
休:隔週月曜・年末年始

 

肉・乳製品・卵・バター・添加物・白砂糖不使用!カラダにやさしい100%植物性食材で 国産無農薬自然農法の小麦を使ったこだわりパンケーキ、どら焼き、お汁粉、ヴィーガンヘルシーフレンチトーストなど、美女はみんなポエポエに行く!2016年TOKYO TREND RANKING パンケーキ部門第1位獲得!

Poe Poe(ポエポエ)
http://www.poepoe.jp
住:青葉区藤が丘2-5 マザーズ1F
電:045-971-5784
営:11:00-20:00(月・木は18:00閉店の場合あり)
休:火・水

 

最近、和服がブームだけど、着始めると何をつけたらいいかわからない…そんな時は、着物と和雑貨のお店「わかやぎ」へ。和服美人の社交場で、着付けばかりでなく笛や太鼓の練習までしている?たくさん笑わされて着物や小物を合わせているうちに、きっとあなたも和装のとりこに!?

横浜 わかやぎ
住:青葉区藤が丘1-15-3
電:045-973-5981
営:10:00-20:00
休:火

 

正直言って、このチラシの字、小さくて読みにくいよね…。そんな時には藤が丘駅前公園目の前のモダンな茶色いビルの3階へ!光り輝くヘアースタイルがご自慢の一級時計修理技能士、SS級認定眼鏡士があなたにぴったりの眼鏡をあつらえてくれるよ。創業38年の老舗の技がまぶしい!(額じゃないよ)

トヤマ時計眼鏡店
http://www.toyama-tokeigankyouten.com
住:青葉区藤が丘1-28-9 トヤマビル3F
電:045-971-8162
営:10:30-19:00
休:木・日

 

Infomation

森ノオト&コマデリ presents あおばを食べる収穫祭2015

 

日時:2016年11月23日(水・祝)10:00-15:00

※小雨決行、荒天中止

場所:藤が丘駅前公園

 

主催:特定非営利活動法人森ノオト & コマデリ

協賛:藤が丘商店会

後援:青葉区

<みどりあっぷ計画に基づく事業>

YES(ヨコハマ・エコ・スクール)事業

北原 まどか
この記事を書いた人
北原まどか理事長/編集長/ライター
幼少期より取材や人をつなげるのが好きという根っからの編集者。ローカルニュース記者、環境ライターを経て2009年11月に森ノオトを創刊、3.11を機に持続可能なエネルギー社会をつくることに目覚め、エコで社会を変えるために2013年、NPO法人森ノオトを設立、理事長に。山形出身、2女の母。
カテゴリー